西郷どん感想あらすじ

『西郷どん』感想あらすじ視聴率 第44回「士族たちの動乱」

地元のツレの誘いじゃないんだから

明治7年(1874年)。
佐賀の乱がイキナリ勃発!

なんじゃこりゃ。
ひどすぎる。士族反乱に至る経緯が全然わからない。

『花燃ゆ』の士族反乱も時代考証がめちゃくちゃで悶絶したのですが、本作もハンパじゃない手抜きをした上に、とにかくワケがわからない描き方です。

江頭が西郷の元までやってくる場面もすごかった。

佐賀から来るのがあまりに簡単気軽。
夜中に酔っ払った地元のツレが、「よー、さいごー、飲もうぜー」ってご近所感覚でホイホイ来てるようだ。

佐賀の乱だぞ。

江藤新平/wikipediaより引用

そもそも西郷どんでの西郷隆盛が無能なあまり、いざというとき頼りにする連中までアホに見えてくるんですよね。

大久保がノリノリで江藤晒し首にしたという描写は、やりすぎっちゅうか……。
なんでもかんでも大久保が悪い――そんな風に誘導しているのが痛々しい限りです。

このドラマ、薩摩を描いておきながら、薩摩に全力で喧嘩売っておりますよね。
薩摩の英雄は西郷だけだと思っていますか?

呆れ果てていると、大久保の妻妾同居問題という、心の底からどうでもエエ話が挟まります。

なんで本作はそんなに妾をアピールするんですか?
必要以上に妾を隠すのはおかしいですが、かといって、がんがんアピールされたって白けるだけなんですよね。

そもそも大久保の話ですし。

 

畑仕事も描きようなんです

鹿児島に戻った西郷どんは畑仕事もしておりました。
そういえば『花燃ゆ』でも畑仕事アピールされて脱力したことを思い出しました。

いや、大河で畑仕事が悪いわけじゃないんです。
『おんな城主 直虎』はよかった。井伊直虎は国衆(国人)ですから土地との結びつきは強く、避けられない描写であって、しかも綿栽培なんかは史実にも沿った大事な話でありました。撮影も素晴らしいロケ地で行われておりました。

かたや西郷は、取ってつけたようにしか見えない。
しょぼいスタジオ撮影ってのも良くないですよね。だったらやらなきゃいいだけなんですよ。

それを言うなら、江藤新平の晒し首に怒った連中が、銃をバカスカ撃ち始めるシーンも痛かったですね……。

新島八重さんに、
「やめっせ、銃は人の命を奪うものだがらし! その覚悟もねえのに、銃を手にしではいげね」
とか説教して欲しいなぁ。

とにかく西郷どんで狂った幕末維新のお勉強は『八重の桜』で補正を入れておくと良さそうですね。

 

友人のコネで税金投入させるって良い話なの?

このあと、西郷どんが士族の学校を作ると大山に言い出しにゆきます。

もう、比較するのも嫌気がさすんですけど、『八重の桜』で描かれた明治人の教育熱と比べると、ただただ酷いとしか……。

村田新八も出て来るのですが、川路と見分けがつかないため、ちょっと混乱しました。

村田新八/Wikipediaより引用

【関連記事】村田新八

明治時代人らしく髭にするのはいいんです。
見分けのこと、考えましたか?

あと村田の音楽アピールは要らないなぁ。
それは西南戦争の時にチラ見せして、涙を誘うくらいでエエ。

西南戦争にいたる政治情勢を無視して、妾、子役、入浴、雑談!!
見分けのつかない若者が西郷どんを褒めるシャウト。

ここで、大山が県の予算を使って学校を作ることをエエこと扱いしているんですけど、ちょっと意味がわからないッス。

大山格之助(大山綱良)修羅の剣!西郷どんで北村有起哉さん演じるジゲン流の達人とは?

友人の学校のためにしこたま税金を投入する。
『八重の桜』総集編を鑑賞後だと、リアルにワナワナ震えてきます。

新島襄「あれだけ頼んでも同志社は駄目出しされたのに」
新島八重「薩摩はゆるせねえ……」

当時って出身者が好き放題しないよう、県令は地元以外の人間を任命しておりまして。大山のこういう行動は問題視されても仕方ない。

 

突然やってきた覆面男の殺陣アピール

そこで菊次郎が戻ってきます。
どうでもエエ。

そして、やってきた正体不明の覆面男と、唐突な殺陣。
賊が入ってきたようです。

なんか突然気合いの入った殺陣ですけど、えぇと、急にどうしたどうした?

正体は、桐野でした。
自顕流をアピールしております。

が、一撃必殺を身上とした流派の特徴も出ていないし、真剣を振り回す危険性なんて考えておりませんよね?

薩摩示現流&薬丸自顕流の怖さ、知ってます? 新選組も警戒した、一撃必殺「一の太刀」

ガチの幕末剣士は、むしろこんなくだらないことでアピールしないでしょ。
ラストシーンで、モブその8くらいの存在感である川路が、密偵を増やせと大久保から頼まれました。

西南戦争までの流れ、わかりましたか?

「まったくわからん!!」(真田昌幸顔で)

 

総評

今週も酷かった。
わかっていたけど、酷かった!

西南戦争への道のりという、難しい描写ができるわけがないですよね。はっはっは!

さて、そんな大河ファンの死屍累々っぷりに定評のある『西郷どん』。
しかし、実は見所があるんです!

それは視聴率です。

西郷どん視聴率

最近は
「二桁キープできましたね!」
という見出しも目立つ本作です。
二桁キープの陰で、本作はとある路線を爆走しております。

それはあの『花燃ゆ』でも成し遂げられなかった壮挙!
いや、実は達成しているんですけど、小数点を切り捨てているせいでわかりにくいんですけどね。

それは
【大河ドラマ史上最低視聴率】
ですッ!

大河ドラマ「花燃ゆ」平均視聴率12.00%で平清盛を下回る! 男爵夫人と共に「最低大河」の栄誉を……

あの『花燃ゆ』ですら、こうして見返すと、グンマー不倫編突入しても13パーセントを達成したんだなあ、という気分になります。

もう一つあります。

50万人という入場者数が厳しいという本作の大河ドラマ館。
『花燃ゆ』は、複数箇所トータルで52万人を達成しております。

もう、狙っていきましょう。大河史上最低作品を!!

そういえば『花燃ゆ』は、えげつないほど紅白歌合戦で無視され、『真田丸』関連のゲストが揃っておりまして。

「もうあれは忘れて来年にご期待ください!」
そんな空気をビンビンと感じましたね。看板番組なのに、惨いことでした……2013年の紅白は、『八重の桜』主演の綾瀬はるかさんが司会者だったというのに。

「今年の大河? 何の話でしたっけ?」
そんな状態でしたからねえ。

昨年は審査員に高橋一生さんがおりましたね。
『わろてんか』にも出演中でしたけれども、なんといっても政次フィーバーでしたからね!

まぁ、なんで大晦日に『西郷どん』を思い出さねばならんのじゃ、と思いますので今年もスルーでお願いしますよ。
いらん。

『いだてん』に期待しております。

ちょうど本サイトでも
大河『いだてん』キャスト
記事が発表されておりましたので、よろしければご覧くださーい。

※『西郷どん』も『八重の桜』もU-NEXTならスグ見れる!
他にも多数の朝ドラ・大河作品も視聴できます(時期によって対象番組が異なりますのでご注意を)。

スマホでもOKです。

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

視聴率参照:まんたんウェブ

【編集部より】

西郷どんのここが好きだ!

西郷どんのここが嫌いだ!

という作品そのものに対するご意見を、コメント欄にご自由にお書きください。

多様性は大切です。
『西郷どん』に対する好き・嫌いはすべて尊重いたします。

作品・歴史についての是非を語り合う話としてください(著者への意見がある場合は【問い合わせ】からご一報ください)。

ただし、コメントを寄せられた他者や、著者への、攻撃や批判等はすべて削除します。

内容に関する見解などへの反論がある場合は、その根拠となる例を挙げた上でお書きください。

削除の判断基準はこちらの感覚です。
作品に対する意見に見せかけ丁寧に描かれた、他の作品支持者・作品批判者に対する攻撃等も削除します。

では、また来週よろしくです!

 



-西郷どん感想あらすじ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.