浅野長矩/Wikipediaより引用

江戸時代

浅野内匠頭が吉良上野介に斬りかかった理由は ズバリ金銭問題でしょう

更新日:

寛文七年(1667年)8月11日は、浅野長矩(ながのり)が誕生した日。
浅野内匠頭(たくみのかみ)と呼んだほうがピンと来るかもしれません。

後に元禄赤穂事件のきっかけとなる、赤穂藩の三代目藩主ですね。

忠臣蔵系の創作では序盤で退場するため、どうしても討ち入りに注目が集まり、浅野内匠頭がクローズアップされることはほとんどありません。

しかし、こんな疑問はございませんか?

なぜ浅野長矩は吉良に斬りかかったのか。
そもそも、どんな人物だったのか――。

そんな気になるアレコレを、長矩本人の歴史と共に振り返ってみましょう。

【豆知識】

・内匠頭(たくみのかみ)とは?

・中務省に属する官職の一つ(正確には令外官

・こうした朝廷の官職が武士に授けられることを「武家官位」と言い、実際に朝廷の元で仕事をするすわけじゃなく権威付け(カッコつけ)です

・家督を継ぐときに与えられる【呼び名】程度のものだと認識しておけばよろしいかと思います

 

浅野内匠頭(浅野長矩)9歳で藩主になる

実はこの方、前半生はかなりの苦労をされています。
4歳のときに父、6歳のときに母を亡くし、9歳で家督を継いで藩主になったのです。

結婚相手も早々に決めていますし、15歳のときには朝鮮通信使・饗応役の一員にも選ばれ、他国の使節接待を無事にこなしてみせました。

そして16歳のときには、一回目の勅使饗応役を命じられています。

このとき指南役につけられたのは、あの吉良上野介義央(よしひさ)でした。
もちろん刃傷沙汰の起きる前であり、無事に饗応を終えています。

義央は長矩の26歳上でしたので、文字通り親子のような歳の差がありました。

また、同時期に赤穂浪士の筆頭・大石内蔵助良雄の大叔父である大石良重が江戸で亡くなっています。

良重は長矩のおばを妻にしており、若くして筆頭家老になった良雄の後見人、幼い主君・長矩の補佐、そして藩政という、二足どころか三足のわらじを履いていた超有能な人でした。
大黒柱どころじゃありませんね。

 

江戸にいた頃には大名火消を命じられたことも

長矩は十代半ば、良雄も二十代半ばという状況だったため、良重の次に経験豊富だった大野知房という人物が良重の仕事を引き継いだと思われます。
この人も主に経済政策に能力を発揮していましたが、さすがに良重ほどの仕事は不可能だったでしょう。

長矩は饗応役を無事終えた後の夏、初めて赤穂藩にお国入りしました。

このとき良雄をはじめとした国元の家臣と対面し、ここから参勤交代で一年ごとに江戸と赤穂を往復するようになります。

江戸にいた年には、大名火消に任じられたこともありました。

大名自ら消火を担う「大名火消」1643年徳川家光の時代に設置される

江 ...

続きを見る

また、元禄六年(1693年)には、備中松山藩の水谷家が改易になったため、居城である松山城の預かりを命じられています。
次の城主が決まるまでの間、良雄が城代を務めていたのです。

長矩も家臣たちも、これらの役目を無事にこなしていたようです。

他の大名からは「まだ主も家臣も若いのに、なかなかよく働くじゃないか」と思われていそうですね。

 

二度目の勅使饗応役を言い渡されて……

後々のこともきちんと考えています。

長矩は元禄七年(1694年)に、弟・浅野長広を仮養子としているのです。
結婚して10年近く経っても子供が生まれなかったからで、ちょうどその翌年に浅野長矩が疱瘡にかかってしまいました。

一時は危篤になるほど危うい状態だったそうで、このときも速やかに長広を正式な養嗣子とし、無嗣断絶を防いでいます。
その後、長矩が回復したため、すぐに長広へ家督を継がせることはありませんでした。

しかし、長矩の危篤については、国元にも速やかに伝えられていました。主従ともに、いざという時の心得もあったと見ていいでしょう。

家臣の助けがあったにせよ、お馬鹿な殿様のせいで台無しになった藩も珍しくないのですから、長矩は決して無能ではなかったはずです。

だからこそ「松の廊下の刃傷」と元禄赤穂事件の異様さが際立つことになります。

元禄赤穂事件のきっかけとなった二度目の勅使饗応役は、元禄十四年(1701年)2月4日に任じられたものでした。一度めの饗応から18年後のことです。

このときの指南役も、吉良義央でした。
気の置けない仲とまではいかないにしても、ある程度頭の中に手順や段取りは入っていたと思われます。

義央から見れば、「あの小僧が立派な大人になったものよ」というように見えたかもしれません。

前回と違う点としては、長矩が饗応役に任じられた頃、義央は別の仕事で上洛していて、三週間ほど打ち合わせができなかった時期があるというところでした。

この間に勅使・院使はすでに京都を出発していたため、猶予はほとんどない状態。
これが長矩に大きなストレスをかけたのではないか、とする説もあるようです。

 

最も重要な儀式の日に「松の廊下」事件は起きた

義央が江戸に戻ってきたのは2月29日のことです。

勅使が到着したのは3月11日でしたので、一応、長矩と義央が話し合う時間はあったでしょう。

が、この手の儀式の準備をするにはギリギリといっても過言ではないかと。

3月13日までは無事に饗応や儀式が進んだものの、14日に例の「松の廊下」事件が起きます。

この日は、勅使・院使に渡された天皇と上皇の手紙に将軍が返事をするという、最も重要な儀式の日でした。
もちろん、長矩もそれは重々承知していたはずです。

だというのに、長矩は儀式の直前に義央へ斬りかかってしまいました。

忠臣蔵/Wikipediaより引用

現場の「松の廊下」は正式名称「本丸大廊下」。
廊下沿いに松林と千鳥の絵が描かれた襖があったため、このように呼ばれていたところです。

位置的には、江戸城の公的行事場である「大広間」と、将軍が諸大名との面会に使う「白書院」を繋ぐ廊下でした。

当然、この日は大広間にも白書院にも、饗応役や指南役、その下働きをする人々などがいたはずです。
ただの口ゲンカだったとしても、すぐに他の人が割って入ったことでしょう。

また、長矩が犯行に使ったのは脇差というやや小振りの刀でした。
武士のことを「大小二本差し」と呼ぶことがありますが、このうち「小」が脇差です。「脇指」と書くこともありますね。

脇差はどちらかというと斬るより突くことに向いた武器ですが、このときの長矩は義央の額と背中に”斬りかかった”ため、致命傷を負わせることができませんでした。

義央と話していた人が即座に長矩を取り押さえたためにそれ以上の攻撃もできず、周辺の部屋からも院使饗応役・伊達宗春などが駆けつけてきました。

義央と長矩はそれぞれ別の部屋に引き離され、事の次第が徳川綱吉へ報告されます。
さて、犬公方で知られる綱吉が、どんな判断を下したか……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.