幕末・維新

本寿院(徳川13代将軍・家定の生母)って実はシンデレラガール?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
本寿院
をクリックお願いします。

 

幾島や村岡局がサポートに回り

徳川斉昭という人物は、なかなか問題がありました。

まず女性関係が最悪です。

大奥の女中であり、斉昭の兄嫁付きであった唐橋と関係した

・大奥は倹約しろ、と口うるさい

・言動がいちいち過激

黒船来航時も「交渉すると見せかけて異人を殺せばいいじゃん!」とかなんとか言い出して、阿部正弘を困らせるような人です。

「幕末の賢侯」と呼ばれた徳川斉昭はデキる!されど精力的過ぎて問題も多し

続きを見る

藤田東湖の影響をバリバリに受けた後の水戸藩はとんでもないことになりますし……まあ、トラブルメーカーなのです。

藤田東湖が水戸藩を過激にした? 薩摩や長州との違いは何だったのか

続きを見る

大奥からすれば、あの斉昭の息子という時点で、一橋慶喜は大きな不利を被っておりました。

最初っから「最低! 引っ込め!」のブーイング状態なのです。

これをどうやってプラスに持っていくか?

そこが篤姫のミッションですが、非常に大変です。

むろん彼女一人では難しいため、幾島(ドラマでは南野陽子さん)や村岡局がサポートに回り、お金をばらまいたりしていろいろ工作してます。

これは林真理子氏の原作でも「必要とあらば千両でも万両でも使え」という具合に描かれておりましたね。

女丈夫と呼ばれた幾島~篤姫の世話係は西郷と協力して政治工作を行った

続きを見る

幕末の勤王女傑・村岡局(津崎矩子)篤姫や西郷から信頼された老女とは

続きを見る

 

大奥にはアンチ一橋だらけ

さて、そんな重大なミッションと元に大奥へ乗り込んだ篤姫ですが……。

「ここでお世継ぎの問題を持ち出す必要があっとでしょうか?」

篤姫はそんな心境に至ります。

篤姫自身も、夫の家定も若い――このままなら、後継者を決めなくても、自分たちで子作りができるかもしれないと思い始めたのです。

これは、後継者問題を持ち出す空気じゃない。

そう感じた篤姫は、姑の本寿院に相談します。

家定にとって、信頼のおける相談相手は母親であったのです。

「そうねえ。あなたたちまだ若いしねえ。頑張れば子供くらい作れそうよね。そうでなくたって慶喜みたいな、いい歳した男を養子にするって言われてもホラ……ねえ。そんな話持ち出しちゃ駄目よ。夫婦中にひびが入っちゃうから」

「そうですよねえ」

篤姫も納得してしまうわけです。養子はどちらにするか以前に、養子の話自体が鬱陶しい。

納得です。この嫁と姑の見方は一致しているわけです。

「養子問題云々より、家定の気持ちが一番大事でしょ」という、政治的なところから離れた、母として妻としての優しい気持ちでした。

本寿院も、家定も、後継者問題など聞くのも嫌。

孫の顔を楽しみにしている本寿院です。

特に本寿院はじめ、大奥の実力者である瀧山、歌橋も、アンチ水戸でした。

本寿院は一橋慶喜を跡継ぎにするくらいなら、自害するとまで口にしていたほどです。

こうした本寿院に強く反論できない篤姫の態度は、幾島や西郷隆盛ら、彼女にいる周辺の人を苛立たせることになりました。

幾島や西郷隆盛は、舌打ちして本寿院に対して、「あんばばあ、余計なこっお言いやがって」と悪態をつくのはありそうだと思います。

しかし、篤姫自身はむしろ、難しい自分の立場を察して、政治抜きに夫婦視点からアドバイスしてくれる、優しいお姑様と思ってもおかしくはないかな、と。

 

本寿院vs篤姫の嫁姑バトルはありですか?

さて、長くなりましたが、この問いに答えをそろそろ出しましょう。

【本寿院vs篤姫の嫁姑バトルはありなのか?】

創作としてはありですが、歴史的には好ましくないと思います。

理由は以下の通り。

・篤姫は一方的にやられるような性格ではない

・互いに憎しみ合う理由は、実はさほどない

・二人の対軸は政治的なものであって、昭和のホームドラマ的な「嫁いびり」とは別物

・二人の関係は良好だった

というところです。

我が子に先立たれ、明治維新という動乱を迎えた本寿院と篤姫。

二人はともに江戸城を出て、大勢いた女中にも暇を出し、つつましく暮らしました。

そして本寿院は明治18年(1883年)に亡くなります。

享年79。篤姫の死から2年後のことでした。

あわせて読みたい関連記事

徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

江戸時代以前の乳幼児死亡率が異常なのはナゼ? 大名家の子も多くが亡くなった

続きを見る

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

島津斉彬50年の生涯まとめ! 西郷や大久保らを育てた開明派の生き様

続きを見る

徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想……篤姫の夫として期待されるも

続きを見る

阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊! 勝を抜擢した老中の実力

続きを見る

篤姫47年の生涯~薩摩島津家に生まれ 最後は芯から徳川家として生き抜いた

続きを見る

徳川綱吉は犬公方どころか名君だ! 暴力排除で江戸に倫理を広めた人格者

続きを見る

徳川家斉~子どもを55人も作った11代将軍は目立たぬけれどキテレツな御仁

続きを見る

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

徳川家茂(徳川慶福)勝にも認められた文武の才~徳川14代将軍の実力とは

続きを見る

女丈夫と呼ばれた幾島~篤姫の世話係は西郷と協力して政治工作を行った

続きを見る

幕末の勤王女傑・村岡局(津崎矩子)篤姫や西郷から信頼された老女とは

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『女たちの幕末京都』辻ミチ子(→amazon
『別冊歴史読本 天璋院篤姫の生涯』(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)