文化・芸術

日本文化を愛しすぎて“漫画”と呼ばれたフェリクス・マンガ・ヤシェンスキ

1944年、ドイツ支配下のポーランド

ナチ総督府がクラクフで開いた日本美術展覧会に一人の少年が訪れた。

彼はその展示品に衝撃を覚え、芸術の道に進むことを決意する。

このとき見た膨大な日本美術コレクションとは一体何なのか。

そしてそれはなぜポーランドにあったのか――。

皆様、ポーランド人というと 誰の名前を思い浮かべます?

ショパン
ベクシンスキー
ヴォイテク伍長……(人じゃなくて熊ですね)

ヨーロッパの中でも馴染み薄い国だけに幾人も挙げられる方はそう多くないと思いますが、これよりご紹介させていただく美術蒐集家の名前を、ぜひ、今回だけはお持ち帰りいただきたい。

フェリクス・ヤシェンスキ (Feliks Jasieński) ――。

芸術のコレクターにしてパトロン(お金持ち)。

そして、後にフェリクス・マンガ・ヤシェンスキと名乗ってしまうほど、日本のとある“漫画”を熱狂的に愛した超絶親日家でした。

 

1861年生誕 この頃ポーランドは3分割されていた

ヤシェンスキは1861年7月、ワルシャワから60km離れた街で、地主の家に生まれました。

当時のポーランドは、以下の3つに分割されていた時代。

プロイセン領(元ポズナン大公国)

オーストリア領(クラクフ大公国)

ポーランド立憲王国

photo by User:mathiasrex Maciej Szczepańczyk, based on layers of User:kgberger (元画像に日本語で加筆)/Wikipediaより引用

ワルシャワ付近は ロシア支配下の「ポーランド立憲王国」でした。

さすがはおそロシア、この国は「ポーランド」なんて名ばかり状態で、ポーランド語の使用は禁止、民衆蜂起も徹底的に弾圧、首謀者はシベリア送りにされました。

美術界も、学校閉鎖などの様々な圧力が加えられ、芸術家たちは自由な教育を求めて国外(特にパリ)に逃げ出しました。

ヤシェンスキ少年もまた、中等教育終了後すぐに外国へ飛び出します。

そして何箇所かを転々としたのちの1880年代半ば、パリで彼は衝撃的な出会いをします。

3代目豊国、歌川国芳(くによし)、歌川広重、そして葛飾北斎

彼の人生の分岐点となったのでした。

 

ジャポニスムの風が吹きまくり

1880年代半ばのパリは、ちょうどジャポニスムの風が吹きまくっていた頃でした。

まず1856年頃、エッチング画家のブラックモンが陶磁器の梱包材として使われていた北斎漫画を発見。

その後1880年代に入ると、画家のマネやゴッホを始めとして、多数の画家たちが浮世絵の影響を強く受けた作品を次々に仕上げていきます。

葛飾北斎
葛飾北斎のケタ外れな生涯と才能!引っ越し93回 弟子200人 作品数は3万点

続きを見る

美術商の林忠正がルイ・ゴンスとともに「日本美術」を刊行したのもこの頃です。

同じく日本美術の紹介に大きな役割を果たした人物としてゴンクール兄弟がいます。

彼らの大叔母の客間は、芸術家の会合の場所として使われ、その場所にヤシェンスキもいました。

ヤシェンスキがどこで浮世絵を買い集めたかは明らかになっておりませんが、特に心を鷲掴みにされたのは葛飾北斎と歌川広重で、日本美術への思いをこんな記録に残しています。

「これら二人の芸術家は あたかも卓越した芸術家によって芸術家のために造られたかのような国のすばらしい美を讃える記念碑を打ち建てた。

彼らは過去も未来も 芸術と自然を再現する方法をヨーロッパの芸術家にしらしめることによって19世紀ヨーロッパの風景画に革命をもたらした。

すばらしき国! すばらしき人びと! すばらしき芸術!」

嗚呼、なんて暑苦しい!(褒め言葉)

 

西欧絵画にはない独自の技法、そして思想

ヨーロッパの日本芸術愛好家にとって 最も人気があったのは北斎漫画でした。

検索して頂くとわかるのですが、北斎漫画は主に庶民の日常を描いており、親しみやすい内容です。

日本人からすると見慣れた感があるのも、もともとは北斎が始めたからでありまして・葛飾北斎漫画/国立国会図書館蔵

葛飾北斎漫画/国立国会図書館蔵

ヤシェンスキは、浮世絵を少し違った目線で見つめていました。

構図や技法。

背景の余白。

叙情的な内容など。

西欧絵画にはない独自の思想、そしてまた市民が抱く作者への尊敬と崇拝の念に感動し、これこそが「国を愛する心の表れ」なのだと感じていたのです。

なぜか。

ヤシェンスキが子供時代を過ごした頃の故郷ポーランド立憲王国では、前述のようにロシア化政策が着々と進み、西側プロイセン領(元ポズナン大公国)でもドイツ化が進められ、ポーランド人排斥運動が起きていたのです。

ポーランド市民たちは、早期の独立を諦める一方、文化面では祖国への愛国的な動きをするようになっていました。

その実例として、唯一自治が認められていたオーストリア領クラクフでは、愛国的歴史画が隆盛を極め、ヤン・マテイコ(1838~1893年)などが活躍していました。

このような時代を生きたヤシェンスキの願いは やはり祖国「ポーランドの」芸術を高揚させることだったのです。

ヤシェンスキは強く感じておりました。

浮世絵という形で日本人が示した心こそが、真のポーランドの国家様式芸術の想像を導くもの――これをポーランドに植えつけたい。

彼は日本芸術をポーランド人に直に紹介することで、その心を広めようと努め始めるのです。

ワルシャワへ戻ったヤシェンスキは、新聞や定期刊行物に論文を次々に発表。

またパリ時代にフランス語で書いていた本もワルシャワで出版しました。

なんでフランス語で出版やねん!

思わずそう突っ込みたくなりましたが、もしかしたら当時はポーランド語が禁止で、ロシア語での出版が嫌だったのかもしれません……って、気づかなくてごめんよヤシェンスキ。

※この本は当然ワルシャワでは売れなかったもののフランスで売れたとのこと

そして彼はそのうち、ニックネームだった「マンガ」を伴って「フェリクス・マンガ・ヤシェンスキ」と呼ばれるようになっていきました。

 

ポーランド芸術の高揚のために日本芸術を広めよう

ヤシェンスキは、どう具体的に、どのような文化を生み出したいと願ったのか?

ポーランド人にも浮世絵を描かせたかったのか?

答えは否。

別に浮世絵そのままのような庶民のマンガ文化をポーランドに広めたかった訳ではなく、人々が今まで触れたことがなかった遠い国の芸術・思想を広め、刺激を与えることで新しいポーランド芸術が生まれてくることを期待していたようです。

ちょっと複雑な思考回路ですよね。

芸術も職人技も最初は見て盗んで真似て、新しい芸術に昇華させるものです。

その概念だけを言葉にしてもなかなか伝わらないでしょう。

実際、彼の願いは、当時のポーランド市民にはなかなかうまく伝わらず、日本芸術の広報活動も最初のうちはうまくはいきませんでした。

あまりの物珍しさゆえに、一部の熱狂的ファンだけに受け入れられ、一方で、予備知識のない人たちからは反感を買ったり、ときには嘲笑されたりしています。

まぁ、こってりした写実的油絵などを良しとしてきた保守層からしたら

「日本の浮世絵? ざけんな。色が薄すぎて何描いてっかわからんわ」

ですよね。想像はつきます。

しかし1901年末。

拠点を例のオーストリア領クラクフに移動してから状況が一変するのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-文化・芸術
-