ペリー来航/wikipediaより引用

幕末・維新

訪日外国人は見た驚いた! 幕末ワンダーJAPANの文化・風習・生活とは?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
幕末の訪日外国人が見た日本
をクリックお願いします。

 

先祖返りしたいかも? 幕末クールジャパン

当時の西洋人の記録を見ていると、残念ながら現在は失われたかもしれない美徳も記録されております。

◆子供への深い愛情

西洋人が驚いたことは、日本の子供の幸福な状況でした。

大人たちは好きなおもちゃを買い与え、大事に育てていたのです。

日本人ほど子供を愛することはない、と驚かれたほど。

これは、日本が恵まれていただけではなく、西洋の児童労働が過酷であったこともあるかもしれません。

当時のイギリス少年水兵、少年の煙突掃除人の不幸な状況は、以下の記事からご覧になれます。

救貧法
人がゴミのようだ!った英国「救貧法」地獄のブラック労働どんな職があった?

続きを見る

◆動物愛護大国

来日西洋人が唖然としたことのひとつに、日本猫が鼠を捕らないことがあったそうです。

「なんだこの猫は。ごろりと寝ているばかりで、可愛がられているじゃないか」

『浅草田甫酉の町詣』歌川広重/wikipediaより引用

魔女の手先とされ、西洋では処分されたこともある猫。

その恐怖が終わった後も、今度はネズミ獲りばかりに使われる。

一方で日本の猫は、愛玩対象として、生活をエンジョイしておりました。

ろくに鼠も獲らず、豪華な首輪を付け、主人からヨシヨシと可愛がられるばかり。

篤姫の愛猫なんか、確かにセレブライフの極みでございます。

サト姫(篤姫の猫)が贅沢だ!幕末の大奥で自由恋愛できた唯一の存在

続きを見る

篤姫(天璋院篤姫)
薩摩に生まれ 将軍に嫁ぎ 最後は徳川の女だった 篤姫47年の生涯まとめ

続きを見る

西洋人の悪童は、石を投げつけて遊ぶこともあった犬。

しかし、日本の犬は人々から可愛がられ、そんなこともありません。

首輪に現金を付けた犬が、お伊勢参りできたほどですからね。

犬のお伊勢参り
人に代わって犬が旅!? 犬のお伊勢参りが江戸時代に意外と流行ってた

続きを見る

外国人にとっては「動物愛護大国なんだなぁ!」と感嘆するほど、江戸時代の人間と動物の関係は良好でした。

これはナゼか?

かつては、犬を弓矢で射る【犬追物】もあったほどです。

何か改革あったの……?と言えば、ご存知ですよね。

生類憐れみの令】です。

生類憐れみの令
生類憐れみの令は日本人に必要だった?倫理観を正した“悪法”に新評価を

続きを見る

この動物愛護傾向は、その後も続いてきたのか?

というと、残念ながら明治以降に途切れてしまいます。

西洋犬を飼うことがステータスシンボルになった代わりに、飼い主不明の日本犬は駆除対象となり、大量処分。

そして戦時中は、供出対象とされてしまいます。

結果、日本原産犬は絶滅種も出たほどで、現在残っている日本犬はわずか11種(純和犬6種+日本原産5種)です。

なぜ和犬(全国の地犬)は絶滅寸前まで追い込まれた?維新と戦争の弊害

続きを見る

そして今なお日本は、残念ながら動物愛護大国とは認定されておりません。

日本で行われている犬猫の生体販売も、動物愛護が進んだ西洋の国から見ると、ショッキングなものだとか。

江戸や幕末の智恵を取り戻し、もう一度動物愛護大国を目指すのもありではないでしょうか。

 

クールなエコ愛好

西洋人からすれば、日本の高温多湿も興味深かったようです。

地震や火山が多い点についても理解が足りない部分もチラホラ。

ですから、紙や木造が多い建築も、

「カッコイイ!」
or
「なんかキモい!」

で意見が分かれていました。

そんな中、注目されたのがエコロジーな共存生活です。

盆栽や、狭くても家に庭を作る風習が素晴らしいと絶賛されたのです。

「こんなふうに緑とふれあう、それもありか」というわけですね。

イギリスはじめ、西洋諸国は緑とのふれあいを重んじますから、こういう手もありなのかとさぞや感心したのでしょう。

確かに身近な緑を愛でる傾向、現代社会にこそ必要と思えますよね。

ここも江戸の智恵に学んでよいですよね!

いかがでしょうか。

教科書にはなかなか載らない、当時の反応です。

明治政府が西洋文化を取り入れたことで、失われてしまった部分もあります。

本当の日本らしさ、江戸以前の日本らしさについて想像をめぐらせ、先祖返りしたほうが幸せなこともあるかもしれませんね。

個人的には、江戸自在以前の露出度アリになれば、夏でもかなり涼しいかもと思ってしまいます。

あわせて読みたい関連記事

文久遣欧使節団
あの福沢も苦労した文久遣欧使節団の洋食事情 マズい!醤油をもう一杯!

続きを見る

中国四大美人の伝説&史実まとめ 西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃の美とは

続きを見る

楊貴妃が愛する皇帝に殺されるまで 世界三大美女の一人に起きた悲劇

続きを見る

相撲の歴史は意外の連続 1500年前に始まり明治維新で滅びかけていた

続きを見る

英国温泉街バースはセレブと恋の世界遺産~小説家オースティンにも影響を

続きを見る

薩摩の食文化
薩摩の食文化は彩り豊か~唐芋・豚肉・焼酎・菓子など異国情緒な食卓

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

近藤勇
近藤勇が新選組で成し遂げたかったこと 関羽に憧れ「誠」を掲げた35年

続きを見る

樺太の歴史は“無関心の歴史” ゴールデンカムイの舞台に刮目だ

続きを見る

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

救貧法
人がゴミのようだ!った英国「救貧法」地獄のブラック労働どんな職があった?

続きを見る

サト姫(篤姫の猫)が贅沢だ!幕末の大奥で自由恋愛できた唯一の存在

続きを見る

篤姫(天璋院篤姫)
薩摩に生まれ 将軍に嫁ぎ 最後は徳川の女だった 篤姫47年の生涯まとめ

続きを見る

犬のお伊勢参り
人に代わって犬が旅!? 犬のお伊勢参りが江戸時代に意外と流行ってた

続きを見る

生類憐れみの令
生類憐れみの令は日本人に必要だった?倫理観を正した“悪法”に新評価を

続きを見る

なぜ和犬(全国の地犬)は絶滅寸前まで追い込まれた?維新と戦争の弊害

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『欧米人の見た開国期日本―異文化としての庶民生活』(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-