食・暮らし

江戸の千住で酒合戦!女性呑兵衛も含めて総勢百名以上が日本酒三昧

投稿日:

読書の秋、行楽の秋、食欲の秋などなど、秋はいろんなことが捗る季節――。

呑み助にとっては、ひやおろしやボジョレー・ヌーヴォーなど、新酒の秋でもありますね。

江戸時代の人もそうだったのか。
秋に行われた和やかな呑み比べ大会の話が伝わっています。

文化十二年(1815年)10月21日、江戸・千住で【酒合戦】という呑み比べ大会が開かれました。

 

谷文晁や亀田鵬斎なども参加した千住の酒合戦

キッカケは町内の中屋六衛門という人の還暦祝いだったそうです。

江戸時代は飢饉や疫病、地震に大火事と災害続きでしたから、六十まで生きられる人は珍しかったんですね。
「こりゃめでたい、皆におすそ分けして盛り上がらなくては!」というわけです。

世は子沢山将軍・徳川家斉(いえなり)の時代。
周辺の海では外国の船がうろちょろし始めていましたが、まだまだ国内は平和だった頃ですね。

御家人が記録していたり、亀田鵬斎(かめだぼうさい)や谷文晁(たにぶんちょう)といった文化人が参加していたり、ある程度、身分問わず参加できて和やかな会だったようです。

しかし、このとき使われた杯のサイズがスゴイ。
6種類あって、容量ごとに名前がついているのですが……。

小さい順にみてみましょう。

・厳島杯(5合)
・鎌倉杯(7合)
・江島杯(1升)
・万寿無量杯(1升5合)
・緑毛亀杯(1升5合)
・丹頂鶴杯(3升)

長寿のお祝いらしく、めでたい名前がついてますね。鎌倉と江島は謎ですが。

1合が約180mlで1升が約1.8Lですから……一番小さいので900ml、最大で5.4Lくらいでしょうか。

そんなもんでガブガブ呑める人がいたのか?というと、いたんです。
しかもたくさん。

 

江戸の日本酒は水割りだった

この時代のお酒は、現代のようにそのまま呑むものではなく、割り水をして呑むのが当たり前でした。
アルコール以外の成分が多く、そうしないと雑味がひどくて呑みづらかったそうです。

薄くしすぎて
「これじゃ金魚が泳げそうだw」
なんて言われることもあったとか。

戦国時代や江戸時代が舞台の小説を読んでいると、朝食に酒が出てくることがありますが、これなら確かに呑んでも酔わなさそうですよね。
呑んだ量は多くても、おそらくアルコールの摂取量としては現代とさほど変わらないのではないでしょうか。

話は戻りまして、千住の酒合戦では我こそはという酒飲みの老若男女が総勢百名以上集まり、二組に分かれて酒量を競ったそうです。

一人ずつ出てきて、より多く呑めたほうが勝ちという方法でした。
結構時間かかりそう。

 

江戸の飲み会は女性も参加!

メンツもなかなか濃ゆいです。
30~40代で働き盛りの男が多いかと思えば、60歳を越したご老人もいました。

女性もけっこう参加していたようで、
「鎌倉杯・江島杯でずっと呑んでた」
「万寿無料杯でも酔わなかった」
「緑毛亀杯空けた」
という記録が残っています。

一昔前は「女が酒を飲むなんて!」みたいな風潮もありましたが、そのまた昔は普通にガンガン呑んでたんですね。

きちんとツマミも用意されていたようですし、死人が出たという記録もありませんから、皆無理のない範囲で楽しんでいたのでしょう。

最多記録の人は7.5升(=13.5L)呑んだとか。
途中でトイレ行ったんでしょうけど、お腹たぷんたぷんになりそうですね。

こうした酒合戦は特に江戸時代に多く行われ、庶民の娯楽となっていました。

災害の多い江戸時代、大勢であまりお金をかけずに楽しめる場として重宝されていたのでしょうね。

ただ、「優勝者が昏睡したあと水をガブ飲みしてようやく復活した」「大量に飲んだヤツが倒れて翌朝まで起きなかった」なんて記録もあるので、やっぱりお酒はほどほどにしといたほうがよさそうです。

戦国時代にも、調子こいて日本三名槍の一つとされる【日本号】を持っていかれてしまった武将がいます。

持っていかれたのが豊臣秀吉子飼いの福島正則

福島正則が迎えた哀しき改易 加藤清正の盟友は豊臣を守りきれず……

【 ...

続きを見る

持っていったのが黒田官兵衛の腹心・母里太兵衛です。

母里太兵衛は黒田家臣でNo.1の暴れん坊!酒呑み勝負で名槍ゲットン!

慶 ...

続きを見る

皆さん、お酒はほどほどに。

酒豪・福島正則が泥酔でブラックアウト~!? 下手すりゃ死亡、アルコールの恐怖とは

豊 ...

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
日本名門酒会

 



-食・暮らし
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.