江戸時代

お七火事(=天和の大火)のお七はサイコパスだった疑いあり?

更新日:

数年前、某政治家が「放火は女性の犯罪」というとんでもない失言をしたことがありました。

おそらく「女性は男性より腕力がないから、刺殺や首を絞め殺すという直接的な方法より、放火のような間接的に殺す手段を選ぶ傾向がある」と言いたかったのでしょう。

実際はそんなことはなく、放火犯は男性のほうが圧倒的に多いです。

政治家たるものご自身の発言には責任を持って欲しいですが、もしかしたらそういうイメージを持つようになってしまった事件が江戸時代にありました。

天和二年(1683年)12月28日、後に「お七火事」と呼ばれることになる天和の大火が発生しました。

井原西鶴の「好色五人女」やジェームス三木脚本・前田敦子主演「あさきゆめめし」視聴率低すぎて炎上などで有名な事件ですが、実はお芝居と史実の火災ではかなり話の流れが変わっています。

元禄赤穂事件より歌舞伎忠臣蔵のストーリーのほうが知られているのと同じですね。

まずは「好色五人女」のほうのあらすじをざっとご紹介しましょう。

 

お芝居のお七と史実の火災に大きな壁

主人公・お七は江戸の八百屋の娘で、あるとき起きた大火事によって両親とともに焼け出されてしまいます。

幸いお寺に避難することができたのですが、よかったのはここまで。
小姓として働いていた少年と恋に落ちてしまったことが、双方にとって悲劇をもたらします。

少年のほうは寺に入った身でそもそも恋愛の自由などなく、お七も仮住まいだったため、家が再建されるとすぐ離れ離れになってしまいます。
その後、少年はあれこれ知恵をめぐらせてお七に会いに行くのですが、両親に見つかりやはり逢瀬はままなりませんでした。

この状況で焦れに焦れたお七は、
「また火事になれば、あのお寺に避難できてあの人にも会えるかも」
と思い立ち、自ら家に火を点けるという暴挙に及ぶのです。

幸い、隣人がボヤのうちに消し止めたため大事には至りませんでしたが、当時も放火は重罪中の重罪。
お七はその日のうちに捕まり、市中引き回しの上、火あぶりという極刑に処されます。

 

馬で市中引き回し+火あぶり+三日間遺体を野晒し

相手の少年はこのとき病床に臥せっており、お七の罪や処刑を知ったのは百か日が過ぎてからでした。
彼は嘆き悲しみ自害しようとしますが、周囲に引き止められて出家し、その後はお七の菩提を弔って暮らした……というものです。

そして、お七が少年と出会ったきっかけとなった大火事が「お七火事」と呼ばれるようになったというわけです。

処刑の前に役人がお七を哀れみ、助命しようとするシーンも有名です。

が、これは「好色五人女」にはなく、その後、繰り返された類似作品で追加されたもの。
中には40年近く前に世を去っている土井利勝(1573-1644)が助命を申し付けているものもあったりして、話を盛るにも程があるなぁと。

現在も放火は重罪の一つです。
今よりずっと木造家屋が密集していた当時は被害の拡大が避けられませんでしたから、
【馬で市中引き回し+火あぶり+三日間遺体を野晒し】
というかなり重い刑が科せられました。

引き回しの最中に死んでいたとしても、遺体を火あぶりの上、民衆に晒すほどの徹底振りです。
そんな罪をそう簡単に軽減できるはずがないですよね。

お芝居では「14歳なら流罪で済むから、役人が”お前は14歳だろう?”とわざととぼけた」とされています。

しかし江戸時代、年齢を理由に放火犯が助命・減刑されるという例はなかったようです。
13歳の放火犯が処刑された例もあります。

このシーンを付け足した人は知らなかったんでしょうかね。
ジェームス三木さんは知っていて盛り込んだんですよね、たぶん。

 

歴史的な公式記録は1行しかない

次は史実の面から見てみましょう。

お七の物語はあまりにも有名なため、大まかな流れについては事実と思われがちですが、実はお七に関する公的な記録はたったの一行しかありません。

わかっているのは
「駒込付近に住んでいたお七という女性が火事を起こした」
ことだけで、年齢や放火の動機、はたまた家業が八百屋だったかどうかすら不明だったりします。

当時、放火犯は珍しくありませんでしたから、あまりにも多すぎて仔細を記録する余裕や必要がなかったんでしょうか。

どっちにしろ、いくら好きな人に会いたいからって放火を選ばなくても良さそうなものです。

実はこれ、現代ではサイコパスと呼ばれる一種の精神異常者の思考に極めて似ています。

具体的に言うと会う方法を工夫するより、当時の状況を再現するという点ですね。
ご興味のある向きは各自お調べください……と言いたい所ですが、知らないほうがいいかも。

もし、お七が相手の少年と出会ったきっかけが火事ではなくて「どこそこの街角で出会ったから」というようなものだったら、お七はストーカーになっていたのかもしれませんね。

よくストーカー事件の犯人に対して「いい人だったのにどうしてこんなことに」なんて証言が出ますが、ごく普通の人がちょっとしたきっかけで豹変してしまう事例は、数百年前から珍しくはなかったということでしょうか。

……おやおや、いつの間にか真冬の夜の怪談風味にしまいました。

長月七紀・記

【参考】
「好色五人女」
天和の大火/wikipedia

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.