赤穂浪士の切腹

吉良邸討ち入り・二代目山崎年信/wikipediaより引用

江戸時代

赤穂浪士46名の切腹~執行の日まで最も礼を尽くしたのはあの細川家だった

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
赤穂浪士の切腹
をクリックお願いします。

 

ただ一人実際に腹を切って意地を見せた間光風

他の三家の内訳は、久松松平家(家康の異父弟の血筋)、家康の従弟系統の水野家、そして毛利家……といっても本家ではなく、毛利秀元の家系のほうが預かり先を任されました。

毛利秀元
元就の孫・毛利秀元が「文禄の役」で鮮烈デビュー 毛利軍3万の総大将に

続きを見る

大身の前田家や島津家、伊達家などが選ばれていないのはちょっと意外な気もしますかね。

一方で家康親族の家系はまだしも、外様なのにこのような重要な役を任された細川家や毛利家の信頼されっぷりもうかがえます。

この中で特筆すべきエピソードを残しているのが、毛利家に預けられた赤穂浪士・間光風(はざまみつかぜ)という人物でしょう。

武士よりも役者さんや文化人にありそうな綺麗な名前ですが、心意気は武士そのもの。

当時の切腹は既に形式化しており、実際に腹を切ることはほとんどありませんでした。あれほど忠義を貫いた浪士たちも、直接の死因はほとんどは介錯人によるものです。

しかし、光風はただ一人実際に腹を切り、介錯人が慌てて止めを刺したのだとか。

これまた一歩間違えると預かり先の不手際としてお咎めを受けるところですが、検視役が「見事」として褒めたため事なきを得たそうです。

確かに、本来の作法を守って罰されるいわれはないですものね。

切腹
切腹のルールと恐ろしい現実!もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

続きを見る

人数の差はあれ、意外にも一人あたりの所要時間はあまり変わらなかったそうです。

計算上平均6分だったといわれています。どこの家も決められた作法をきちんと守ったからなのでしょうね。

 

浪士たちを称える碑を建てたのはイタリア大使

人生最後の6分間、浪士たちが何を考えたのかはわかりません。

命を捧げた主のことだったかもしれませんし、後に残される妻や子供のこと、赤穂藩のこと、あるいは「死にたくない」と思っていた人だっていたでしょう。決死の覚悟とはいえ、やはり人間ですからね。

東京都港区高輪の旧細川家下屋敷跡には「大石良雄外十六人忠烈の跡」、同じく港区三田の松平家中屋敷跡には旧浪士たちの忠義を称える碑が立っています。

大石良雄外十六人忠烈の跡/photo by Tokyo Watcher wikipediaより引用

後者については現在イタリア大使館になっており、碑も昭和十四年(1939年)に当時の駐日イタリア大使が建ててくれたのだとか。

毎年2月4日に供養もしてくれているそうです。

当時の大使が誰なのか具体的なお名前まではわからなかったのですが、ありがとうイタリア。

でも何でそんなところを外国の方にお貸ししたんでしょうね? 元が大名屋敷ですから、良い土地なのはまちがいないですけども。

その一方で「浪士たちの遺品を預かった寺院がそれらを転売した」なんてイヤな話も残っているのですが……。仏罰当たれ生臭坊主ども。もう当たってるかもしれませんが。

こういうの、某鑑定団にでも出てきたらいいんですけどねえ。国宝でも個人の所有になっているものもありますので、いずれにせよきちんと保管していただきたいなあと思います。

みんなが読んでる関連記事

赤穂事件=赤穂浪士の討ち入りはテロ事件?史実はどのように進んだか

続きを見る

寺坂信行
赤穂浪士唯一の生き残り寺坂信行~討入参加を許された足軽の流転

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友なり!されど本能寺後は?

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友なり!されど本能寺後は?

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友なり!されど本能寺後は?

続きを見る

細川忠興
細川忠興(藤孝の長男で光秀の婿)は文武両道かつキレ体質~83年の生涯まとめ

続きを見る

毛利秀元
元就の孫・毛利秀元が「文禄の役」で鮮烈デビュー 毛利軍3万の総大将に

続きを見る

切腹
切腹のルールと恐ろしい現実!もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『これが本当の「忠臣蔵」 (小学館101新書―江戸検新書)』(→amazon
間光風/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代