平野国臣

左右いずれも平野国臣の肖像画/wikipediaより引用

幕末・維新

溺死寸前の西郷を救った平野国臣~福岡藩のコスプレ志士は幕末の傾奇者

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
平野国臣
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

桜島より熱い男

安政の大獄以来、平野もお尋ね者となっていました。

しかし、本人はどこ吹く風で意気軒昂。

井伊直弼の暗殺事件である【桜田門外の変】についても、一枚噛んでいました。

桜田門外の変
桜田門外の変がわかる&意外な事実→井伊の首を取ったのは薩摩藩士だった

続きを見る

薩摩で、計画を練る会合に参加していたのです。

そして井伊直弼の暗殺成功を知ると、祝杯をあげました。

しかし、このことを知って驚愕したのが福岡藩です。

福岡藩は、急いで平野の捕縛を命じ、彼はまたも追われる身の上となってしまいます。

平野は薩摩に逃げ込みました。

が、責任者の島津久光は冷淡そのもの。頼みの綱である大久保も、久光の意を受けているのか、動こうとはしません。

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~幕末薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

平野は失意のまま、薩摩を退去します。

久光は、藩内を引き締め、暴走しそうな行動には目を光らせる主君であったのです。

平野は、去り際にこう詠みました。

我が胸の 燃ゆる思ひに くらぶれば 煙はうすし 桜島山

とはいえ、これで平野と薩摩の縁が切れたわけではありません。

この後も平野はたびたび薩摩に潜入、著書『尊攘英断録』を大久保に渡してもいます。

文久2年(1862年)の【寺田屋事件寺田屋騒動)】では、薩摩藩過激派と連携して行動しようとするも失敗し、危険視された平野は福岡藩の牢に入れられるのでした。

寺田屋事件(寺田屋騒動)
寺田屋事件(寺田屋騒動)で起きた薩摩の惨劇 1862年の久光vs新七

続きを見る

 

生野の変

文久3年(1863年)、平野はようやく福岡藩より解放されました。

時は尊王攘夷派巻き返しのターン。

公家と手を組んだ長州藩が、京都で天誅を起こす――そんな時期です。

しかし、情勢は一転します。

【八月十八日の政変】によって、長州藩と彼らの味方である公家が追放されたのです。

このとき平野は、大和で蜂起しようとしていた「天誅組」阻止のため、京都を離れていました。

急報を聞いて京都に駆けつけると、尊王攘夷派は壊滅状態。

平野は都落ちした七卿の一人・沢宣嘉(さわのぶよし)を奉じ、但馬・生野で挙兵します(「生野の変」)。

沢宣嘉/wikipediaより引用

平野は、年貢半減を掲げて農民を動員しようとしますが、警戒して雇用まではしません。そしていつの間にか沢が姿を消してしまいます。

なんてことはない。準備不足で、かなり無理のある挙兵だったのです。

そんな調子ですから、乱はあっという間に鎮圧され、平野は捕縛されてしまいました。

かくして京都の六角獄舎につながれた平野。

元治元年(1864年)7月に発生した、「禁門の変」に伴う火災が、彼の運命を決めます。

囚人が逃亡して治安を乱すことをおそれた幕府大目付は、平野を含めた30名を斬首したのです。

「憂国十年 東に走り西に馳せ 成敗天に在り 魂魄(こんぱく) 地に帰す」

辞世を詠んだ平野は、首をさしのべました。

享年37。

処分未決のまま最期を迎えたのでした。

みんなが読んでる関連記事

黒田官兵衛
黒田官兵衛は秀吉の軍師に非ず!59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

黒田長政
官兵衛の嫡男・黒田長政とは? 偉大な父を持つ二世の苦悩 56年の生涯

続きを見る

鎌倉武士
鎌倉武士はどんな生活していたか? 衣食住・武芸・刀剣甲冑の事情マトメ

続きを見る

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯まとめ

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る! 誕生から西南戦争まで49年の生涯とは

続きを見る

大久保利通(大久保一蔵)
大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】紀尾井坂に斃れた西郷の親友

続きを見る

白石正一郎
西郷や高杉が頼りにした尊皇商人・白石正一郎~新政府には見捨てられ

続きを見る

井伊直弼
井伊直弼は誤解され過ぎな実力派!引きこもりから桜田門外に散るまでの46年

続きを見る

安政の大獄
井伊が【安政の大獄】を実行した理由!ドロ沼の政権抗争を終わらせるため

続きを見る

月照
月照はなぜ西郷と共に入水自殺した? 京都・清水寺住職の過酷な運命

続きを見る

桜田門外の変
桜田門外の変がわかる&意外な事実→井伊の首を取ったのは薩摩藩士だった

続きを見る

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~幕末薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

寺田屋事件(寺田屋騒動)
寺田屋事件(寺田屋騒動)で起きた薩摩の惨劇 1862年の久光vs新七

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
奈良本辰也編『明治維新人物辞典 幕末篇』(→amazon
泉秀樹『幕末維新人物事典』(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-