緒方洪庵

緒方洪庵/wikipediaより引用

江戸時代

緒方洪庵こそ聖人なり 適塾で医師を育て種痘撲滅に奔走するも最期は窒息死

人間、誰しも腹の中に幾ばくかの黒い部分がありましょう。

しかし、ごく稀に、文字通りの「聖人」としか思えないような人もいます。

今回は江戸時代にいた、そんな人のお話。

文久三年(1863年)6月10日は、緒方洪庵(こうあん)が亡くなった日です。

この時期に活躍していた蘭学者・医師の中でも特に高名な人ですが、前半生は苦労の連続。

まぁ、晩年もある意味、不幸なのですが…….。

いつも通り順を追ってみていきましょう。

 

家督は継げず藩の財政も逼迫 とにかく勉強!

洪庵は、現在の岡山県西部にあった足守藩士の三男として文化七年(1810年)に生まれました。

長兄は夭折していたため、次兄が跡継ぎになっています。この次兄が健康かつ文武両道で、いかにも武家の跡継ぎらしい人でした。

他に姉が一人いて、和歌を得意としており、洪庵にも素養があったようです。

父は身分が高いとはいえませんでしたが、藩の経済や訴訟に関する仕事をしており、学問や文化も身につけていた知識人でした。

そんな環境のもと、洪庵は早いうちに自身の将来をどうするか、と意識するようになったようです。

武家の男子は、跡継ぎでない場合はどこかへ養子に行くか、出家するか……あるいは部屋住みという名の穀潰しとして白眼視されるかのどれか。

跡継ぎ候補の次兄が健康で無事に家督を継ぐと思われていれば、その下の洪庵が将来に不安を抱いたのもごく自然なことだったでしょう。

また、洪庵一家がお世話になっている足守藩も、経済的にはご多分に漏れず窮乏しており、藩校や私塾が機能していないという厳しい状況でした。

洪庵の父を含め、藩士の給米なども半減されるほどです。

そのため、洪庵は父や兄から読み書きや漢籍を学んでいたと考えられます。

また、小さい頃体が弱く、兄のように武道に励むということも難しく思われました。

 

医師を目指して大坂の中天游塾へ入門

運命がにわかに動き始めたのは洪庵13歳のとき。

長崎にシーボルトが来日し、西洋医学の噂が聞こえ始めます。

シーボルト
シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日していた

続きを見る

身の振り方を決めかねていた洪庵は、ここで「医師になって生計を立てられるようになろう!」と決意。16歳で元服し、翌年大坂の中天游(なかてんゆう)塾へ入門します。

事後承諾ではありましたが、父から「息子に学問をさせたいので、藩を離れることをお許し下さい」と藩主に頼んでもらっていたため、脱藩ではありません。

藩としても武士が多すぎると養いきれませんし、自力で稼げるようになりたいというのは大歓迎だったでしょうね。

洪庵の最初の師匠である天游は、大槻玄沢の弟子だった人です。

大槻玄沢
コミュ力抜群だった医師・蘭学者の大槻玄沢にはどんな功績がある?

続きを見る

医学の他に国学や神道、蘭学にも造詣が深く、洪庵は幅広い分野の知識を得ることができました。

一方、そのヤル気と頭脳を評価した天游は、洪庵に対して「江戸でもっと勉強したほうがいい」と勧めます。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代