高橋泥舟/wikipediaより引用

幕末・維新

高橋泥舟69年の生涯まとめ 海舟・鉄舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれた馬鹿正直

将軍様のボディガード

慶応4年(1868年)。
鳥羽伏見の戦いに敗走した徳川慶喜が江戸に戻ると、泥舟も江戸城に駆けつけました。

江戸城は大騒ぎです。
泥舟が何とかして慶喜に面会しようとしても、それどころではありません。

慶喜の方でも泥舟に会いたくてたまらなかったのですが、混乱のあまり、二人が出会えたのは十日ほど待たねばならなかったのでした。

やっと出会った慶喜に、泥舟は恭順を薦めました。
断固徹底抗戦を主張する者も多い中、彼は違いました。心情的に尊皇攘夷に近かったこともあるのかもしれません。

慶喜からこの混乱において頼られている勝海舟は、その知能をフル回転させてこの窮地打開策を練っています。
そして勝は、駿府の西郷隆盛のもとに向かう使者として、泥舟を指名したのでした。

「それは絶対に許さない!」
強硬に反対したのは、慶喜です。

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

「伊勢(伊勢守、高橋泥舟)よ、伊勢よ! お前が江戸から去ったらば、残された無謀な者が、何をするかわかったものではない。お前のような勇者がいるからこそ、ああいう者はおとなしくしているのだ。お前が行ってしまったら、誰がこの江戸をおさめるというのか! ああ、うらめしいのはお前が二人いないことだぞ」

慶喜は、泥舟の腕前と、断固として戦うと主張する者すら抑え込む胆力を、ともかく頼りにしていたのです。

ここで立候補し、泥舟も太鼓判を押したのが山岡鉄舟でした。
彼が代わりに行くなら問題ない。
ということで、山岡が、西郷のところへ向かうことになるのです。

どうにも影が薄い泥舟ですが、この慶喜の頼り方からしても、並の男ではありません。
このあとも、泥舟は慶喜の護衛役をつとめ、混乱の中で最後の将軍を守り抜いたのでした。

 

顔を担保に借金を

明治の世となってからの泥舟は、慶喜に従い一度は駿府に移りました。
その後、江戸に戻り、書画骨董のを楽しむ静かな余生を過ごすことになります。

そんな彼がピンチに陥ったのが、明治21年(1888年)山岡鉄舟の死後でした。
義兄であり、実家山岡家を継いだ鉄舟は、多額の借金を残していました。

さて、困った。
他ならぬ泥舟自身も貧しい暮らしを送っています。

金策に奔走する中、門人の一人が質屋を経営していることを思い出しました。

「1500円、貸してくれんか」
質屋の主人は驚きました。
どう考えても抵当なんてないのです。

「抵当があれば貸します。何があるんですか?」
「この顔でござる。もちろん私は返済するつもりではありますが、死生とははかりがたいもの。もしもというときは、熨斗をつけて私にくださらんか」

主人は呆気にとられましたが、天下の高橋泥舟がまさか踏み倒すつもりもないだろう。
おもしろい方だと感心し、1500円を貸してくれたとか。

彼の人徳、勝が「馬鹿正直」と評価した性格がプラスに働いた、というところでしょうか。

 

槍一筋の生き方に爽快感

そして明治36年(1903年)。
山岡鉄舟の死から15年後、勝海舟の死から4年後に、泥舟も死去。
享年69。

勝海舟をして「あれほどの馬鹿正直は最近いない」と言わしめた高橋泥舟。
策謀が渦巻く幕末において、「馬鹿正直」に生き抜いた、槍一筋の生き方は爽快感があります。

活躍自体は他の二舟より低く、一番影が薄いと言われたりもしますが、慶喜が「お前がいなければどうしようもない!」と嘆いたほど武勇もカリスマもあった人物です。
彼もまた、一流の男であったのでしょう。

※徳川慶喜もまた国内のみならず諸外国から称賛される人物でした(以下に詳しい記事があります)

文:小檜山青

【参考文献】
『全国版 幕末維新人物事典』(→amazon
国史大辞典

 



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.