幕末・維新

小笠原諸島は誰のもの? 米英に奪われそうだった幕末の領土問題

文久元年(1862年)12月19日、江戸幕府が小笠原諸島の領有を宣言しました。

小笠原諸島とは、現在は父島、母島、硫黄島など30数島からなる東京都小笠原村の行政区分で、自然豊かな南国風景の島として知られますが、江戸時代においては1675年以来、国としての対応はしておりませんでした。

要は放置されていたわけです。

幕末期においても同じで、幕府の支配力は及んでおらず、下手をすれば英米にとられそうになっておりました。

そこで、この1862年に外国奉行の水野忠徳らを咸臨丸で派遣し、領土宣言をしたのです。

現在とちょっと違うのは、すでに英国と米国が人を送り込んでおり、幕府は後手に回っていたのに、意外とすんなり主権が得られたことでしょう。
もちろん距離的には日本が一番近いので当たり前っちゃ当たり前なんですけど、帝国主義・植民地バンザイな当時の常識からすればそんなもん言い訳になりません。

しかも幕末の混乱期。
どうやって手の内に納めたのか?

 

無人だから「BONIN アイランド」

今は小笠原諸島のうち、父島・母島・硫黄島・南鳥島に人が住んでいます。
(硫黄島と南鳥島は自衛隊関連など公務員のみ)

ですが、発見当初は幕府の役人どころか原住民すらいない完全な無人島でした。

英語で小笠原群島(小笠原諸島より狭い範囲の呼び方)を「Bonin Islands=ボニン・アイランズ」というのですが、この「ボニン」は「無人」から派生したものなのだそうです。
先史時代(だいたい弥生時代以前)の遺跡や石器らしきものが見つかっていて、おそらくその血筋は絶えてしまったのでしょう。

その後16世紀に一度スペイン人が母島の存在を確認し、江戸時代には度々役人の船が漂着したりして少しずつ小笠原諸島の存在が知られるようになっていきます。

しかし、遠すぎるからか無人島だったからか。
江戸幕府は積極的に統治しようとはしていませんでした。

一応「ここは日本国内だよ!」という碑を建てて自己主張はしたそうですが。

 

あのペリーも立ち寄っていた

その後、欧米諸国が極東地域に進出するにつれ、あっちこっちの国が「こんなとこに島があったよ」と学術誌に発表したり、「ちょっと寄ってみっか」と寄港するようになります。

例えば文政六年(1823年)には、米国の捕鯨船が母島に上陸してコッフィン諸島と命名。
船長の名前からそう付けられました。

確かに江戸時代は、はてしなく遠い距離ですが、現在、ここが米領だったとしたら恐ろしいことですよね。

と、思ったら、当時すっかり世界の海賊になっていたイギリスも「ここウチのシマだから!」と名乗り出ます。文政十年(1827年)にブロッサム号が父島へ入り、ビーチー艦長が国旗などを残していったのです。

これに黙っていなかったのが、あのペリーでした。
嘉永六年(1853年)に父島へ寄ると、すでにハワイから移住していた父島住人のセボリーを現地の責任者に任命し、英国の領土主張を否定したのです。

マシュー・ペリーの意外な接待術~日米和親条約を結ぶために用いた策は?

続きを見る

要は、日本は無視して、英米の主張がごちゃごちゃしていたんですね。

では、当の江戸幕府は何をしていたのか?

 

開国直後で欧米列強も大目にみてくれた?

開国要求の対応でそれどころではなかったのか。
それとも関心が薄かったのか。

小笠原諸島の領有に関し、江戸幕府が即座に対応することはありませんでした。

1862年(文久元年)になってようやく外国奉行の水野忠徳を派遣し、測量を行った後領有を宣言しています。
それが同年の12月19日ですね。

水野忠徳/wikipediaより引用

幕府は、島に住んでいた人々を服属させ、各国の公使にもその旨を伝えます。
「これからは日本のものです!」と言い切りました。

となると即座に国際問題に発展しそうなものですが、このとき既に下田・函館の開港が決まっていたためか、イギリスもアメリカも小笠原諸島には大して執着しなかったようです。

幕府が「もう住んでる人はそのまま住んでていいし、これからも出て行けとか言わないんで」という方針にしたのが良かったのかもしれません。
もしも「今から日本なんで、ハワイへお帰りください」とでも言ってたら、マズかったかも……。

明治新政府ができてからも、さほどに緊急事態ではなかったのか。
小笠原諸島に関しては、徐々に対応していっています。

明治初年(1867年)から官民で開拓を始め、明治6年(1873年)に英国公使ハリー・パークスらと話し合い。

ハリー・パークスの手腕がCOOL!激動の幕末維新で18年も駐日英国公使

続きを見る

その3年後にあらためて各国へ正式通告すると、いずれも異議はなく認められ、明治13年(1880年)、正式に東京府の管轄になっています。
かくして小笠原諸島は名実ともに日本の一部になり、今でもハワイ人をご先祖とする人が都民として仲良く住んでいるようです。

領土問題というと、殺伐とした感情にさせられますが、当時は、ノンビリしていたものですね。
現代の問題も早く解決してくれることを切に願うばかりです。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典

 



-幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.