薩摩藩は借金地獄

幕末・維新

借金地獄でカツカツだった薩摩藩~武士も農民も生活苦だった事情とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
借金地獄の薩摩藩
をクリックお願いします。

 

それでも格式は全国第二位の大大名なわけで

現代人ならば、身の丈に合った生活レベルに落とすという倹約方法があります。

しかし、大名がそうするわけにはいきません。

「金がかかるので、大名行列を質素にします」というようなことは言えないわけです。

参勤交代と大名行列が超わかる! 期間は? 妻子は? 経済的負担は?

続きを見る

そればかりか太平の世が続くと、だんだんと生活も華美なものへと変貌を遂げます。時代がくだるほどに、大大名にふさわしい装い、贈答品といった生活費用もかかるようになり……ますます財政は逼迫。

享保14年(1729年)には、徳川吉宗の養女・竹姫浄岸院)と、第22代島津家当主・継豊の縁談が持ち上がりました。

島津家としては莫大な輿入れ費用のこともあり、尻込みするのですが、相手は大奥をも味方に付けていまして、断りきれません。

これ以来、島津家と将軍家には婚姻関係が生まれました。

非常に名誉なことではありますが、相手が将軍家ともなれば毎回莫大な費用が嵩むわけです。

名誉や格式とは、金銭面からするとありがたくない一面もあるのでした。

 

度重なる大火も追い打ちをかけた

さらに火災も赤字を悪化させます。

度重なる江戸の火災で、藩邸が焼け落ち復興費用がかかります。鹿児島城下でも、大火が発生しました。

鹿児島の大火

・延宝8年(1680年)

・元禄9年(1696年)鹿児島城本丸焼失

・元禄10年(1697年)

・元禄12年(1699年)

・元禄16年(1703年)

ほぼ毎年大火災が発生しているのではないか――という状況に加えて、薩摩では台風およびその影響による水害、土砂災害も発生するわけです。

明暦の大火では、他藩が藩邸を再建していく中、薩摩藩は着工すらできなかったそうです。辛い、辛すぎる……。

もちろん、薩摩藩も手をこまねいていたわけではありません。様々な財政再建策を行いました。

しかし……。

・海外貿易

鎖国で打撃を受ける

・琉球との進貢貿易

→幕府の長崎貿易が成立すると、制約を受ける

・寛永17年(1640年)山ヶ野山に大金山発見!

→万治2年(1659年)がピークに減少、財政には貢献できず……

このように、いずれも財政を好転させるまでは繋がりませんでした。そして……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-