フェートン号/wikipediaより引用

幕末・維新

国旗を偽り長崎・出島へ入港!フェートン号事件のイギリスが海賊すぎる

投稿日:

1777年(日本では江戸時代・安永五年)12月2日は、後に長崎のオランダ商館長となるヘンドリック・ドゥーフが誕生した日です。

文化5年(1808年)に発生したフェートン号事件に巻き込まれてしまう御方です。

イギリス人が無茶をやらかしたせいで、長崎奉行や佐賀藩の藩士らが処分されてしまうという痛ましい内容ですが、これだけではワケがわからないので順を追って見て参りましょう。

 

ドゥーフの母国オランダがフランスに支配され

ドゥーフの前半生については、身分があまり高くなかったようで、あまりよくわかっていません。

詳しくわかるのは、1799年(寛政十一年)に来日してからのこと。
彼が日本に来た後の本国オランダで大事件が起きてしまいます。

オランダがナポレオンに負け、フランスの衛星国にされてしまったのです。

ときのオランダ国王はイギリスに逃げて援助を求め、イギリスはフランスに対抗するために力を貸すことにしました。

この関係は本国以外でも同じ状況になりました。
当時、オランダ東インド会社が拠点にしていたインドネシアも、フランスの支配下に置かれてしまい、この辺も攻略してやろうとイギリスが動き始めたのです。
アジア周辺の海はイギリスの縄張りだったので、こっちのほうがやりやすかったかもしれません。

しかし、その程度で引き下がるナポレオンやフランスではありませんでした。
フランスもオランダ東インド会社も、中立国だったアメリカの船を借りて、アジアでの貿易を続けようとします。

 

オランダ国旗を掲げて入港してきたフェートン号

そんな中、長崎に一隻の船がやってきました。
掲げられた国旗はオランダのものです。

いつも通りオランダの船がやってきた――と思った出島のオランダ商館員と幕府の役人は、小舟で出迎えました。

しかし、船にいたのはイギリス人。同時に国旗もイギリスのものに差し替えられます。

イギリス船のフェートン号がオランダ船と偽って入港していたのです。
出迎えにいった人々は人質にされてしまいました。

フェートン号/wikipediaより引用

イギリス人たちが言うには、「これこれこういう経緯だから、この辺のオランダ船は全部引き揚げさせる。黙って言うことをききやがれ」(超訳)とのこと。
どう見ても人に物を頼む態度じゃありません。

それでも長崎の役人たちは「そっちの用事はわかったから、商館員たちを返してくれ」と穏便に頼んだのですが、イギリス船からの返事は「いいから水と食料をよこせ」というもの。どう見てもヤクザというか海賊でしたよね。

イギリス海軍の歴史~海賊行為で世界を制し海洋国家を樹立してから

世 ...

続きを見る

 

フェートン号事件に発展

困ったドゥーフと長崎の役人は、とにかく無事に人質を返してもらおう、と考えを巡らせます。

そこで長崎奉行・松平康英が九州の雄藩に助けを求めると、応援が来る前にイギリス船から新たな要求が届きました。

「人質を一人返すから、薪・水・食料をよこせ。でないと長崎にある日本の船を焼き払うぞ」

どんだけ横暴なんでしょうか。

松平康英は要求された物資を一部分だけ用意し、「残りも今用意しているから、一日だけ待ってほしい」と伝え、応援が来るまでの時間稼ぎを試みます。
物資を届けた際にもう一人の人質も解放されていたため、ある程度余裕を持てたのでしょう。

翌日、助けを求められた藩のうち、一番近かった大村藩(現・長崎県大村市)からの増援が到着しました。
大村藩主・大村純昌は康英と相談してイギリス船焼き討ちを計画しましたが、その時点で既にイギリス船は出港してしまっていました。

この一件を、イギリス船の名をとって「フェートン号事件」と呼んでいます。

 

母国がない状態で追い出されたら野垂れ死んでしまう

結果として長崎の町も船も無事に済んだわけですが……。
あわや交戦というときに兵が足りなかったことで、長崎奉行の中には切腹した人もいました。それだけでなく警備当番だった佐賀藩の藩士や藩主・鍋島斉直も咎を受けています。

こうなるとドゥーフも何らかの責任をとってしかるべきですが、幸か不幸か本国がない状態だったのでそうはなりませんでした。

代わりに(?)ドゥーフと長崎奉行は相談の末、入港時に正規の貿易船かどうかを確認するための信号旗を考えるなどしています。
勘合貿易の勘合符みたいなものですね。

ちなみに、多少なりともタダで補給できたということに味をしめた&その他の理由で、イギリス船はその後も度々長崎周辺にやってきています。
文政8年(1825年)に制定された【異国船打払令】は、こうした行為への対処でもありました。

程なくしてやってくる幕末期のペリーは、まるで突然やってきたかのような印象もおありかもしれませんが、実はずっと外圧はあったんですね。

この一件と前後して、ドゥーフたちオランダ人は肩身の狭い思いをしていたようです。

出島にいたオランダ人たちからすれば、「遠い異国で仕事をしていたら、いつの間にか母国が滅びていた。な、何を言っているのか(ry」という感じだったわけですしね。
幕府としても、「滅びた国のヤツをウチに置いといてもねえ……」(※イメージです)という雰囲気が漂っていたとかなんとか。

しかし、母国がない状態で出島を追い出されたら、そのまま海の藻屑か野垂れ死には目に見えています。

 

「春風や アマコマ走る 帆かけ船」

ドゥーフは何とか居場所を確保すべく、幕府や長崎奉行所に「日本人から食料や物資を分けてもらいたい。私の持っている本や西洋のものをお売りしますから」と頼みました。
幕府も長崎奉行所も事の経緯を哀れんだようで、相場以上で本を買い取ったりしています。

また、蘭日辞書(オランダ語→日本語の辞書)の編纂も始めました。

このやりとりのうちに俳句に興味を持ったのか、ドゥーフ作と思しき句が伝わっています。

「春風や アマコマ走る 帆かけ船」

司馬江漢作のドゥーフ/wikipediaより引用

アマコマとは一体……ググる先生にお尋ねしても出てこないので、ドゥーフが何かと書き間違えたんでしょうかね。
前後からすると「あくせく」とか「あちこち」なら意味が通じそうな気がしますが、はてさて。

こう書くと忙しそう&生活ジリ貧な気がしますが、その一方で遊女との間に子供をもうけたりもしています。まぁ……なんというか……犯罪ではありませんしね。

男の子にはドゥーフの名をもじって「道富」という名字を作り、「丈吉」と名づけて仕事の世話もしていたそうです。

ひょっとしたら下の名前も「ジョージ」とかのもじりですかね。
オランダ語だと”J”は黙字ですが、オランダ人だからってオランダ語の名前しかつけないってこともないでしょうし。

 

後にオランダから最も名誉の高い勲章が送られた

別の女性との間にも女の子もいたそうですが、二人とも若いうちに亡くなっています。

ドゥーフはその後もイギリスへ出島のオランダ商館を渡すことを拒み、オランダが再び独立国家になるまで守り続けました。

その功績を賞され、オランダから最も名誉ある勲章をもらっています。
「母国がなくなってもオランダ人として生きる」という姿には、幕府や長崎奉行所、出島周辺の日本人にも眩しく映っていたとか。

ヘンドリック・ドゥーフ/wikipediaより引用

しかし、帰国途中の船が暴風に巻き込まれ、妻や日本から持ち帰ったものを失うなど、ドゥーフの受難はその後も続きました。
本人が助かってるところがスゴイです。

晩年には日本に関する回想録を書いているので、生涯日本には良い印象を持っていたようです。帰国から十年以上後のことでしたので、やはり忘れられなかったのでしょう。

これだけ苦労をしていれば、日本という単語だけでトラウマが蘇りそうなものですが……メンタルも相当強い人だったんでしょうね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
ヘンドリック・ドゥーフ/wikipedia
フェートン号事件/wikipedia

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.