幕末・維新

赤山靭負(赤山靱負)の切腹は見せしめ!? 薩摩の超良血はなぜ追い込まれたか

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
赤山靭負(赤山靱負)
をクリックお願いします。

 

背景にあるのが四人兄弟の処遇問題ではないでしょうか。

彼の兄弟は久徴はじめ全員が斉彬派でした。

名門の御曹司たちが全員斉彬派。それが御家騒動になって何もお咎めなしというのもマズイ。

しかし、日置島津家を継いだ久徴に死を命じるのも、さすがに藩内の打撃も大きいし……ならば赤山ぐらいの見せしめが適任では?……と考えられた可能性は否定できないでしょう。

 

お好きな項目に飛べる目次

死によって歴史を動かした

切腹した際、まだ27才であった赤山。

吉兵衛は、遺品として血染めの肩衣を持ち帰ったとされています。

赤山の最期について、吉兵衛から聞かされた西郷が悔し涙を見せる姿は、彼の人生序盤のハイライトと言えましょう。

どの程度、両者が親しかったのかはわかりません。

それでも、派閥争いで犠牲にあった人物の遺品が、西郷の胸に闘志と憎しみの炎を点火したことだけは確かです。

歴史には、死によって時代を動かす人物もおりますが、赤山も、そうした一人だったと考えられるでしょう。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

勝海舟77年の生涯まとめ【年表付】いつドコで生まれ維新後は何をしていた?

続きを見る

吉田松陰30年の生涯まとめ!長州・萩の天才が処刑された真の理由とは

続きを見る

島津斉彬50年の生涯まとめ! 西郷や大久保らを育てた開明派の生き様

続きを見る

由羅(お由羅の方)&お由羅騒動をスッキリ解説! 幕末薩摩の内乱とは?

続きを見る

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】暗殺に斃れた西郷の親友とは

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
国史大辞典
西郷隆盛 維新150年目の真実 (NHK出版新書 536)』(→amazon link
『西郷隆盛 命もいらず 名もいらず』(→amazon link

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.