大塩平八郎の乱

大塩平八郎/wikipediaより引用

江戸時代

大塩平八郎の乱って意外と物騒~半日程度で鎮圧するも大坂は火の海に

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
大塩平八郎の乱
をクリックお願いします。

 

「地元が困ってるやろ」「決まりなんでぇ」「プチッ!」

彼は現役時代からクソ真面目な役人として知られておりました。

引退後は自力で陽明学を学び、私塾を開くなど、徹頭徹尾お堅い人物であります。

さすがにいきなり突撃するワケではなく、平八郎は現役時代のツテを辿り

「地元が困ってんのに江戸を優先すんのはおかしな話とちゃうか」

と意見を申し述べました。

それに対して返ってきたのは「江戸に送ることになってるんで」というテンプレ通りの返答。

ついに彼とその門下の人々はブチキレます。

平八郎は、まず自らの蔵書を売り払って資金を作り、貧しい人々の救済を始めました。

しかし、とても追いつかず、やむなく武装蜂起も辞さぬ――という方針に変えていきます。

決起の前には家族が罪をかぶることのないよう離縁、家財を売却することによって武器防具の類を調えたそうです。

まさに決死の覚悟ですね。

しかし……。

 

大砲をぶっ放し天満一帯を火の海に

こうした緊迫した状況に耐えられなかったのか。それとも最初からスパイが入り込んでいたのか。

この決起は実行直前に当局へバレてしまいます。

決起の前日、メンバーの平山助次郎・吉見九郎右衛門が奉行所に密告したのです。

大塩平八郎たちは当初の計画を変更せざるを得なくなり、早速、行動にでました。それが天保8年(1837年)2月19日のことです。

平八郎たちはなかなか過激な行動に出ます。

まず自宅に火をつけると、蜂起を知った近隣の農民たちが集い100名ほどのメンバーに。

彼らは「救民」の旗を掲げ、大砲をぶっ放し、焙烙玉を投げたり、天満一帯を火の海にしました。

朝の8時ころに始まったこの乱は、騒ぎを知ったところに野次馬も加わり、300人ほどの集団に膨れ上がります。

彼らは鴻池屋を始めとした豪商にも襲いかかり、金品や米などを路上にばら撒きながら暴れ続けるのでした。しかし……。

所詮は町人や農民の烏合の衆です。

奉行所から幕府の鎮圧軍が出てくると、あっという間に壊滅。

半日程度で鎮圧され、平八郎も40日ほど逃げ回ったあとの3月27日、自決に至りました。

養子と共に火薬を使っての爆死を選んだ平八郎は、死後、顔の判別もつかないほどだったそうです。

爆死というと戦国時代の松永久秀が有名ですが(実際はやってない)、大塩平八郎親子も同じ死に方をしていたとは意外ですね。経緯は全然違いますが。

松永久秀は爆死に非ず~信長を2度裏切るも実は忠義の智将70年の生涯

続きを見る

 

生真面目を通り越して厳格過ぎたのかも

乱の影響は決して小さくありませんでした。

3,389軒もの家屋が焼失。

実に市街地の1/5が焼けており、世帯数で言うと12,578もの家族が影響を受けています。

幕末期の争乱期が始まるまでには、まだ若干の時間がありますが、大塩平八郎の影響を受けたモノたちが「大塩門弟」や「大塩残党」といった旗を掲げ、各地で複数の騒動を起こすのです。

もう米を基本とした社会システム(幕藩体制)に限界が来ていたのかもしれませんね。

事実、この一件が幕府の権威を大きく失墜させたとも見られています。

哀しいのは、生真面目を通り越え、厳格過ぎだとされる平八郎の性格でしょう。

・学者仲間の頼山陽からは「君は短気すぎるから刀を持ち歩くのは止めたほうがいい」(意訳)と忠告された

・朝の五時から講義を始めていた

・しかも講義のときは門下生が目を合わせられないほど怖かった

等々、良く言えばマジメ、悪く言えば非常に融通のきかない特徴を兼ね備えていたのです。

大坂町奉行がもう少し柔軟に対応していてくれてたら、こんなことにならなかったのでは?と、無念な思いが湧いてきてしまいます。

みんなが読んでる関連記事

田沼意次
田沼意次はワイロ政治家というより優秀な経済人? 評価の見直し進む

続きを見る

天明の打ちこわし
天明の打ちこわしが実に日本人らしい件~礼儀正しく狼藉とはこれ如何に

続きを見る

松永久秀は爆死に非ず~信長を2度裏切るも実は忠義の智将70年の生涯

続きを見る

天保の改革・水野忠邦
天保の改革で水野忠邦が大失敗?贅沢を禁じ質素倹約のやり過ぎでカオス

続きを見る

由比正雪の乱
成功するわけねぇ……由比正雪の乱は計画が杜撰すぎてアッサリ鎮圧

続きを見る

忍者説もある松尾芭蕉~旅に生きた俳人の知られざる51年の生涯まとめ

続きを見る

天然理心流
幕末最強の剣術は新選組の天然理心流?荒れ狂う関東で育った殺人剣

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
大塩平八郎/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-