近藤勇/Wikipediaより引用

幕末・維新

新選組の誕生から解散まで10行でスッキリ確認!2月27日は新選組の日

文久三年(1863年)2月27日は、新選組の前身にあたる組織・浪士組が結成された日です。これを記念して、毎年2月27日は「新選組の日」なんだとか。

ということでザックリその沿革をマトメておきました。

本サイトでも、各メンバーの生き様を記した記事がありますので、文中にリンクしておきますね。

新選組の天然理心流はナゼ殺人剣法に?幕末関東は『リアル北斗の拳』だった

続きを見る

ちなみに
「選」と「撰」
の表記についてはドチラでもいいそうです。

なんせ局長である近藤勇自身、どっちも書いたことがあるなんて話も……。

有名な組織ですし、ファンの方もとても多いので今更な気もしますけれども、まずは新選組の沿革からざっくり見てみましょう。

 

10行でスッキリさせる新選組の沿革

①江戸幕府で「公方様(家茂)が上洛するから、護衛してくれる人大募集!」と言い出す

②近藤勇が一念発起して道場仲間と共に浪士組を結成&応募

③他の道場と合流して大きな組織に

④仲間割れして一部脱退、残ったメンバーが京都・壬生村に滞在したため「壬生浪士組」と名乗る

松平容保に認められ、働きも上々だったので「新選組」の名をもらう

池田屋事件禁門の変などで名を上げる

⑦綱紀粛正を図るつもりが、粛清のし過ぎでかえって分裂

⑧鳥羽・伏見の戦いで負けた幕府軍に従って東下

⑨甲陽鎮撫隊と名を改めて甲府付近で戦ったものの、負けて離散

⑩近藤勇が捕まって処刑

だいたいこんな感じです。

甲州勝沼の戦いとは? 甲陽鎮撫隊となった新選組はついに解散へ

続きを見る

 

各メンバーの個性が面白いから今なお輝く

近藤が処刑された後、他のメンバーはどうなったか?

土方歳三とともに最後まで新政府軍に抵抗した者。

土方歳三35年の生涯をスッキリ解説! 多摩のバラガキが五稜郭に散るまで

続きを見る

斎藤一のように会津戦争に向かった者。

斎藤一72年の生涯まとめ! 謎多き新選組・最強剣士は会津に眠る

続きを見る

彰義隊に合流して上野戦争で戦死したとみられる者。

彰義隊が散った上野戦争 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

などなど、それぞれの道を辿っております。

新選組については、誰の立場で見ていくかによってかなり変わってくるので、一概に「誰が正しい・悪い」と言えない部分があるのが難しいところです。

だからこそ、多種多様で面白いんですよね~!

永倉新八77年の生涯をスッキリ解説!新選組の最強剣士は激動の幕末を駆ける

続きを見る

グループではあるけど、個々の生き様がクローズアップされるじゃないですか。
って、贔屓目に見すぎですかね。

新選組一番隊組長・沖田総司「夭折の天才剣士」はイケメンではなかった!?

続きを見る

 

京都見廻組に新徴組さらには御陵衛士

さて、幕末というと新選組の他にも「◯◯組」という名の組織がたくさんあります。

ある意味、新選組の同期ともいえる彼らのうち、いくつかを簡単にみていきましょう。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.