アーネスト・サトウ

アーネスト・サトウ/wikipediaより引用

幕末・維新

ニッポン大好きな幕末外交官アーネスト・サトウは佐藤さんじゃないけど

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
アーネスト・サトウ
をクリックお願いします。

 

倒幕~日露戦争の時代をナマで見ていた

サトウの来日は幕末でしたので、戊辰戦争その他日本の動乱をつぶさに見ています。

会津降伏後の会津へ行って、殿様の松平容保が東京に護送される様子なんかもシビアに見ていて、領民たちが悪口を言っている様子などを記録に残しております。非常に生々しいです。

戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり、食料奪われ殺害され

続きを見る

途中、一時帰国したり、別の国で働いていた時期もありますけども、概ね倒幕日露戦争まではほぼリアルタイムで情勢を知っていました。

日露戦争の時には北京におり、イギリスへ帰る前に日本へ立ち寄っています。

どう考えても遠回りですが、既に60歳を超えていましたので、行けるときに行きたいと思っていたのでしょうか。

日露戦争
日露戦争になぜ勝てた?仁川沖海戦に始まりポーツマス条約をマトメるまで

続きを見る

 

日本人妻と3人の子供を残すも……

ちなみにサトウは日本人女性・武田かねと事実婚をしており、三人の子供に恵まれています。

次男の武田久吉についてはロンドンで勉強できるように取り計らっていたり、家族と同居することはなかったものの、冷遇一辺倒ではありませんでした。

おそらく感情的な理由ではなくて「外交官=どこへ赴任するかわからない=西洋の生活に慣れない妻子を連れ歩くのはどうよ?」というところだったのでしょう。

ちなみにこの兼さん、洋装姿の写真が残っています。

日本人女性らしいお顔立ちなのにとても似合っているんですよね。こりゃ惚れる。

奥様の武田兼さん/wikipediaより引用

サトウもかなりのイケメンですので、さぞ似合いの夫婦だったでしょうね。

サトウはその後イギリスに帰り、1929年(昭和四年)に86歳の生涯を終えました。

晩年は孤独だったようで、できれば日本に移住したいと思っていたようです。運悪く寿命のほうが先に来てしまい叶いませんでした。

当時は飛行機もなく船旅のみ、イギリス~中国まで一番いい船でも3ヶ月くらいかかっていた時代ですので、老体や病身ではほぼ不可能だったでしょう。

せめて遺品だけでも家族の元に届いていればいいのですが。

みんなが読んでる関連記事

レオン・ド・ロニー
元祖ニッポン大好き外国人たち! レオン・ド・ロニーが第一人者デス

続きを見る

幕末維新の日英関係に欠かせない ラザフォード・オールコックの功績

続きを見る

生麦事件
生麦事件でイギリス人奥さんは頭髪を剃られ 英国vs薩摩に発展する

続きを見る

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害~その後イギリスと仲良くなったのは実益から

続きを見る

徳川家茂
徳川家茂(徳川14代将軍)勝海舟にも認められた文武の才 その実力とは

続きを見る

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志

続きを見る

戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり、食料奪われ殺害され

続きを見る

日露戦争
日露戦争になぜ勝てた?仁川沖海戦に始まりポーツマス条約をマトメるまで

続きを見る

シーボルト事件
シーボルト事件で何が起きた? 地図を交換した高橋景保はどうなった?

続きを見る

アーネスト・フェノロサ
日本文化を救った米国人フェノロサ~法隆寺夢殿で何百年も続いた封印を

続きを見る

ウェイリーとチェンバレン
源氏物語&枕草子の英訳者ウェイリーと古事記英語版のチェンバレンが凄い

続きを見る

日本文化を愛しすぎて“漫画”と呼ばれたフェリクス・マンガ・ヤシェンスキ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
新人物往来社『異国人の見た幕末・明治JAPAN 愛蔵版』(→amazon
アーネストサトウ/wikipedia

TOPページへ

 



-幕末・維新
-, ,