幕末・維新

外国人初の富士山(フジヤマ)登頂を果たしたのは幕末英国人オールコック!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
外国人初の富士山登頂
をクリックお願いします。

 

神の山で鉄砲を撃ち 雪でシャンパン冷やします

いよいよ富士山に到着。

山小屋での寝泊りはノミなどのせいであまり居心地が良いとはいえなかったようです。

登山道を四時間歩いたり、彼らの体力や根性がうかがえます。

イギリス貴族って知的なイメージが強い気がしますが、意外にガテン系というか肉体労働もきっちりこなすんですね。

しかし、手放しで喜んでいられないこともありました。

特に富士山頂に到着した彼らの行動が、いささか奇天烈というか。

「イギリス国旗を掲げた」

「礼砲としてピストルを撃った」

「(ヴィクトリア)女王陛下の健康を祝して、その場の雪でシャンパンを冷やして乾杯した」

だったそうで……彼らとしては色々と敬意を表しての行動だったようですが、同行した幕府の役人はさぞかし困ったことでしょう。現代だったらパリピ認定されそうな振る舞いです。

一方、富士山の景観についてはベタ褒め。

青い海や、澄み渡る空、そして谷から海へ流れる川の様子などに心を奪われ、「我々の苦労は十倍も報われた」と言ってます。

さらには「日本人は美しい富士山があることを誇りに思えよ!」だなんて、いささかツンデレ気味な態度をしております。

オールコックは1864年(元治元年)頃にイギリスへ帰りますが、彼や周りの人が書いた記録によって、富士山の景観等に憧れを抱くヨーロッパ人が多くいたようです。

 

イギリス山岳会の雑誌にも寄稿

特に影響を与えたのが、同じくイギリス人の宣教師ウォルター・ウェストンでしょうか。

彼は富士山だけでなく日本アルプス等も踏破し、イギリス山岳会の雑誌にも寄稿しています。

「日本アルプス」の呼び名も、彼が「飛騨山脈をはじめとした山々は、日本のアルプス山脈と形容するにふさわしい」と絶賛したことからついたものだそうで。

そんな険しい山々にもかかわらず“厳冬”の中で踏破した戦国武将・佐々成政の精神力ってマジぱねぇ……。

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

東京五輪2020は延期どころか開催自体が危ぶまれています。

しかしコロナ禍の恐怖が過ぎ去れば、また海外からの観光客は増え「フジヤマ」への登山客も増えるでしょう。

美しい富士山で心癒されるのに国籍は関係ありませんし、皆さんで楽しんでいただきたいですね。

もちろん山頂でシャンパン飲んだり、鉄砲撃ったりはご勘弁ということで。

あわせて読みたい関連記事

ラザフォード・オールコックの功績~幕末維新の日英関係に欠かせない

続きを見る

幕末の訪日外国人は日本にガクブル!? 銃でも勝てない日本刀も切腹もヤバすぎ

続きを見る

ニッポン大好き幕末外交官アーネスト・サトウ「佐藤さん」ではございません

続きを見る

日本文化を愛しすぎ“漫画”と呼ばれたフェリクス・マンガ・ヤシェンスキ

続きを見る

徳川家茂(徳川慶福)勝にも認められた文武の才~徳川14代将軍の実力とは

続きを見る

生麦事件~そしてイギリス人奥さんは頭髪剃られ 薩英戦争で友情生まれる

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

ペリーじゃないよハリスだよ! 日米修好通商条約を結んだアメリカ人って?

続きを見る

日本に骨を埋めたエドウィン・ダン~北海道畜産業の父となった米国人

続きを見る

明治天皇や西郷の肖像画を描いたキヨッソーネ あの写真は彼の絵だった!

続きを見る

元祖ニッポンダイスキ外国人、大集合!レオン・ド・ロニーが第一人者?

続きを見る

源氏物語&枕草子を英訳したウェイリーと古事記英語版のチェンバレンが凄い!

続きを見る

シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日していたとは……

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
宮永孝『オールコック英公使 : 富士山に登ったヨーロッパ人第一号』(法政大学学術機関リポジトリ
ウォルター・ウェストン/wikipedia

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)