岩瀬忠震

日米修好通商条約を交渉したハリス(左)と岩瀬忠震/wikipediaより引用

幕末・維新

スゴ腕の幕臣・岩瀬忠震がハリスを圧倒!日米修好通商条約 締結の裏側

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
岩瀬忠震
をクリックお願いします。

 

親切なオランダの皆さん

そしていよいよ大本命、アメリカからハリスがやって来ることになりました。

ペリー来航による日米和親条約は、軽いジャブでして。

本格的な細かい条件は別の使節を送るから準備しておいてね♪というのがアメリカ側の態度でした。

それが本気であったのは、幕府との交渉を円滑にすすめるためヒュースケンを連れて来たことからも明らか。彼はオランダ語のできる通訳でした。

幕府としても、いよいよ「本気でやらんとな……」と焦ります。

もちろん相応の準備(下調べ)もしておりました。

直前の安政3年(1856年)。

岩瀬は、オランダ人ファビウス船将から非常に貴重なアドバイスをもらっております。

長崎出張の際に夕食を採りながら、心ゆくまで語り合ったのです。

「岩瀬さん。これからは、開国して貿易しなきゃ駄目ですよ。あと踏み絵のような屈辱的な慣習も、やめるべきです」

「そうなんですか。でも、日本には輸出できるものなんてありませんからね。鉱山を掘り尽くされて、南米みたいになると困りますから」

岩瀬は、南米の国々がスペインによって収奪された、その轍は踏むまいと警戒していました。

「それは鉱山技師の問題ですね。よい技師がいれば、疲弊はしないものです。なんならオランダから技師を派遣しますよ」

「それはありがたい。銅の輸出を望んではおられますか?」

「そうですねえ、それは比較的産出量が多いから、そう思えるのかもしれませんね。これからは、鉱物資源に頼るのではなくて、蝋燭、麻、樟脳を生産すれば、いい輸出品になりますよ。漆器なんかも、まあ上流階級では人気ですが、買える人は限られているので、イマイチですね」

「よくわかりました。ところで、オランダ以外、英米あたりとも貿易はできるものでしょうか?」

「貿易とは距離じゃない。企業精神の問題です。オランダ国王は、自国の利益よりも日本のよりよい今後を考えて、鎖国を続けるよりも、様々な国と貿易すべきだと勧告しているのです」

「ほほう……」

ファビウスの親切で丁寧な言葉に、岩瀬は感銘を受けました。

貿易が国を豊かにするという可能性に、心がワクワクしてきたのです。

実は幕臣たちも、ペリーから既に珍しいものをもらっております。

例えば蒸気機関車の模型。これにまたがって大喜びでした。

彼らは警戒感や攘夷の気持ちもありましたが、それ以上に、新しい文物に対するワクワクがあったのです。

ペリーが持ち込んだ蒸気機関車の模型/wikipediaより引用

親切だったのはファビウスだけではありません。

長崎在住オランダ領事ドンクル・キュルチュスは、幕府に対して警告書を送ってきました。

ざっと意訳しますと、こんな感じです。

【安政2年(1856年)から始まったアロー号事件(第二次阿片戦争)。

なぜ、このような悲劇が起こったのでか?

この事件から、日本はどうふるまうべきか考えてみてはいかがでしょうか。

これは、清国が何でも一旦は拒絶してから、押し切られて許可する――という悪癖を持っていたからなのです。

このせいで、相手は「力推しすれば無茶も通る」と思ってしまうわけなんですね。

条約を結ぶことに警戒心はあるでしょう。まず、結んでしまいましょう。

細かい条件は、あとで修正していけばよいのです。

うるさく言わないで、ともかく受け入れる。これが大事です。寛大さこそが、身を守るのです。

ともかく、戦争とは些細なきっかけで起こります。

自分の力のほどを知りましょう!

日本は長らく戦争の機会がなく、しかも四方が海に囲まれていますから、一旦戦争になったら大変なことになります。

清国のことを他山の石として、もう一度日本のこれからを考えてはみませんか。】

マトメますと、

・条約をともかく拒否すると、相手が力づくで来るキッカケになる

・条約内容が気に入らなければ、交渉すれば変えられる

・軽挙妄動が戦争を招きかねない、ともかく慎重に!

といったところでしょう。

幕府にとっては耳に痛い話ではありますが、確かにその通りです。

ここまで厳しくも実用的なアドバイスをしてくれたオランダ人。なんだか裏がありそうなようでいて、実際、親切でした。

 

迫られる転換点、岩瀬の雄大な構想

なぜ日本が植民地にされなかったか?

破滅的な目にあわなかったか?

理由は色々あるでしょうが、清の失敗を反面教師としたことや、オランダのアドバイスのおかげもあるでしょう。

老中・堀田正睦は「こりゃ開国しかないな」と決めます。

堀田正睦は優秀な開明派!しかし幕府と朝廷の板挟みで苦しんだ 55年の生涯

続きを見る

しかもプラス方向に考えたのでした。

「外国人を嫌い、やたらと攻撃的になるのは、時勢としても、道徳的にも、間違っている。交易をして、新しい知識を吸収すれば、日本人には優れた可能性もあるんだし、強くなって世界でも羽ばたけるかもしれないぞ!」

そんな堀田に対して、岩瀬は具体的な提案をします。

・西洋事情を探索させるべく、人を派遣する

・国内の港の法令を整備して、関税を決める

・外国と貿易を始めて、各地の大名にも特産品を作らせ輸出し、利益を出す

・外国人の出府(江戸へ行くこと)を許して見聞を広める

・条約を結んだ国に大使を派遣し駐在させ、留学生も派遣する

・日本から世界各地に向かって、輸出の利益を高める

・世界でも信義ある国と同盟し、孤立していて弱い国は助ける

・国民をより一層鍛錬し、北海道を開拓し、我が国の道徳心で西洋の貪欲な植民地支配を改めさせ、五大洲中の一帝国を目指す

どうでしょう?

海外から見ても恥じない国作りを目指す――そんな気概に溢れていませんか?

このあたり、実は明治新政府の方針と同じなんですよね。

後に明治新政府を作る人々が「攘夷だ! 外国人ぶっ殺す!」と湧き上がっている頃、岩瀬はここまで認識していたのです。

しかし、国内においては彼のような人物は少数派。

「異人の言いなりになる幕府め!」と、憎悪を募らせる人々であふれていたから、大変なのです。

 

あの斉昭すら納得させた岩瀬の開国論

岩瀬にとって邪魔になったのは、他でもない水戸藩の強硬な攘夷論者・徳川斉昭です。

「絶対に開国なんてありえん!」

幕閣でも発言力があるこの人が、本当に困りものでした。

徳川斉昭
徳川斉昭(青天を衝け・竹中直人)の史実は幕府を揺るがす問題児?【慶喜の父】

続きを見る

ここで阿部は、妙案を思いつきます。

「暴れる獅子には、ボールを与えてパワーを発散してもらおう。悪いけど、ここで彼に造船業というボールを与えて、遊んで貰うのだ」

阿部は斉昭に「軍艦旭日丸を建造してね」と頼んだのです。

旭日丸/wikipediaより引用

この時、実は岩瀬も、斉昭とそのブレーンである藤田東湖を説得しております。

岩瀬の話を聞いていた二人は、ガチガチの攘夷に凝り固まっていた考えを、なんと変えているのです。

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

「今日の外国は、ちゃんと話が通じます。いわゆる夷狄とは違いますよ」

「うむぅ……そうかもしれん。たとえば良家の美女が、べっ別に私はアンタなんかと結婚したくないからね、とツンツンと何度も突っぱねたりする。そういう美女に限って、いざ結婚するとデレデレになってイチャイチャになるとか。我が国も、二百年間ツンツンしていた。そのあとで開国したら、デレデレのイチャイチャになるかもしれんな!」

「そうですよ、その通りなんです!」

何の比喩だよと思いますが、ともかくこの二人も納得しまして、藤田は、斉昭団長とするアメリカ使節団派遣まで計画し、斉昭自身も了解したそうです。

ただし!
ここで非常に間の悪いことに「安政の大地震」で藤田が圧死、計画は流れてしまいます。

安政の大地震
安政の大地震(安政江戸地震)が水戸藩や幕府をダメにした? 天災頻発の幕末

続きを見る

もし藤田が生きて、斉昭がアメリカに渡って、そこでエンジョイしてれば(おそらくハチャメチャに楽しまれたことでしょう)、日本は……少なくとも水戸藩はもっとまとまりがあったことでしょう。

このとき政治力バツグンの阿部も、朝廷工作を行っていたのですが、藤田と同時期に亡くなってしまい、旭日丸が完成してボール遊びが終わってしまうと……またもや狂犬・斉昭が猛然と暴れ出します。

「やっぱり、開国なんてありえん! 貿易なんかしたら日本の富が吸い尽くされるだけだろ! 開国ありえない! 絶対ありえん、ありえんからなーッ!」

さしもの岩瀬も、こんな状況をどうにかできるほどの権限はありません。

日本屈指の外交のエキスパートとして、各国の外交官と交渉するほかありませんでした。

 

ハリスのスピーチ

安政4年(1857年)。

ついにハリスが米国大統領の書簡を携えやって来ました。

沿道には、実に9万5千人もの見物人が集まり、注目を浴びたハリスも満足げです。

ペリーじゃないよハリスだよ! 日米修好通商条約を結んだアメリカ人って?

続きを見る

ハリスは堀田正睦邸に来ると、堂々たる演説を始めました。

長くなりますけど意訳させていただきますね。

【日本の皆さん、こんにちは!

今、世界はかつてないほど狭くなっています。

交易は盛んになり、グローバル化しているのです。ここでその流れに背いても、どの国からも敵視されてしまいます。

我々の望みはあくまで交易であり、かつてのスペインやポルトガルのように、布教をしたいとも考えておりません。

日本は今、危機に瀕しています。

我々の大統領は、日本が阿片で汚染されないか心配しています。

阿片は金銭だけではなく、健全な肉体を蝕み、犯罪を増加させ、社会を根底から腐らせてしまう。このような阿片禍は、イギリスが清国に武力でもって売りつけたためです。

我々アメリカ合衆国はイギリスとは違います。

我々は東洋に植民地を持っていません。ハワイがそうなりたいと思っても、断ったほどです(※このへんは事実とは異なりますが、はったりでしょう)。

このままでは、台湾はイギリス、朝鮮はフランス領にされるかもしれません。

なぜこのようなことが?

それは、条約を結び駐在使を置こうとしなかったからなのです!

かつて、インドもイギリスとの条約を拒み、植民地とされてしまいました。

イギリスは今、ロシアと戦っています。このままでは、満州や樺太を支配し、そこに海軍基地を置こうとするでしょう。

この前、イギリスの将軍と話しました。

清国の次は蒸気船50艘を連れて日本に自由貿易を迫りに行くと、彼は語りました……。

考えてみてもください。

イギリスや他国の野蛮さを。

たくさんの戦艦を連れてきて、開国を迫ります。

しかし、我々アメリカは、このハリスがたった一人で、交渉に来ました。

こんなフェアプレー精神の私と交渉するほうが、名誉あることだとは思いませんか?

先に私と条約を結びましょう。そうすれば、英仏にも連絡を取ります。

自由貿易は素晴らしいのです。

もしあなたの国で飢饉が起これば、外国から食料を輸入できます。

交易すれば、素晴らしい発明品も手に入るんですよ!

しかも輸入品からは関税が取れます。WIN-WINではないですか!

日本は平和が続きました。素晴らしいことです。

しかし、そのため現在では武力で劣ります。無謀な勇気にかられたら、危険なことになります。

我がアメリカと条約を結んだら、日本が危機に陥ったら武器弾薬、訓練のための仕官も派遣します。

日本の皆さん!

アメリカと仲良くしましょう!!】

ハリスに代わってご静聴ありがとうございます。

本演説を要約します。

・イギリスは最低最悪です。逆らうと危険です

・でも我々アメリカは善良で味方です。条約を結んで、仲良くしましょう。きちんと条約を結んで、イギリスの脅威を退けたいですね!

・貿易をきっちりすればむしろお得ですよ! さあ、怖がらないでやってみよう

いかにも怪しげな申し出ではありますが、実は、幕府側でもイギリスを最も警戒してましたので、納得できる話ではありました。

むろん、ハリスの言葉はすべてが事実ではなく、ハッタリや駆け引きもあります。

しかし、居並ぶ幕府閣僚は、その弁舌に圧倒されました。

岩瀬もまた、ハリスの言うことに納得ができました。彼の頭の中は、交易によって利益を得ることで一杯です。

岩瀬は渋る幕閣を説得し、下田奉行・井上清直と共に、ハリスとの交渉に入ることを決めたのでした。

 

我々は皆同じ、天地の間の人

後年、ハリスは、岩瀬・井上との交渉をこんな風に振り返っております。

「私はアメリカの利益も計ったが、一方で日本の利益も損じないように努力した。

治外法権に関してはあの時点では仕方なかったが、自分も岩瀬も意図的に不平等にしたのではない。

関税は、私は自由貿易主義者だが、日本のためを思い、平均20パーセントとした。酒・煙草は35パーセントと重くした。

(中略)

議論のために、私の草案や原稿は真っ黒になるほど訂正させられ、主立った部分まで変えることすらあった。

このような全権委員(岩瀬と井上清直)を持った日本は幸福である。

彼らは日本にとって恩人である」

あれっ??? と思いません?

ハリスらアメリカ人は、強引に、自分たちに都合のいい条件を押しつけ、幕府がハイハイ黙って頷いていた――わけではありません。

むしろ真逆。

ハリスはしばしば、岩瀬に反論され、答えに窮することすらありました。

岩瀬に堂々と論破説得され、条文を何度も改めることになったのです。

日米修好通商条約/photo by World Imaging wikipediaより引用

岩瀬にしても、ハリスや外国人に対して気遣うようになりました。

ハリスは、攘夷のために日本の治安が悪いことを理解しておらず、しきりに旅行をしたがっていました。それをうまく説得し、身柄の安全確保に気を遣っています。

続発する攘夷事件。

それを見聞きし、ハリスはようやく日本の危険性に気づくことになるのでした。

岩瀬とハリスの間には、偏見や敵意のかわりに、敬意がわいていました。

ハリスはじめ様々な外国人と接するうちに、こう確信するようになっていたのです。

「国は違えど、同じ人間だ。わかりあえないことはない」

時にハリスがヨーロッパ各国のことを悪く言うと、岩瀬がたしなめたほどです。

「ヨーロッパ人も同じ天地の間の人。我々と変わりはないでしょう」

ここまでの国際性を、数年間のうちに身につけた岩瀬。その成長性は驚異的でした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)