徳川宗春を演じた役者を描いた『夢の跡』の一頁/wikipediaより引用

江戸時代

徳川宗春のムネノミクスで空前の好景気「名古屋の繁華に京(興)がさめた」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
徳川宗春
をクリックお願いします。

 

ドケチ吉宗の政策と真逆の方針でガンガンやれ!

さて、尾張家を継いだ宗春は、早速内政に取り掛かりました。

それも、当時の情勢からは考えられないような方向へ。

時の将軍は八代・徳川吉宗――。

”中興の祖”とか”米将軍”とか”口癖は質素倹約”とか、平たく言えばドケチです。

享保の改革
享保の改革は失敗か成功か? 目安箱や米政策をはじめとした吉宗の手腕

続きを見る

宗春は尾張藩主になる前、吉宗にいろいろ任されているので、恩もあり、その性格や政策も理解していたことでしょう。

しかし、自身が尾張藩主に就いてからは真逆の方向にブッちぎっていきます。

吉宗のポリシーにことごとく反するようなことばかり言い出したのです。

例えば、幕府では「今はお金がないんだから、祭りや芝居などの娯楽は控えること!」としていたのに対し、宗春以下の尾張藩では「やれやれもっとやれ!俺も派手なの好きだし、皆楽しくないとやる気なくなるだろ!」といった感じでした。

吉宗以下幕閣がこめかみに青筋を浮かべている様が目に見えるようで笑え……苦労が偲ばれます。

初代・義直と家光も対立してましたが、尾張家には将軍と険悪にならなきゃいけないとかいう伝統でもあるんですかね。

 

「今度の殿様は派手で面白い方だ」

とはいえ宗春はただの馬鹿殿ではなく、儀式や寺社への参拝のときにはきちんとした正装をしていました。

その辺はさすが由緒正しいお家の人ですね。

代わりに(?)自領内では歌舞伎や能の役者姿(舞台衣装)で出かけたり、どこから見つけてきたのか白い牛に乗ってみせたりとやりたい放題だったとか。

民衆からも「今度の殿様は派手で面白い方だ」ということで人気があったそうです。

領内に芝居小屋や遊郭など、娯楽施設を作る許可を出したのも宗春でしたので、そっちの世界や商人の間でも「ありがたいお方」として受け入れられていきます。

最盛期には千人を超える遊女で大賑わいだったとか。

実は宗春自身も、江戸にいた頃は吉原へよく通い、評判の遊女を身請けするほどだったのです。

結果、尾張藩は「名古屋の繁華に京(興)がさめた」とまで言われるほど経済を回復させました。

ただし、藩財政は相変わらず赤字で、回復とはなっておりません。

 

実は、きちんとした理屈もあった

それにしても……宗春はなぜこれほどの行動に出れたのか?

実は、ただの反発ではなくきちんとした信念がありました。

いくつか書き出されているのですが、一貫しているのは二つ。

「行き過ぎた倹約はかえって民を苦しめることになる」

→ケチケチしすぎないで、使いたいときはパーッと金を使え!

「規制を増やしても違反者を増やすのみ」

→だから取り締まる手間をかけるより、楽しく金を使うようにすればいいじゃん?

シンプルで一理ありますし、現代にも通じる考え方ではないでしょうか。

余裕のある人が積極的に使ってくれないと、お金は天下を回っていきませんからね。

この方針は自領内にとどまらず、参勤交代で江戸に行った際には

「前の屋敷を建て直したついでに、ウチのお宝を江戸のみんなに見てもらおう!」

ということで藩邸を開放するという前代未聞の行動に出ています。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-