伊達宗城/wikipediaより引用

幕末・維新

幕末の名君と名高い伊達宗城〜政宗子孫の宇和島藩主は心中測れぬ傑物?

文政元年(1818年)8月1日は、宇和島藩八代藩主・伊達宗城(むねなり)が生まれた日です。

幕末の名君と名高い人物であり、「幕末の四賢侯」の一人にも数えられております。

【幕末の四賢侯】

福井藩第14代藩主
松平慶永松平春嶽

土佐藩第15代藩主
山内豊信(山内容堂)

薩摩藩第11代藩主
島津斉彬

宇和島藩第8代藩主
伊達宗城

姓からお察しのとおり、血筋を辿れば戦国一のお騒がせ大名・伊達政宗につながり、つまりは最初に伊達氏を名乗った朝宗まで遡れますので、仙台藩だけでなく宇和島藩も鎌倉以来の名家ということになりますね。

では、藩主になってからの本人の足跡を追ってみましょう。

 

人を見る目に優れていた伊達宗城

26歳で藩主の座を引き継いだ宗城は、まず他の藩と同様、火の車だった藩政を立て直すために奔走。

木蝋(もくろう・漆の実から採れる蝋)の専売化や石炭の埋蔵調査などを行い、藩の収入をより豊かにしました。

また、宗城のスゴイところの一つに、人を見る目が優れていたという点があります。

このころ長州から大村益次郎を招いており、蒸気船の製造を命じて、日本人だけで初めて西洋と同じ船を作らせました。

益次郎を選んだのは「医者ならオランダ語が読めるから、西洋の技術書も読めるだろう」という理由だったとか。そりゃそうですけども、結構な無茶ぶりですよね。

この辺の思い切りの良さというかウルトラCな思考回路は、さすが政宗の子孫という気がしなくもありません。

靖国神社で銅像になっている大村益次郎(村田蔵六)って何者なんだ?

続きを見る

ついでに言うと、このとき蒸気機関を作ったのは宇和島城下の提灯職人だったそうで、史上稀に見る無茶振りです。

その一方で日本初の女医・楠本イネ(シーボルトの娘)も保護していますから、目の付け所は確かなんですよね。

楠本イネ~父はあのシーボルト~日本初の女医が歩んだ茨の道とは?

続きを見る

シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日していたとは……

続きを見る

シーボルト事件はナゼ起きた? 地図を交換した高橋景保はどうなった?

続きを見る

 

一橋慶喜が将軍になれず、釣られて失脚

さて、宗城は別に地元で無茶苦茶ばかり言っていたわけではありません。

傾き始めた幕政に関しても積極的に意見し、島津斉彬らと並んで「四賢候」と並び称されました。

が、外から口を出したような形ですから、幕閣からのウケはあまり良くなかったようです。

十三代将軍・徳川家定の後継には一橋慶喜(後の十五代将軍)を推し、あいにく徳川家茂が十四代になったため、家茂の就任時に隠居謹慎を言い渡されてしまっています。

徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想……篤姫の夫として期待されるも

続きを見る

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

徳川家茂(徳川慶福)勝にも認められた文武の才~徳川14代将軍の実力とは

続きを見る

このとき七代藩主・宗紀が宗城を養子に迎えた後にもうけた子・宗徳に家督を譲っていますが、藩政の実権は依然として宗城にありました。

心情や経緯は違うでしょうが、上杉鷹山も似たようなことをしていましたね。

上杉鷹山の借金返済計画がマジで凄い! 江戸の改革王が巨額の赤字を立て直す

続きを見る

というか幕府の「お前気に入らないから隠居しろ」(超訳)っていうテンプレな対応もどうなんだという気がします。

実質が伴ってなかったら意味ないですよね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.