江戸

江戸時代の人気No.1アイドル「笠森お仙」ってどんだけ美人だったん?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
笠森お仙
をクリックお願いします。

 

『笠森お仙は、嫉妬に狂った茶屋のオッサンから逃亡し、後年、そのオッサンに見つかり、喉を噛みちぎられて死ぬ』

現実は、もちろん違う。将軍直属ともいうべきエリート武士(若手官僚みたいなもん)と結婚し、武家に入ったため、結果的に姿をくらましたカタチとなり、悪い印象の噂が江戸中に流されたようだ。

いつの時代も、情けないですね、噂を流す女々しい男って。そして、いつの時代もエリートやお金持ちはモテますね。もちろん人によるけど。

嗚呼、なんだか妙にせつない、この後味悪い気分、どうしてくれんのさ? 上野の団子屋にでも行って、ヨダレを垂れ流してくるしかないかなぁ。

 

お好きな項目に飛べる目次

笠森お仙はAKB48そのものだった

と、まぁコチラの原稿を公開したところ、友人からすぐさま「AKB48と笠森お仙なら、あの磯田道史さんが面白い原稿を書いてるよん」とのツッコミが入った。

以下は、友人による記事の要約だ。

磯田道史 古文書ジャーナル
江戸の「会いに行けるアイドル」

「会いに行けるアイドル」というキャッチフレーズは、歴史家にとってあまりにも江戸的に思える。すでに、田沼意次の明和年間に存在したからだ。

たしかに平安・鎌倉時代にも静御前のように偶像化された踊り子はいたが、「素人っぽさ」はなく、お仙がはじめて。彼女から2、3杯のお茶を入れてもらい、ちょっと言葉をかわして四十文(2千円)前後。なかには百文(5千円)のチップを渡す男もいた。

当時の美人像も鼻筋が通りウエストが細い女だが、小顔はダメ。
そして化粧をせず「地物の上品」であることがポイントであった。

絵や手ぬぐい、フィギュア。そしてAKBの総選挙と同じく「美人くらべ」も勃発。その動きは(SKE48やHKT48、NMB48などでそうしてきたように)、江戸時代にも全国へ普及し、特に名古屋で盛り上がった。

そして最後は、笠森稲荷を運営してきた幕府御庭番の倉地家に、お仙は嫁いでいく。
まるで秋元康氏の奥様が「おニャン子クラブ」の元アイドルだったかのように。

ふむふむ。秋元康さんの元ネタ、実は江戸時代だったってことね。結婚までトレースしていたとは!

あわせて読みたい関連記事は以下へ

お七火事(=天和の大火)のお七はサイコパスだった疑いあり?

続きを見る

徳川宗春がやりたい放題で空前の好景気「名古屋の繁華に京(興)がさめた」

続きを見る

江戸時代の「士農工商」は絶対じゃない? 移動も名前も意外とユルかった

続きを見る

ゲス侍・松賀族之助と「小姓騒動」妊婦妻を主君に献上し 御家乗っ取りを企む

続きを見る

江戸時代の大名豪商が憧れた「太夫」って? 寛永三名妓に見る過酷な生涯

続きを見る

近松門左衛門と曽根崎心中 武家の出自でなぜ作家となった?

続きを見る

来日外国人も驚嘆!伊能忠敬が56歳から徒歩で作った大日本沿海輿地全図は神

続きを見る

文・五十嵐利休

【参考】
『考証 江戸の面影一 Kindle版』(→amazon
『観光都市 江戸の誕生 (新潮新書)』(→amazon

 



-江戸

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.