松平春嶽(松平慶永)/wikipediaより引用

幕末・維新

松平春嶽(松平慶永)63年の生涯をスッキリ解説!調停、調停、また調停!

更新日:

春嶽と慶喜は会津藩に酷いことをしたよね……

このころ、京都は恐ろしいことになっていました。
水戸斉昭が朝廷を政治に引きずり込んで以来、「尊皇攘夷」の嵐が吹き荒れていたのです。

長州藩や土佐藩といった諸国から、ともかく何が何でも攘夷を断行すべきだという過激派が集結。
一触即発の事態に陥っておりました。

彼らは来日外国人だけではなく、開国して富国強兵を目指す幕府にも敵意を向けています。
このとんでもない状態の京都を何とかすべく、島津久光は幕政改革の一環として「京都守護職」の設置を求めます。

京都守護は、井伊直孝(徳川四天王・井伊直政の跡継ぎ)以来、本来は井伊家が担当しておりました。
しかし、井伊直弼が暗殺された彦根藩には、そんなことをできるだけの力はありません。

そこで春嶽と慶喜は、こう考えました。
「会津藩の松平容保は生真面目だし、あの藩は幕府の言うことならば断れないだろう」

松平容保/wikipediaより引用

春嶽らは、容保を呼び出しました。
病弱な容保はこのときも臥せっており、家老を代わりに登城させました。
そして用件を聞いた容保は、ますます病が悪化したことでしょう。

会津藩は、蝦夷・樺太、江戸湾、房総の警備に駆り出されており、財政難に苦しんでいました。
そもそも海のない東北の藩では、財政改革にしても限られており、金に余裕などあるわけがありません。

しかも、会津藩士は全体的に生真面目で、純朴でした。
才略に長けた公卿や、西南諸藩の武士とやりあうことなど、不得手としていたのです。

それは、京都住民からの反応からも見て取れます。

幕末の京都で、会津藩士は人気がありませんでした。
粗野で扱いづらい――ということではなく、彼らがあまりにも生真面目で、パーッと遊ぶこともなかったため、
「金を落とすわけでもあらへん、つまらん田舎者やわ」
と思われてしまったのです。

そもそも、会津と京都は遠い。移動するだけでも大変なことです。
こんな役目を絶対に引き受けてはいけないと、容保もわかっていました。

容保は顔面蒼白になって断ります。

しかし、春嶽と慶喜はしつこく、手練手管を尽くして説得にかかります。
生真面目が取り柄の容保としては、外堀を埋められるようにして追い詰められていきます。

さらに、とどめの一撃として会津藩の「家訓(かきん)」を持ち出されたのです。

「君の儀、一心大切に忠勤を存すべく、列国の例を以て自ら処るべからず。若し二心を懐かば、 則ち我が子孫に非ず、面々決して従うべからず」
(徳川将軍家に対しては、一心に忠義に励むこと。他藩と同程度の忠義ではいけない。もし徳川将軍家に対して逆らうような藩主がいれば、そのような者は、我が子孫ではない。そのような者に従ってはならない)

この家訓を制定したのは、江戸期の名君として名高い保科正之でした。
日陰の身にあった自分を取り立てた徳川家光への、忠義の心があらわれています。

保科正之/wikipediaより引用

この家訓を持ち出されては、容保はもうどうしようもありません。

国元から家老の田中土佐と西郷頼母が駆けつけ、
「火中の栗を拾うようなものでごぜえます!」
と諫言しましたが、もはや手遅れ。

こうして、会津藩は幕末の政局において、地獄への道を歩む羽目になるのです。

松平容保とは? 会津藩祖・保科正之の教訓に縛られた悲劇の血筋

天 ...

続きを見る

 

「政令帰一論」の挫折

松平容保だけではなく、春嶽自身も上洛しました。
ただし、攘夷派にマークされ暗殺される危険性があったため、横井小楠はやむなく江戸に置いてきました。

春嶽が足を踏み入れた京都は、もはやカオスと化していました。

公武合体策は、井伊直弼が既に計画していたもので、徳川家茂和宮孝明天皇の異母妹)の結婚という形で、ある程度成功をおさめていました。
何よりも孝明天皇自身が、義弟となった徳川家茂、京都守護職・松平容保を信頼しており、公武合体策に賛成していたのです。

ところが、いったん倒幕に傾いた過激な尊王攘夷派と公卿にとって、「公武合体」は受け入れられないことでした。

攘夷せよ!の一点で迫ってくる過激派。
公武一体どころか、国の指揮系統が「幕府」と「朝廷(その実態は過激派尊王攘夷派)」に分裂してしまったのです。

このへんの動きが、幕末をややこしくしている一因でありまして。
しばし、御説明させていたただきます。

朝廷から幕府への委任を得るか?
あるいは幕府が政権を手放すか?
政令が出されるのは、一カ所でなければならないと、春嶽は主張します(「政令帰一論」)。

が、この主張は受け入れられません。

深い挫折感を味わった春嶽は、上洛してきた家茂に向かってこう直言します。

「私の不徳の為すところではありますが、もはやこの情勢は道理の通る状態ではありません。私は辞職します。将軍も、退位すべきかと思います」

こんな発言をしたらただで済むわけもなく、春嶽は老中・水野忠精から「逼塞(ひっそく)」処分を言い渡されることとなるのでした。

文久3年(1863年)、過激派の暗躍に危機感を抱いた孝明天皇とその側近が薩摩藩・会津藩に呼びかけ、長州藩および過激派公卿は京都から追い払われます(「八月十八日の政変」)。

孝明天皇/wikipediaより引用

この事件の少し前、福井藩にも動きがありました。
横井小楠らは、藩をあげて上洛すべきだと考えていたのです。

しかし尊王攘夷派が妨害したこと、春嶽が横井の急進性について行けないことが重なり、この上洛は実行に移されません。

それまで協力してきた春嶽と横井は、意見が相違するようになっていったのです。
もしも島津久光のように、反対派もものともせずに福井藩が上洛していたら、幕末の情勢は変わっていたかもしれません。

しかし、現実にはそうはならなかったのでした。

 

「参預会議」の崩壊

危険極まりない長州藩過激派を追い払われた京都では、有力藩主およびそれに準じたメンバーによる、合議政治が行われることになりました(「参預会議」)。
参預は以下の通りです。

徳川慶喜(一橋徳川家当主、将軍後見職)
・松平春嶽(越前藩前藩主、前政事総裁職)
・山内容堂(豊信、土佐藩前藩主)
伊達宗城(宇和島藩前藩主)
・松平容保(会津藩主、京都守護職)
・島津久光(薩摩藩主・島津忠義の父)
・長岡護美(追任、熊本藩執政。藩主斉護の子)
・黒田慶賛(追任、福岡藩世子)

ビッグネームがずらりと並び、当時の主たるメンバーが一堂に会したような印象ですよね。
ところが、この会議が機能しません。

慶喜は露骨に幕府権力を強化しようとしますし、参預の中にも自分の発言力を強化しようと躍起になる者もおりまして。
一致団結してよりよい政治を目指そうとするどころか、自分の権限を強化しようと牽制し合う、パワーゲームの場と化したのです。

参預会議が決定的に破綻したのは、中川宮邸(久邇宮朝彦親王)での会議でした。

議題は「横浜鎖港問題」です。
これは、攘夷を行いたい孝明天皇の意に沿うために議題にのぼったものでして。
参預諸侯は、そんなことは不可能だとして開港継続を支持していました。

しかし、慶喜は諸侯牽制のためだけに、不可能であると理解しながらも、閉鎖を支持したのです。

この日の会議でしこたま酒を飲んだ慶喜は、宮をにらみ付け、春嶽、久光、宗城を指さしながらこう言いました。

「この三人は天下の大馬鹿者、天下の大悪人ですぞ。将軍後見職である私と一緒にしないでいただきたい」

徳川慶喜/wikipediaより引用

慶喜の態度に、久光の中で慶喜への強い嫌悪感が刻まれました。
そして参預会議は決裂、ものの数ヶ月で崩壊したのです。

幕府にとって懸案であった長州藩の征討も、不発に終わります。
高杉晋作の奮闘といった要素もありましたが、それ以上に大きいのは征討の主担当である薩摩藩・西郷隆盛が水面下でサボタージュをしていたからでした。

徳川家茂はこの討伐で揉めている最中に急死。

このころ福井藩ではイギリス式の兵学を導入し、南北戦争が終わって武器の余っていたアメリカから、買い付けを行うようになりました。

 

「幕府反正の望みは絶え果てたり」

慶応2年(1866年)、家茂の跡を継いでついに慶喜が将軍となりました。
一橋派の宿願が、8年後に叶ったとも言えるわけですが、あのころとは政治状況がまったく変わっています。

兄・斉彬の遺志を継いで徳川慶喜を支持していた島津久光は、彼に対してすっかり幻滅。
おまけに、公武合体策を積極的に支持していた孝明天皇が急に崩御してしまいます。

薩摩藩の小松帯刀らは、長州藩に接近。
朝敵としての認定を取り消すべく、活動しています。

松平春嶽(松平慶永)/wikipediaより引用

潮目は劇的に変わりつつありました。

そして慶応3年(1867年)、慶喜と4人のメンバーによる会議「四侯会議」が開かれます。
短期間で崩壊した「参預会議」から、メンバーを少なくしただけという印象ですが、四侯とは以下の通りです。

【四侯会議のメンバー】

・松平春嶽(越前藩前藩主、前政事総裁職)
・山内容堂(豊信、土佐藩前藩主)
・伊達宗城(宇和島藩前藩主)
・島津久光(薩摩藩主・島津忠義の父)

今度は、斉彬が久光に代わっての、いわゆる「幕末の四賢侯」ですね。

「参預会議」で慶喜に幻滅していた久光は、彼に対して不信感を抱いていました。
案の定、慶喜と久光は対立し、春嶽はそれを宥めるだけで精一杯。
慶喜は得意の弁舌で久光をやり込め、イニシアチブを取りました。

久光は、もはや幕府はこれまでである、と見限りました。そして、武力倒幕に舵を切ることになります。
春嶽は、もはやこれまでと悟りました。

「幕府反正の望みは絶え果てたり」
彼は福井へ戻ることにしたのです。

※反正……以前の正しい状態に戻すこと

 

大政奉還後の混乱

春嶽が失意の中、福井に戻った後、京都ではさらなる動きがありました。

大政奉還」です。

これを受け、横井小楠は急ぎ上洛し、新政権の補佐として参加すべきだと、春嶽に建白しました。
春嶽も同感でした。

土佐藩士の坂本竜馬も、福井に入りました。
坂本は文久3年(1863年)に、一度福井に来ていたことがあり、今回が二度目。
由利と意気投合し、旅館「たばこや」で今後の日本について話し合いました。

坂本は、既に天下の形勢は決まっていると告げます。
ただ、新政府は人材が不足していて、福井藩の財政再建に携わった由利の手腕を発揮して欲しいと、頼んで来たのです。

実際、明治維新のあと、由利は坂本の推挙により、財政を担うことになります。

意気投合した二人が別れた際、由利は坂本の肖像写真を本人から貰いました。
その後、由利はその写真を落としてしまい、何か不吉な予感がしたそうです。

写真を落とした二日後、由利は坂本の訃報を知ることになるのでした。

由利公正/wikipediaより引用

春嶽は土佐藩をどこまで信じられるかは半信半疑でしたが、上洛することにします。
そして、さらに混沌とした状況の京都で苦難を味わうことになります。

王政復古後の小御所会議では、慶喜に厳しい処分がくだされました。
これは慶喜にとって誤算です。
彼の胸の内では、大政奉還しても朝廷に政治力はなく、結局は自分の再登板があるはずだとにらんでいたのです。

しかし、大久保利通岩倉具視らが主導した強硬派は、その甘い望みは打ち砕いてしまったのでした。

この処分に納得できないのは、会津・桑名藩の面々です。
薩摩の謀略だと激怒した彼らは、天皇をたぶらかす奸臣薩摩を取り除け!といきり立つのです。

春嶽は、こうした火薬庫状態の情勢を何とか宥めようとしました。

が、一方で、その状況に強い不満を抱いている者がいました。
何としても倒幕戦争を起こしたい、西郷隆盛です。

なかなか戦端が開かれないことに苛立った西郷は、挑発することにします。
薩摩藩士・益満休之助や、草莽の志士・相楽総三らを江戸に送り込み、テロ事件を起こさせたのでした。

「薩摩御用盗」と呼ばれた彼らの狼藉は、とても見逃せるものではありません。
江戸警護を担当していた庄内藩率いる新徴組は、薩摩藩邸を焼き討ち。
春嶽の調停も虚しく、日本全土に戦火が広がってゆくことになるのです。

新政府側についた春嶽は、慶喜に絶対服従を勧めながら、徳川家救解に尽力することになります。
そんな中で、由利公正は、「五箇条の御誓文」の草案を作成しています。

それにしても春嶽は、調停に回ってばかりのように見えませんか?
当時の人も、そう思っていたようで、こんな狂歌が詠まれました。

「春嶽と 按摩のような 名をつけて 上をもんだり 下をもんだり」
【ま~た春嶽が調停しているよ、いろいろな人をなだめて大変だねえ】と皮肉られたわけです。

しかも春嶽および福井藩のこうした態度は、どちらにも調子がいい奴だ、と倒幕派からも佐幕派からも「お前は一体どっちの味方なんだよ?」と胡乱(うろん・怪しまれること)な目で見られていました。

会津藩からは、京都守護職を押しつけた上に、戊辰戦争でも会津藩の厳しい処分を主張したため、かなり厳しい目で見られることになります。

 

明治維新のあとも調停役として振り回される

維新後の春嶽は、政府入りしておりました。

明治2年(1869年)に民部卿・大蔵卿を兼ね、大学別当兼侍読となりました。
春嶽は、学制改革に取り組むことになります。

しかし明治維新のあと、皆さんにも『またかよ』と思われるかもしれませんが、春嶽は調停に乗り出さねばなりません。

彼が宥めようとしたのは、大学における
【国学VS儒学】
【行政官VS教官】
の調停でした。

しかしこの調停は不調で、疲れ切った春嶽は明治3年(1870年)、一切の官職を辞することになります。
以後、春嶽は政界へと戻ることはありませんでした。

引退して文筆生活に入った春嶽は、
『逸事史補』
『幕儀参考』
等を執筆。
伊達宗城らとともに『徳川礼典録』の編纂にも取り組みました。

そして明治23年(1890年)に死去。享年63でした。

 

旧福井藩士の前にたちふさがった、藩閥の壁

春嶽とともに藩政改革に尽くした彼のブレーンたちはどうなったのでしょう。

彼らは、明治新政府から弾き出されてしまいました。
藩閥という壁が立ち塞がったのです。

弾き出された程度であればまだマシで、横井小楠は明治2年(1869年)、攘夷派によって暗殺されております。

明治維新は、ありとあらゆる身分の人が、実力に応じて活躍できる時代になった、と言われております。
本当にそうであったかは、慎重に考えた方がよいでしょう。
身分や家格を無視して実力本位で登用していたのであれば、阿部正弘時代の幕府の方がマシかもしれません。

明治新政府でものを言うのは、やはり藩閥です。
薩摩や長州出身であれば、実務能力に疑問符がつくような者でも、要職につくことができました。

これは政府だけではなく富岡製糸場の女工のような場合でもそうで、長州出身の女工はいきなり好待遇で雇用されるようなことが起こっていたのです。
反対に佐幕藩出身者は、差別の対象となりました。

明治とは、山川健次郎のような会津藩出身者でも出世できた時代と言われたりしますが、そんなことはありません。
山川の場合は国から留学費用を打ち切られ、親切なアメリカ人に学費を出してもらえて、なんとか学業を終えています。

明治新政府が寛大であったというよりも、彼は彼自身の運と実力と熱意によって大成したのです。
明治政府が寛大であったかどうかは、別問題です。

実際、福井藩は人材の宝庫であったにも関わらず、藩閥から弾き出されました。

幕末から明治にかけての福井藩は印象が薄いのですが、それは実力がなかった以上に、藩閥として弾かれたことが大きいのでしょう。
もったいないことです。
もしも橋本左内が「安政の大獄」で処刑されなかったとしても、藩閥の明治新政府で活躍できたかどうかは怪しいものです。

春嶽自身も、彼のブレーンたちも、実力はあるにも関わらず、複雑怪奇な幕末の政治情勢に振り回され、実力を十二分に発揮できなかった印象があります。

日頃の試合では無類の強さを見せるのに、肝心のオリンピックで勝てない選手のような、勝負弱さとでも申しましょうか。

そうはいっても井伊直弼、堀田正睦と同じく、松平春嶽が当時トップクラスの政治家であり、人格的にも優れていたことは、確かなこと。
“春嶽さん”と慕われるのも頷けるのです。

文:小檜山青

【参考文献】
『幕末維新と松平春嶽』三上一夫(→amazon link
国史大辞典

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.