江戸時代

里見八犬伝の滝沢馬琴は日本初の印税作家?あの山東京伝に弟子入りしていた

投稿日:

印税生活――。
ライターや作家にとって最も憧れる言葉の一つです。

「夢の」なんて枕詞がお友達状態になっている通り、現実はそううまくいかないわけですが、そんな憧れの印税生活を日本で初めてした作家は江戸時代のあの人かもしれません。

嘉永元年(1848年)11月6日、曲亭馬琴こと滝沢興邦(おきくに)が亡くなりました。

『南総里見八犬伝』の作者として知られますよね。
滝沢馬琴」というのは明治時代あたりに、ペンネームと本名がごっちゃになってしまったときの呼び名だそうです。

 

若いころは絵に描いたような放蕩息子の滝沢馬琴

この馬琴さん。
印税生活ができるくらいだから、さぞかし小さい頃から優秀だったに違いない……と思いきや、若い頃は絵に描いたような放蕩息子だったとか。

頭が良いのは事実だとしても、それを鼻にかけていたため周りとそりが合わず、どこへ奉公しても長続きしなかったそうです。

当然そんなことをしていれば家族からの目も冷たくなります。
さすがに後ろめたかったのか、あちこちへ放浪しており、母親が危篤に陥ったときにも連絡先がわからないという有様でした。

お兄さん達が必死に探して何とか死に目には会えたそうなのですが……。

その後は心を入れ替えたのか。
本当にやりたいことが見つかったのか。

24歳のとき、劇作家・山東京伝(さんとうきょうでん)に弟子入りしようとします。

山東京伝/wikipediaより引用

しかし、京伝はこのころ既に弟子を取るのをやめてしまっており、具体的に教わることはできませんでした。

代わりに、家に出入りして付き合うことだけは許してもらえたとのことで。それは弟子と何が違うのか?と小一時間。

おそらく京伝の著作や他の書物を読ませてもらっていたのでしょう。

 

デビュー作は黄表紙(マンガ)だった

25歳のとき、馬琴は初めて自分の本を出します。

「黄表紙」と呼ばれる大人向けの絵本で、ふきだしがあったり、細かい言葉遊びがあったり、現在のマンガに繋がるものでした。
「マンガなんぞ子供の読むものだ!」なんて人は最近減ったようで、日本人の好みは昔からちっとも変わってないんですね。

しかしこの頃、心情的にはお師匠様にあたる京伝が謹慎処分になってしまいます。

江戸の三大改革【寛政の改革】のとばっちり。
京伝の書いていた本が「幕府をおちょくっている!けしからん!」としてザ・石頭の松平定信にお咎めを食らってしまったのです。

当時は民主主義のみの字もなく、
「儒学最高!下々はお上に逆らうどころか疑うのもダメ!」
という時代ですから仕方ないですね。

馬琴もこの影響を受け、一度、作家業から離れて履物商の未亡人に婿入りします。

が、婿に入った先の名字を名乗らず、商売も手伝わなかったというので、本当に生活を安定させるためだけだったようです。
それでいて奥さんとの仲はそう悪くもなかったようで、結婚の翌年には女の子が生まれ、最終的には一男三女に恵まれました。

婿入りの上、家業手伝わないのに奥さんと仲良しとか、どういうことだってばよ。

しばらくしてからまた黄表紙本などの執筆もしていますし、よほど心の広い奥さんだったんでしょうか。
馬琴より奥さんのほうが年上だったので、引け目があったのかもしれませんが。

 

嫁さんが偉いのだ

それでも一応、馬琴にとっての義母が健在の間は、表向き履物商を続けていたそうです。

しかし、寛政七年(1795年)にその義母が亡くなると、廃業して文筆業に本腰を入れました。

あれ? 婿取りした意味なくね?
と突っ込みたいところですが、上述の通り、この後も子宝に恵まれているので、奥さん公認だったのでしょう。どこまで心が広いんだ。

こうして好きなことに打ち込めるようになった馬琴は、旅行記や小説「椿説弓張月」(ちんせつゆみはりづき)を書き、少しずつ文壇で名を上げていきます。

『椿説弓張月』の葛飾北斎による挿絵/wikipediaより引用

入れ替わりの心の友ならぬ心の師匠だった京伝が執筆から手を引き、亡くなったことで「ベストセラーといえば馬琴」というような状態になりました。

厳密には、当時、印税というシステムはないものの、馬琴一家は原稿料だけで生活を営めていたそうですから、大きな枠で捉えれば印税生活と言ってよいでしょう。
馬琴の書いた本は数百冊にも及びますから、ラクして稼げたわけでもないのですが。

 

南総里見八犬伝きたー!

馬琴の作品で最も有名な「南総里見八犬伝」は、京伝が亡くなる2年前の文化十一年(1814年)から刊行が始まりました。

完結したのは天保十三年(1842年)なので、足掛け28年の超大作。
逆から見ると、江戸幕府が終わるわずか25年前のことだったんですね。

もし馬琴があと20年ぐらい遅く生まれてたら、この作品が無事完結することはなかったかもなぁ……。

完結前の天保十年(1839年)には、両目共に失明してった馬琴。

そこで、どうしたか――。
というと、なんと口で話した内容を息子の嫁に書き写させるという離れ業をやってのけます。

あんなに理解してくれていた自分の妻はどした?

しかも、教養がなければ読み書きできない漢語を教えつつだったそうですから、よく三年も息子の嫁が付き合ってくれたものです。
この嫁、既に馬琴の息子に先立たれていましたので実家に帰ることもできそうなものですが、子供がいたので帰らなかったんでしょうね。

当然、馬琴の妻はこれが面白いはずもなく、ここに至って嫁姑のバトルが始まってしまったとか……。
しかし、天保十二年(1841年)に馬琴の妻は亡くなってしまうので、息子の嫁に頼んだのは正解だったのかもしれません。

八犬伝の巻末には、この間の苦労話が載っており、そこも実際には嫁が書いていたのでしょうから、お互い複雑な気持ちだったでしょうね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
滝沢馬琴/wikipedia
『南総里見八犬伝 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス (SP90))』(→amazon

※南総里見八犬伝は長すぎてオススメしにくいのですが、角川ソフィア文庫版だったら、ダイジェストされていてナイス!

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.