幕末・維新

幕末の皇室を救った田中河内介~明治天皇の出生費用を請負い、薩摩に殺される

京都を火の海にして混乱させ、倒幕の挙兵をあげよう――と伏見の寺田屋に籠もった薩摩の過激藩士たち。

事前の説得むなしく、ついに凄惨な殺し合いとなった寺田屋事件(騒動)は、幕末薩摩藩における屈指の暗黒史と言えましょう。

寺田屋事件(寺田屋騒動)で起きた薩摩の惨劇!1862年久光vs新七

続きを見る

このとき西郷隆盛(西郷吉之助)は、田中河内介(かわちのすけ・本稿はこの名で統一)という人物の最期を聞き、こう嘆いたと伝わります。

「もう“勤王”の二文字を唱ゆっこたあでけん……」

なぜ、西郷はそんな風に嘆いたのか?

田中河内介とは何者なのか?

その人生と最期を知れば、西郷が嘆いた意味が理解できます。

 

天皇の問いかけに皆が凍り付く

明治時代初期、とある宴の席でのこと。

明治天皇は、ふと昔を思い出して言いました。

「田中河内介のことがしのばれる。あれがこの場にいたらよかったものを。殺されたと聞きおよんでいるが、一体誰がそのようなことをしたのであろうか」

その場の空気が、一瞬にして凍り付きました。

同席していた小河一敏が、ある者を指して言います。

小河一敏は明治14年(1881年)、宮内省御用掛に任ぜられます/wikipediaより引用

「田中河内介を殺したのは、この者でございます」

小河が指した先にいたのは、顔面蒼白となった大久保利通でした。

「…………」

小河の言葉に皆は黙り込み、大久保も何も言わず、場の空気は重たくどんよりするばかり。

大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】暗殺に斃れた西郷の親友とは

続きを見る

明治天皇も、どうやら田中のことは持ち出さないほうがよいと悟ったのでしょう。

それからは、人前で田中の名を持ち出すことはありませんでした。

 

中山家に仕えた秀才

文化12年(1815年)のこと。
田中は但馬国出石郡神美村香住(現兵庫県豊岡市)の医者・小森信古と、母・三谷氏の間に、二男・賢次郎として誕生しました。

名は綏猷(やすみち)、字は士徳といいます。

幼いころから神童として名高く、出石藩侍講の儒学者・山本亡羊(ぼうよう)に師事。武道もたしなみ、弓術が得意でした。

そんな田中に転機が訪れたのは、天保14年(1843年)でした。

師である亡羊の推挙で、中山忠能に召し出されたのです。中山家は、藤原北家系統の公家であります。

中山忠能/wikipediaより引用

上洛し、中山家に仕えることとなった田中。はじめは、公家侍として庶務を担当しました。

文武両道で人格も優れていた田中は、教育者としても見いだされました。

中山家の子女にあたる、忠愛・忠光・慶子らの侍講(家庭教師)も任されたのです。

田中は中山家の「侍(諸太夫=家老に次ぐ重臣)」にあたる田中綏長の女婿となり、田中家を継ぎます(それまでは小森です)。

そして従六位河内介に叙され、「田中河内介」となるのでした。

 

明治天皇の養育係

田中が教育を担当した中山慶子は、聡明な女性に成長しました。

彼女は17歳で典侍御雇となって宮中に出仕。孝明天皇の寵愛を得て、懐妊します。

中山慶子/wikipediaより引用

嘉永5年9月22日(1852年11月3日)、慶子は中山邸において、皇子・祐宮(さちのみや)を出産しました。

後の明治天皇です。

これは大変なことでした。

家禄僅か200石に過ぎない中山家は困窮しており、物売りが家の前を通る時は声をひそめていたほど。湯や茶すらろくに飲めないほどの状況の中、田中は出産のため、金策に奔走していたのです。

いくら貧しくとも、将来の儲君(ちょくん・皇太子)の誕生です。

・御産殿の土地を借りる
・御産殿を建てる
・安産祈願

こうしたことには、当然、相当な金もかかります。朝廷から出せばいい、と思いますよね?

その通りです。
確かにある意味では、朝廷は金を出しました。10年年賦で、100両というかたちで……そう、借金なのです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.