サッポロビール博物館

食・暮らし

日本初の国産ビールは「開拓使麦酒醸造所」で! サッポロビールの前身です

明治十年(1877年)6月26日は、日本初の国産ビール明治天皇に献上された日です。

開拓使麦酒醸造所、現・サッポロビールが製造したものです。

あれ?
なんか遅くない?

6000年とも言われるビールそのものの歴史を考えると、明治になって国産ビールというのはいささか遅い気がしませんか?

6000年もの歴史あり!ビールは最初「液体のパン」と呼ばれていた

続きを見る

しかし、江戸時代鎖国を考えるとそんなもんかな?とも思ったり。

本稿では日本ビールの歴史を追ってみましょう。

 

オランダ商館長「出島でも作れないかな」

日本に初めてビールがやってきたのは、大坂冬の陣の前年、慶長十八年(1613年)だとされています。

長崎に出入りしていた商人の誰かが持ってきたとか。

その後もオランダ商人が運んできたようで、享保九年(1724年)には八代将軍・徳川吉宗にも献上されたといいます。

徳川吉宗が将軍になるまでのミステリー 7名の重要人物が次々に死亡って!?

続きを見る

吉宗の感想は伝わっていないので、まさか飲まずに捨ててしまったとか……?

当時の日本人からすれば「何だこの苦い麦汁は! あっ、酒だぁ? 信じられるか!」という印象だったかもしれません。

出島のオランダ人は、本国から持ってきては飲んでいたと思われますが、何を思ったのか1812年に「ここ(出島)でもビール造れないかな?」と試した人がいました。

賃料毎年1億円! 長崎・出島の意外な歴史~オランダ人は年4ヶ月だけ滞在

続きを見る

オランダ商館長ヘンドリック・ドゥーフです。

一応成功したらしいのですが、日本側の記録が乏しいことからすると、やはり受け入れられなかったのでしょうかね。

おそらく通詞(通訳)や出島に出入りしていた遊女の中に、口にした人もいたと思うのですが。

日本で描かれたドゥーフ(司馬江漢作)・なんとも特徴的な絵ですよねぇ/Wikipediaより引用

 

札幌に作られた開拓使麦酒醸造所

時は流れて、維新から間もない明治二年(1869年)。

横浜の外国人居留地で、外国人によるビール会社が作られました。

製造も無事うまくいったようで、居留地の外国人や日本のお偉いさん相手に販売を開始します。

そのうち輸出できるほどの量になったそうですから、だいぶ経営がうまい人が携わってたんでしょう。

明治一ケタの間には、日本人によるビール醸造会社も現れ始めました。文明開化に伴って、ようやく国内でも受け入れられていったようです。

そして1876年、札幌に「開拓使麦酒醸造所」が作られます。

現在のサッポロビールの前身にあたる会社ですね。

わざわざ北海道に作られたのは、ビールの原料の一つである「ホップ」が、北海道に自生していたからだそうで。

ここで作られたビールが、一般発売に先駆けて、翌年、明治天皇に献上されたというわけですね。

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

その後、開拓使麦酒醸造所は民間に払い下げられて一般企業となり、ヱビスビールなどを売り出して軌道に乗っていきます。

後に続いて、大阪麦酒株式会社(アサヒビールの前身)なども開業し、国内には大小様々な醸造所ができていきました。

軍では結構早くからビールが受け入れられたらしく、乃木希典が愛飲していたといわれています。部下たちと一緒にわんこそばならぬ「わんこビール」もやっていたとか。

乃木希典(元陸軍大将)妻とともに明治天皇に殉じた軍人の生き様とは

続きを見る

しかし20世紀に入り、軍備増強の一環としてさまざまな増税が行われると、酒造業界にも改革の嵐が吹き荒れます。

日本酒にしか課せられていなかった酒税がビールにもかかるようになり、最低製造ラインが設けられたのです。

これにて条件を満たせない小さな醸造所は倒産、もしくは大手に吸収。

今日のようにキリン・アサヒ・サッポロ・サントリー・オリオンの大手五社に絞られていくこととなりました。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-食・暮らし
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)