池田綱政/wikipediaより引用

江戸時代

子供を70人作ってバカ殿扱い池田綱政~後楽園も作った岡山藩主二代目とは?

「こいつ、全然イケてないwww」なんて調子で笑われてしまう、歴史上の人物がおります。

実際にそうだった場合もあれば、講談や物語による誇張表現で不当に貶められる人も……。

本サイトでも松平忠直や松平忠輝、高橋お伝など、実質、風評被害に遭ったと思われる人々を何人か見て参りまいたが、今回はとある藩主に注目です。

正徳四年(1714年)10月29日に亡くなった、岡山藩の二代藩主・池田綱政(つなまさ)です。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

信長、家康、忠勝…戦国オールスターの子孫・池田綱政

池田綱政はまず血筋が凄まじい。

ご先祖様を遡ると、

・池田輝政

榊原康政

千姫

本多忠勝

織田信長

徳川家康

といった大物が出てくる戦国オールスターみたいな人でした。

綱政の生きた時代は既に太平の世だったため、そうそうたるメンツの血筋らしい武功を挙げることはありませんが、功績の面ではそれをうかがわせるものがあります。

池田家を継いだのは寛文十二年(1672年)。

この時代の大名によくあることで、しばらくは隠居したはずの父親が実権を握っていました。

父・池田光政も名君として名高い人でしたので、綱政としては逆らう理由もなく、また大いに学ぶこともあったでしょう。

そのためか天和二年(1682年)に光政が亡くなるまで、目立った衝突はなかったようです。

そこからは自ら藩政に辣腕を振るいます。

特に力を入れたのは、新田開発のための灌漑(かんがい・水路や堤防を作って安定した水を供給すること)でした。

当時はどこの大名も冷害その他で米の税収が減り、それでも家格に見合った暮らしをせねばならない。

ゆえにビンボーになる、そんな時期です。

藩政を安定させるためには、いかにして米を確実かつ効率よく実らせるか?というのがポイント。

岡山藩も例外ではなく、洪水などの天災で税収が減ってしまっていました。

幸い、綱政のこうした取り組みが功を奏し、やがて財政再建を果たします。

 

三名園「後楽園」を造営

綱政は、寺社や庭園の造営にも熱心に取り組みました。

新しく作るのはもちろん、ひいじーちゃんの信仰していた岩屋観音にもたくさん寄進をしています。

日本三名園の一つ「岡山の後楽園」も彼が作らせたものです。

後楽園

地元で客をもてなすときに使われることが多かったようですが、綱政は「何かあったときには城の女子供をここへ避難させるように」とも言いつけていたそうで、いくつもの役割を持っておりました。

余談ですけども、戦時中には芝生の一部が畑に使われていたこともあったそうで。

”いざというとき”に領民の役に立つことができて、綱政も本望だったのではないでしょうか。

残念ながら、建物は空襲で一度全部燃えてしまったのですけども。文化の破壊ダメ絶対。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)