前田綱紀/wikipediaより引用

江戸時代

80年間も藩主をしていた5代目前田綱紀~加賀百万石を大飛躍させる

更新日:

享保九年(1724年)5月9日、加賀藩5代藩主・前田綱紀(つなのり)が亡くなりました。

将軍でいうと、三代・徳川家光から八代・徳川吉宗の時代に生きていた人で、途中に在位数年の将軍がいるとはいえ、かなりの長さですよね。

生まれが寛永二十年(1643年)ですから、享年82。
現代でも長寿の域に入るくらいですから、当時はもっとめでたいことでした。

が、綱紀の人生は最初からうまくいっていたわけではありません。

どんな一生を送った人だったのか、さっそく見ていきましょう。

 

待望の男子として祝福されて

綱紀が生まれたとき、前田家では上を下への大騒ぎになりました。
なぜかというと、長い間男子が生まれなかったので、まさに「待望の嫡男」だったのです。

父・前田光高(4代)と祖父・前田利常(3代)は大いに喜び、誕生直後の連歌会でも喜びの歌を詠んでいたとか。

さらに光高については「綱紀誕生直後に参勤交代で地元に戻った際、120里(約468km)を7日間で踏破した」とまでいわれています。

一日あたり約67kmって……(´・ω・`)
あのー、中国大返しのときの秀吉とか、2代将軍・徳川秀忠が大坂冬の陣で爆走したときの2~3倍早いんですけど。これ、間違いなく盛ってますな。

早馬のように馬を乗り捨て&乗り継いだとしても、籠でも無理でしょう。

ともかく、それだけ喜んだってエピソードが残るのも、大名家にとって跡継ぎはまさに死活問題だからです。

上記の通り、当時は武断政治真っ盛りな家光の治世だったので、
【嫡子ナシ=改易】
という可能性が非常に高かったのです。

 

喜んだのも束の間 31歳の父が急死する

外様大名では最大勢力の前田家でも、跡継ぎなしというのは安心していられない状況でした。

というかデカイ藩なら分割という手もありますし、もし綱紀が生まれなかったらそうなっていた可能性も否定できないでしょう。

そんなわけで真綿で包んで胴上げするような祝賀ムードだった加賀藩。
綱紀3歳のとき、4代目の父・光高が31歳の若さで亡くなるという不幸にも見舞われました。息子にテンション上げすぎて血圧まで上がったとかそんなバカな。

光高は日頃から力自慢だったらしいので、おそらく筋骨たくましい人だったことでしょう。

老中を招いた茶会の席で急死したらしいのですが、解せない話です。
老中「に」招かれてであれば毒殺の可能性も高そうですけれど、そうでもないですし。解せぬ。

とはいえ嫡男がいて、さらに隠居である利常がいたので、家光からは「じゃあ、じーさんが孫を指導してやれよ」という命令が出ました。
おかげで加賀藩は改易されることなく、綱紀と共に利常の元で何とかやっていくことになります。

 

戦国最後の武将と呼ばれる祖父に帝王教育

祖父の利常は、あの前田利家の子供です。

戦国武将といえるギリギリの世代であり、そのため綱紀にも武道を奨励します。

わざと鼻毛を伸ばしたという武者・前田利常(富永商太・絵)

わざと鼻毛を伸ばしたという武者・前田利常(富永商太・絵)

同時に利常は、孫の藩主としての能力を養うため、他藩で「名君」と呼ばれていた人物と引き合わせています。

例えば
仙台藩の2代目・伊達忠宗
岡山藩の初代・池田光政
など。

彼らが綱紀のお手本として選ばれたばかりか、他の客が来たときも綱紀を隣室に待機させ、話を聞くように言いつけていたと言います。
座学だけでなく他人の実体験から活きた勉強も修めさせたかったのでしょう。

かくして、じーちゃんの手で立派に育てられた綱紀は、1654年(12歳のとき)に江戸城で元服を果たして正四位下の位階を受け、1658年(16歳)に保科正之の娘を正室にもらいました。
藩主としての地位固めは順調に進んだんですね。

結婚から8年して彼女が亡くなった後、新たに正式な妻を迎えることはなかったそうです。

また、利常が亡くなった後は、舅である正之を政治の模範として藩政に励みました。
さすが大藩のトップだけありますね。

 

生活保護

農業方面のさまざまな制度を整えたり。
土地を整備したり。
綱紀は色々やっていますが、特徴的なものが二つあります。

一つは飢饉の際に作った「御小屋」という施設です。

生活に困っていた人々に米を支給したり、病人のための医者を配置していたところで、今で言えば生活保護制度にあたるでしょうか。
綱紀はこうした救民制度を以前から考えていたようです。

しかし、平時に設けるには費用がかかりすぎるということで家老たちから反対されていたとか。
そりゃあ、タダでご飯が食べられて病気になったときも見てもらえるとなれば、タカりに来る不届き者も予測できたでしょうしね。

飢饉のおかげで望み通りになったと見ると皮肉ですよね……。まぁ、庶民が助かったので結果オーライですが。

もう一つの特徴は【学問の奨励】です。

綱紀自身が学問好きでもあり、ジャンルにこだわらず武芸や建築、文芸などありとあらゆる学問を奨励したといわれています。
正之には
「儒学以外はちょっと」
と言われたようですが、気にしなかったんですね。

江戸の出来杉君・正之が相手だったから穏便に済んだのであって、もし別の人だったら大ゲンカになってたんじゃないでしょうか。
度胸の良さはジーチャンの薫陶かもしれません。

 

図書館まで整備する名君に

学問の奨励の中には
【書物奉行】
もあります。

新たに設けた役職であり、古書を収集&保存。
学者を多く招聘した上、自らも百科事典の編纂に携わったという身の入れようです。

そのため藩士たちも学問や芸術を好む気風となり、新井白石から「天下の書府(図書館)」と賞されたとか。
自分の手元に集めるだけでなく、他家の文書保存にも資金や技術者を提供しており、心底学問や書物が好きだったのだろうと思われます。

また、自領内で長寿の人には褒美として米を与えたり、刑罰を緩やかにしたり、もはや江戸人ではなく現代人です。
将軍が家光から家綱に変わった後も武断政治が続いていましたが、綱紀の影響もあって全国的に文治政治へと変わっていく流れができました。

ジーチャンもトーチャンも、草葉の陰で胸を張っていたことでしょう。

それでいて政治的なバランス感覚もシッカリ持っているのですからたまりません。

大藩であるが故に幕府に睨まれやすいため、蓄財はしないという方針にしていたようで、改築や調度品などに惜しみなくお金を使っています。
もしかすると、上記の学問奨励もわざと散財するという面があったのかもしれません。

 

ダンスもお上手!開発も順調に130万石突破

あまりにもデキ過ぎてそろそろ悪いところも見つけたくなってきます。
しかし、残念ながら(?)さらに良いところがあります。

綱紀は舞の名手でもあり、プロの能楽師にも引けを取らなかったというのです。

将軍の前で披露したこともあるそうなので、若干誇張はあるにしろ相当の腕だったことは間違いないでしょう。
そうした際の衣装にもお金を使っていたでしょうね。

ここまで「○○にお金を使いました」という話が出れば、お次は「そのせいで財政破綻しました」と続くのがお約束ですけども、加賀藩では真逆のミラクルが起きます。

徳川綱吉の時代に入って、加賀藩は名実共に100万石を達成しているのです。
御小屋も変わらず続けていて、「加賀にはホームレスがいない。素晴らしい政治だ」とこれまた絶賛されました。

しかも綱紀の後の時代にも石高は増え続け、幕末には130万石超になっていたとか。
どこまで儲けるねん、羨ましい。

そんな感じで家を安全な位置に落ち着かせ、民からも慕われた綱紀でしたが、ほぼ生涯現役の藩主でもありました。
亡くなる前年まで現役の藩主だったのです。

上記の通り、当時の状況で80歳超というのはかなりの長寿です。
幼少期については祖父の後見もあったとはいえ、1645年~1724年まで約80年間も藩主の座にあったというのは稀な例でしょう。

この辺の安心感がより一層庶民にも藩士たちにも慕われる理由だったかもしれませんね。
藩主が積極的にお金を使ったおかげで領内でもお金が回るようになり、その結果藩ごと豊かになったのではないでしょうか。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
前田綱紀/wikipedia

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.