水野忠邦/wikipediaより引用

江戸

出世欲が強すぎて家臣を切腹させた水野忠邦は星3つ! そして改革も失敗し

水野忠邦は江戸後期の老中で『天保の改革』を行った人物です。

これだけ読むと高尚な方に思いますが、実は結構ゲスい御仁ではないでしょうか……。

早速、振り返ってみたいと思います!

 

賄賂&国替えのダイナミック忠邦

忠邦は寛政6年(1794年)、唐津藩主の次男に生まれました。

おにーちゃんが早死にしたため、そのまま世継ぎとなるのですが、水野家といえば先祖を辿ると家康の母・於大の方に繋がる名家です。

於大の方(家康の母)はなぜ家康を産んですぐに離縁? 75年のその生涯

続きを見る

水野信元(家康の伯父)が織田&徳川の同盟を仲介! しかし最期は処刑され

続きを見る

当時の唐津藩は6万石ながら、実質の石高は25万石とも言われ、大変恵まれた藩だったのです。

そこで跡を継いだ忠邦は「オレ、幕閣になって活躍したーい!」と思い立ち

・莫大な賄賂を使って出世

『奏者番』という、将軍と大名のあいだを繋ぐ中々の役職を貰いました。

さてここからもっと出世だー!と息巻く忠邦は

【唐津藩は長崎の警備があるから藩主が江戸詰だと困るよね〜】

という事情に気づいてしまいます。

どうしても出世したい忠邦。

家臣が止めるのも聞かずに「国替えよろしくお願いしまーす」と浜松にお引越しをするのです。

浜松藩も6万石ですが実石は15万石(5万程度では?という指摘も)ですから、唐津に比べて5分の3になっちゃった訳です。

しかもこの時、家老の二本松大炊が忠邦を諌めるべく腹を切っておりますから、「あ〜あ~!」と悶絶したくなるも、実のところ作戦が的中して出世を果たし、寺社奉行の職をゲットすると、トントン拍子で老中首座となるのでした。

老中首座というのは、内閣総理大臣みたいなものですね。詳細は以下の記事をご参照ください。

大老・老中・若年寄の違い、ご存知ですか?細分化された江戸幕府の役職

続きを見る

 

天保の改革っ!

さて、徳川家慶が12代将軍になり、大御所政治をやっていた子作り将軍の徳川家斉が死ぬと、忠邦は幕府の財政を立て直すべく改革をはじめました。

俗に言う『天保の改革』です。

忠邦は、家斉の寵臣を追っ払うと、鳥居耀蔵や遠山の金さんを登用。

遠山の金さんライバル 鳥居耀蔵は星3つ! 蛮社の獄の実行奉行は妖怪と呼ばれ

続きを見る

改革のコンセプトは「享保、寛政の改革いいね!」でした。

どういうことか?というと

米マンセー!

贅沢禁止!

物価が高いのは商人がつるんでいるから!

となります。

米作りが大切だから都会にいる農民は田舎に帰れ(人返し令)と冷たいし。

お前らたるんでるから娯楽禁止な(贅沢禁止、歌舞伎など芸能の制限)と余計なお世話だし。

商人つるむなー(株仲間の解散)と経済に口出しまくりだし。

質素倹約をベースに幕府の財政を豊かにして、物価を下げようとするのです。しかし……。

幕府の財源として貨幣の質を下げたためハイパーなインフレが勃発。

物価が上がるは、娯楽は取り締まるわで庶民から大ブーイングを受けるばかりか、大名や旗本からも【上知令】への反発が酷く、わずか2年で失脚してしますのです。

上知令(あげちれい)とは、江戸・大阪周りは全部幕府の土地にしちゃう代わりに、本領近くに土地あげるね、という制度です。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.