保科正之/wikipediaより引用

江戸時代

保科正之の完璧人生唯一の汚点~嫉妬に狂った妻が毒を盛り、死亡したのは誰?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
保科正之
をクリックお願いします。

 

祝宴のはずが一転惨劇に

松姫の婚礼は、万治元年(1658年)、7月26日と決まりました。

お万は、江戸の会津藩邸で祝宴を開くことにしました。

上杉家に嫁いでいた媛姫も里返りをして、異母妹を祝うこの席に出席。

姉妹のもとに御膳が運ばれてきます。

松姫の前に御膳が置かれようとした時、胸騒ぎを覚えた松姫付きの老女が止めました。

「松姫様、姉上より先に箸をつけるとはもってのほかです」

「そなたの言う通りじゃ。姉上、先にお召し上がりくだされ」

松姫の前に置かれるはずであった御膳は、媛姫の席に置かれました。このときお万の顔はひきつったかもしれません。

しかし彼女は何も言えず、媛姫が膳に箸を付けるのを見守るしかありませんでした。

その晩、米沢藩邸に戻った媛姫の身に異変が起こりました。

激しい腹痛におそわれ、二日後には急死してしまったのです。

媛姫はまだ18才。彼女の身に一体何が起こったのでしょうか。

 

実の娘を毒殺してしまったお万

ことの真相を探るうちに、おそろしい事実が判明しました。

側室の娘が格上の大名家に嫁ぐことに怒ったお万は、祝宴の膳にひそかに毒を盛ったのです。

しかし松姫付きの老女の機転によって、毒入りの膳は先に媛姫へ。

そしてそれを知らぬうちに、媛姫は口をつけてしまったのですね。

お万の奸計は、なんと実の娘を殺してしまったのでした。

正之の受けた衝撃、そして怒りと喪失感は大きいものでした。

正之はこの毒殺事件に関わったものを厳しく処罰したものの、首謀者のお万だけはそうできませんせした。
二代目藩主の生母を罰したとなれば、影響がのちのちまで及ぶからでしょう。

その御家訓にはシッカリと
「婦人女子の言、一切聞くべからず」
という一条が加えられたのです。

政治の場から女性を遠ざけ、子孫が女がらみで悲劇にあわないようにという、彼なりの思いがこめられた一条でした。

保科正之は米沢藩が断絶しかけた際に奔走し、存続に力を尽くしました。

正之からしてみれば、上杉家に申し訳なかったという気持ちがあったのかもしれません。

この毒殺事件の顛末は後世の創作ではないかと思われる部分もある、と言われております。

しかし、広く信じられた話ではあります。

完全無欠ともいえる、保科正之の人生における唯一の汚点。まるでドラマのような展開でもあります。

いくら本人が公明正大にふるまったところで、こうした悲劇が起こりえるのかと思うと、虚しくなる話でもありますし、過ぎた嫉妬心の危険を感じる逸話でもあります。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

由羅(お由羅の方)&お由羅騒動をスッキリ解説! 幕末薩摩の内乱とは?

続きを見る

伊達綱宗(政宗の孫)と伊達騒動!遊び呆けて危うく改易だった?

続きを見る

江戸三大お家騒動の1つ「仙石騒動」藩の財政問題が幕府を巻き込み大騒動へ!

続きを見る

子供じみた跡目争いの越後騒動~最後は綱吉も絡んで切腹&改易メチャクチャだ

続きを見る

浄光院(お静の方)と息子・保科正之が辿った数奇な生涯~信玄の娘に助けられ

続きを見る

織田&豊臣の重臣末裔が起こした「名張騒動」悲劇の名張藤堂家邸跡へ

続きを見る

江戸時代のバカ殿騒ぎ代表【生駒騒動】の原因は藩主・高俊のBLだった?

続きを見る

江戸城の天守閣が再建されなくなった理由~保科正之の英断があった

続きを見る

松平容保とは?会津藩祖・保科正之の教訓に縛られた悲劇の血筋【幕末名君譚】

続きを見る

80年間も藩主をしていた5代目前田綱紀~加賀百万石を大飛躍させる

続きを見る

文:小檜山青

【参考】

野口信一『会津藩 (シリーズ藩物語)』(→amazon

TOPページへ

 



-江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.