大槻玄沢

親・子・孫で顕彰される大槻三賢人の像(玄沢・磐渓・文彦)

江戸時代

コミュ力抜群だった医師・蘭学者の大槻玄沢にはどんな功績がある?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
大槻玄沢
をクリックお願いします。

 

オランダ正月でパーティー開かなあかんねん

さて、上記のように、玄沢は非常に人付き合いがうまかったわけですが、その証左になりそうな点がもうひとつあります。

彼は「オランダ正月」という行事を行っているのです。

「紅毛正月」や「新元会」とも呼ばれたこの行事、もちろんオランダ人に関係があります。

玄沢は長崎に遊学していた際、「暦が違うため、西洋の新年は日本の新年とは日付がズレる」「長崎では、西洋の新年に宴を開いている」ということを知りました。

そして37歳のとき、江戸へのあいさつにやってきたオランダ商館長と共に、江戸でもこの宴を開こうと思いつきます。

お師匠様の玄白・良沢も招待。

そのお仲間の蘭学者や西洋好きの面々も集まって、賑やかなパーティーになった模様です。

パーティーは、玄沢の死(文政10年・1811年)後に息子の大槻磐里(ばんり)が引き継ぎ、磐里が亡くなる天保八年(1837年)まで毎年実施されました。

ちなみに、磐里の弟・大槻磐渓がこのオランダ正月を復活させるのですが、少し紆余曲折がありまして。

磐渓は「奥羽越列藩同盟の結成に関わった」として、戊辰戦争の戦犯にされてしまいます。

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは?伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

ただ、老体であることからすぐに罪を許され、ほとぼりが冷めた明治六年(1873年)にオランダ正月を再開させたのです。

磐渓自身が開国派だったということもあるでしょうが、トーチャンの偉業を受け継ぎたいと思ったのかもしれませんね。

そんな大槻一族については以下の三名が「大槻三賢人」として一ノ関駅前に銅像がたてられています。

大槻玄沢(親)

大槻磐渓(子)

大槻文彦(孫)

中尊寺でお馴染みの平泉からかなり近いので、現地を訪れる機会がありましたら、ご一緒に見学されるとよいかもしれません。

 

本文中に出てくる関連記事

華岡青洲
江戸時代の華岡青洲が世界初の麻酔~妻と母を犠牲に進んだ医術の道

続きを見る

曲直瀬道三
戦国No.1名医・曲直瀬道三の患者がスゴい 信長 元就 正親町天皇など

続きを見る

江戸時代の医者
「私は医者だ!」と名乗れば医者になれた?江戸~明治時代の医療事情

続きを見る

『JIN-仁-』の舞台・江戸時代は医学が劇的進歩をしている最中だった

続きを見る

コミック『JIN-仁-』全巻セット
漫画『JIN-仁-』を見て抱く3つの疑問~江戸のリアル医療事情とは

続きを見る

『JIN-仁-』大先生・洪庵の真実~漫画ドラマ以上に熱くて優しい人だった

続きを見る

手を洗わず手術&出産で死者多数の時代~アメリカ大統領も死んでいた

続きを見る

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは?伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
朝日新聞社『朝日 日本歴史人物事典』(→amazon
大槻玄沢/wikipedia
オランダ正月/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-