幕末・維新

坂本龍馬が暗殺されるまで駆け抜けた33年激動の生涯~暗殺犯は誰だ?

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
坂本龍馬
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

亀山社中から海援隊へ

話が前後します。

「神戸海軍操練所」も、「土佐勤王党」もなくなった中、龍馬は念願の海運組織を作ることとなりました。

長崎の亀山で発足した組織・「亀山社中」です。

貿易と、物資の運搬で利益を得て、そのために必要な航海術を学ぶという、画期的な取り組み。

この「亀山社中」を通じて、薩摩藩・長州藩に軍艦購入を斡旋しており、そうした実績が薩長同盟の仲介者として選ばれる要因となっています。

取引を通じて、両者から信用を獲得していたのですね。

慶応3年(1867年)には、「海援隊」としてリニューアル。

これを契機に、龍馬は脱藩の罪を許されました。

構想としては「陸援隊」もセットでありましたが、こちらは設立が遅れています。

身分を問わず加盟することができ、航海術から語学まで、実利的な学問も修得できる、これまた画期的な組織でした。

その斬新な組織にあやかろうと、「海援隊」と「陸援隊」は、その名にならった組織がいくつかあります。

「陸援隊」という会社に関しては、劣悪な労働条件が引き金となった事故を起こすことで注目を浴びるという事態に陥っています。

龍馬の名誉のためにも、今後はこのようなことはないよう願います。

海援隊集合写真。左から長岡謙吉、溝渕広之丞、坂本龍馬、山本洪堂、千屋寅之助、白峰駿馬/wikipediaより引用

 

暗殺

慶長3年(1867年)にかけて、龍馬は大政奉還でも大きな役割を果たしております。

大政奉還を実行したのになぜ戊辰戦争は始まった?幕末混乱期のクライマックス

続きを見る

新しく訪れるであろう世の中に、さぞかしワクワクな心持ちであったでしょう。

しかし……。
運命は非情でした。

11月15日、凶刃にかかり、落命してしまうのです。

享年33(満31歳没)。

その知名度ゆえに、龍馬の暗殺は黒幕が誰なのかと、詮索されがちです。

これについては、そもそもミステリでも何でもないものを、無理矢理そうしている、そんな要素があります。

この件に関しては、動機から犯人まで、すべて判明しています。

坂本龍馬暗殺の真相

【黒幕】会津藩主・松平容保

【実行犯】京都見廻組・今井信郎

動機は、大政奉還に納得できない会津藩による、形成巻き返しを狙ったもの。これでおおよその説明がつきます。

今井には、松平容保から「褒状」が送られたとの証言があります。

これでもう、ミステリは解決されてしまいます。

紀州藩や薩摩藩黒幕説といったことがささやかれますが、信憑性は低い。ちょっと意外性を狙い過ぎているのではないでしょうか。

当時から、龍馬暗殺に関しては混乱しました。

恨みをかっていた新選組説が信じられており、彼らに激しい憎悪がぶつけられることも。

それでも、真犯人の今井信郎の告白で、本来本件は決着がついたはずなのです。

なのになぜ、荒唐無稽な説が出てくるのか?

坂本龍馬/wikipediaより引用

それは坂本龍馬というカリスマに依るものかもしれません。

幕末第一の人気者を殺した罪を背負いたくない。別の勢力に責任転嫁したくなるのでしょう。

当時の会津藩は追い詰められていました。そのあまり、乱暴な手段に頼ってもおかしくはないでしょう。

 

龍馬という夢

もしも、坂本龍馬が凶刃に斃れなければ――。

幕末における様々な「歴史if」の中でも、これほど甘美で、夢があふれる問いかけもありません。

ただし……坂本龍馬が総理大臣なり、明治政府の中枢で活躍できたかどうかは、なかなか難しいものがあります。

明治時代初期は「薩長土肥」と呼ばれ、土佐藩出身者は三番目に重要であるとされました。

しかし、時代がくだるにつれ「土肥」は排除されてしまうのです。

結果、土佐藩出身で戊辰戦争を戦い抜いた板垣退助は自由民権運動に身を投じました。

大日本帝国憲法と自由民権運動の流れ「板垣死すとも、自由は死せず」とは……

続きを見る

龍馬も土佐藩出身である以上、政府の中枢に食い込めたか、かなり難しいところでないでしょうか。

政界進出に興味を持っていたのか、という問題もあります。

むしろ彼は、経済界に進出しそうな気がするのです。

海運に可能性を見いだしていた龍馬が、もしも明治の世でも生きていたら。

もっとも近い生き方をしたのは、彼と同じく開明的で商売っけが満ちあふれ、政府中枢からは外れていた、五代友厚ではないか?と個人的には思います。

五代友厚(才助)49年の生涯まとめ! 西郷や大久保に並ぶ薩摩藩士の実力とは

続きを見る

五代もその人脈を生かして、「大阪会議」を開催した実績があります。

政府は狭すぎて、世界相手にビジネスを手がける。

そんな姿が似合う気がするのです。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

岡田以蔵の人斬り以蔵っぷりが狂気! 幕末の四大人斬りで最もガチな生涯28年

続きを見る

坂本乙女(龍馬の姉ちゃん)は身長175cm!? 日本史最強クラスの女傑か

続きを見る

龍馬の妻・おりょう(楢崎龍)66年の生涯~夫を暗殺された後は生活苦?

続きを見る

薩長同盟にありがちな誤解! 薩摩と長州が手を組んだ目的は「倒幕」ではなく……

続きを見る

勝海舟77年の生涯まとめ【年表付】いつドコで生まれ維新後は何をしていた?

続きを見る

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

木戸孝允(桂小五郎)の出世道! 意外に気さくな「維新の三傑」とは?

続きを見る

五代友厚(才助)49年の生涯まとめ! 西郷や大久保に並ぶ薩摩藩士の実力とは

続きを見る

幕末の訪日外国人は日本にガクブル!? 銃でも勝てない日本刀も切腹もヤバすぎ

続きを見る

新選組の天然理心流はナゼ殺人剣法に?幕末関東は『リアル北斗の拳』だった

続きを見る

薩摩示現流&薬丸自顕流の恐ろしさ! 新選組も警戒した「一の太刀」とは

続きを見る

巨大地震が12年間で8度も頻発! 江戸幕府が終わったのは震災のせい?

続きを見る

ジョン万次郎は14才で漂流し米国生活10年の後に帰国~波乱万丈の生涯72年

続きを見る

岩瀬忠震がハリスを圧倒! 凄腕の幕臣が日米修好通商条約の交渉に挑んだ

続きを見る

桜田門外の変で井伊直弼の首をとったのは? 薩摩浪士の有村次左衛門

続きを見る

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

徳川家茂(徳川慶福)勝にも認められた文武の才~徳川14代将軍の実力とは

続きを見る

久坂玄瑞 幕末一のモテ男が25才で夭折したのは松陰の遺志を継いだからこそ?

続きを見る

勝海舟77年の生涯まとめ【年表付】いつドコで生まれ維新後は何をしていた?

続きを見る

松平春嶽(松平慶永)幕末のドタバタで「調停調停また調停」だった生涯63年

続きを見る

寺田屋事件(寺田屋騒動)で起きた薩摩の惨劇!1862年久光vs新七

続きを見る

孝明天皇を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志とは

続きを見る

中岡慎太郎は龍馬に負けない薩長同盟の功労者! 30年の生涯をスッキリ解説

続きを見る

禁門の変(蛤御門の変)御所に発砲した長州と天皇の意を汲んだ会津の因縁が

続きを見る

島津久光はなぜ西郷の敵とされたのか? 薩摩の名君71年の生涯まとめ

続きを見る

大日本帝国憲法と自由民権運動の流れ「板垣死すとも、自由は死せず」とは……

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
松岡玲『坂本龍馬』
磯田道史『龍馬史』
桐野作人『龍馬暗殺』
桐野作人『さつま人国誌 幕末・明治編』
桐野作人『さつま人国誌 幕末・明治編2』

TOPページへ

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.