田中久重作「万年自鳴鐘」/photo by Daderot wikipediaより引用

江戸

日本人昔から手先が器用すぎ~江戸時代の「和時計」はオーパーツかっ!

ナゼそこまで高度な技術が昔にあったのか???

「明らかにその時代に見合わないのでは?というテクノロジー製品」をオーパーツといいます。

最近はインチキ説が強いものも出てきましたが、未だに謎が解けていないものもありますよね。

本日はその一つに入れたくなる江戸時代頃の超技術(?)のお話です。

6月10日は「時の記念日」。

天智天皇十年(671年)4月25日に初めて時報の金が鳴らされた日が、新暦に直すとこの日になることからきています。

本日は日本独自の「和時計」についてのお話をいたしましょう。

 

夏は昼の一刻が長く、冬は夜の一刻が長く

戦国・江戸時代に西洋の時計が入ってきたとき、各大名の頭の中は「???」が浮かんだと思われます。

時間の単位が西洋と日本では大きく異なっていたからです。

当時、日本は季節ごとの日の長さによって、時間の長さを変えていました。

いわゆる「不定時法」というもので以下の様な考え方となります。

日の出の30分前を「明け六つ」日没の30分後を「暮れ六つ」として、明け六つ~暮れ六つ(昼間)とその逆(夜間)をそれぞれ六等分したものを「一刻(いっとき)」と呼んでいました。

昼も夜も「六つ時」から五つ・四つ・九つ・八つ・七つと進み、また「六つ時」に戻るという数え方をします。

明け六つから数えて八つ時がいわゆる「お八つ」=「おやつ」の時間です。

また、一刻それぞれに十二支を当てはめて「辰刻」や「午刻」とも呼びました。

怪談で「草木も眠る丑”三つ”時」という表現がありますが、この”三つ”は一刻をさらに四等分した、その3つめという意味があります。

現在、使われている定時法では、お八つ=だいだい14時~15時、丑三つ時=2時過ぎになりますね。

ややこしい話ですが、
「不定時法では、夏は昼の一刻が長くなり、冬は夜の一刻が長くなる」
ということがわかればいいかと。

現代で不定時法を使うのは、おやつや丑三つ時などの慣用表現くらいでしょう。

ちなみに「10時のおやつ」は一度にたくさん食べられない小さな子供のために、間食として考えられた可能性が大だそうで。

いつ頃からの習慣なのかはハッキリしませんが、少なくとも戦前には当たり前の習慣になっていたようです。

現代の大人がやるとメタボへ一直線になる恐れがありますので、コーヒーブレイクくらいがよさそうですね。昼食が食べられなくなってしまいそうですし。

ともかく、西洋の時計をそのまま日本で使うのは難しい状況でした。

 

120年で魔改造に成功した日本の時計職人たち

しかし、それが日本の職人魂に火をつけたのかもしれません。

いつしか「西洋の時計が使えないなら、日本に合った時計を新しく作ればいいじゃない^^」という考えが主流になったようです。

例によって詳しい経緯は歴史の流れに埋もれてしまいましたが、鉄砲伝来から十数年で種子島の量産体制が確立したような状況ですから、同程度の速度で不定時法時計=和時計も開発されたとみられています。

鉄砲伝来は中国船で?種子島に漂着した船にポルトガル人が乗っていた

続きを見る

制作年度がハッキリしている最古の和時計は、延宝元年(1673年)のものです。

西洋時計が入ってきた確たる記録は、天文二十年(1551年)にフランシスコ・ザビエル大内義隆に献上したときのことですので、120年程で魔改造したことになります。

大内義隆(西国一の戦国大名)はなぜ陶晴賢に滅ぼされた?45年の生涯まとめ

続きを見る

ザビエルの知られざる生涯~再来日を目指していた?【戦国宣教師伝】

続きを見る

祖父・父・子とかで開発してたらプロジェクトXものですね。

また、寛政九年(1796年)に出版された「機巧図彙からくりずい」という本には、和時計の内部構造が事細かに書かれています。

『機巧図彙』に掲載の和時計/photo by I, PHGCOM wikipediaより引用

もちろん精密機械ですから、和時計は超高級品であり、大名や豪商などの富裕層しか持てませんでした。

そのため和時計のことを「大名時計」ともいいます。

高級品らしくかなり細かい装飾が施されたものも多々ありました。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.