村田銃を背負った秋田県八木沢のマタギ佐藤良蔵(1958年)/photo by 佐藤良美 wikipediaより引用

食・暮らし

マタギが凄ぇ! 熊も鹿も仕留める山の猟師たち~ゴールデンカムイでも大活躍

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
マタギ
をクリックお願いします。

 

マタギの信仰とヘビーな通過儀礼

「コレヨリノチノ ヨニウマレテ ヨイオトキケ」

谷垣は、死にゆくものにそう声を掛けます。

実在するマタギたちも、山に入れば「里言葉」を捨て、独特の「山言葉」で会話しました。

一例:イタズ出た! シルベ・タダゲー!(熊が出たぞ、鉄砲を撃て!)

彼らは美しい女性とされる「山神様」を信仰し、厳密に掟を守っていました。

破るようなことがあれば、冷水で穢れを落とさねばなりません。

山では、酒や煙草、猥談や女の話は一切禁止。実にストイックな生活なのです。

留守宅でも、マタギの妻は夫が山に居る間、化粧もせず、着飾ることもなく、体を丸めて寝ること等、様々な決まりがありました。

山神様の機嫌を取るためには、若いマタギは様々な試練を行わねばなりませんでした。

【クライドリ】

山小屋で全員が車座となって座ります。

そこで若いマタギを素っ裸にし、サタテ(男性器)に薪の燃えさしを麻紐でくくりつけ、左右に振ります。

熱さと煙で悲鳴をあげたら、皆で笑います。

この儀式をすませることで、マタギは一人前とみなされました。

【熊舞い】

若いマタギに熊の毛皮を着せて「イタズだ!」と言い、皆で棒でつつきます。

若者は熊の真似をして「ウオウオ」と鳴くのです。

そういえば谷垣って、劇中で「小熊ちゃん」と呼ばれていたような……。

【サンゾク・ダマリ】

初めて狩猟に出た若いマタギに、「サンゾク・ダマリを知らねばマタギになれね」と言い、裸で外へ出します。

若者が死にそうになったところを小屋に入れ、感想を聞きます。

「うんとひどかった」というと、それが「サンゾク・ダマリだ」と教えるのです。

なぜこんなヘビーなことをするか?

というと、山神様はグロテスクで滑稽なことを喜ぶと考えられていたこと、教育的指導の意味があるようです。

作中の谷垣も、やたらと裸にされたり、セクシーポーズを取らされたりしていますが……。

 

実は“狙撃兵”だった!秋田藩のマタギ部隊

戊辰戦争において、秋田藩は奥羽越列藩同盟に参加せず、西軍側として戦いました。

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは? 伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

対戦相手となった庄内藩は、幕末最強クラスの強さ。

そのため秋田藩は、藩主・佐竹義堯ですら死の覚悟をするほど大敗を喫しています。

佐竹義堯

秋田藩はろくな準備もないまま戊辰戦争に突入したとされています。

ただし、まったく準備をしていなかったわけではなく、文久3年(1863年)にマタギを士分に取り立て「新組鉄炮方」として、狙撃に特化した特別部隊を作っていました。

翌元治元年(1864年)に藩主が上洛した際には、このマタギ部隊も同行していました。

山から下り、大小の刀を腰につけ、鉄砲を担いだマタギたちが、幕末の京都を歩いていたのです。なんか夢がありますよね。

そして迎えた慶応4年(1868年)。

秋田藩は装備面で出遅れていました。庄内藩士が最新式のスペンサーライフルまで装備していたのに対して、彼らは火縄銃だったのです。

マタギ部隊が当たった敵は、庄内藩士ではなく、南部藩士でした。

これは彼らにとってかなり運が良かったとは言えます。

マタギは活躍しました。

山に慣れており、体力も十分。しかも狙撃と団体行動に優れています。

彼らは一発撃っては身を伏せ、その間に装填し、また撃つという、そんな戦闘法を会得して、敵を苦しめます。

マタギ部隊の戦死者は、佐藤松五郎(享年33)。佐竹義堯は、武士以上の戦功を立てながら亡くなった松五郎の死を大層嘆き、松五郎の父の目通りを許した、と伝わります。

この活躍によりマタギは名声が高まり、武士ですら彼らとすれ違う時は、頭を下げたと伝わります。

谷垣の祖父あたりが、マタギ部隊として戦っていたと思うとロマンがありますし、マタギの谷垣が強いのも納得ですよね!

そしてこの彼の戦闘スタイルは、尾形上等兵との戦いで見られた「一撃での勝負」に引き継がれていますな。

単行本5巻を読み返してみると胸熱♪

こうしてみてくると、谷垣源次郎はまさにマタギだということがわかります。

今後も、彼のマタギとしての活躍に期待したいです!

あわせて読みたい関連記事

ヒグマの歴史~危険な羆と共生してきたアイヌと開拓民の対処法とは

続きを見る

尾形百之助
尾形百之助(ゴールデンカムイ)のルーツと因縁を考察! 薩摩と水戸の関係は

続きを見る

『ゴールデンカムイ』主要キャラ9名の出自やルーツ~史実からマトメました

続きを見る

キロランケの戦う理由とは?ゴールデンカムイ19巻を深堀り考察!

続きを見る

八甲田雪中行軍遭難事件~マイナス20℃ 真冬の青森で登山そりゃ遭難するわ!

続きを見る

三毛別羆事件に震えが止まらない……ヒグマに襲われ死者7名・重傷者3名

続きを見る

北海道開拓
北海道開拓はとにかく過酷!明治維新敗者、屯田兵、新選組、囚人、ヒグマ

続きを見る

日本犬(全国の地犬)が絶滅寸前の理由をご存知? 知られざる和犬の歴史

続きを見る

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは? 伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『最後の狩人たち─阿仁マタギと羽後鷹匠─』長田雅彦(→amazon
『マタギ奇談 狩人たちの奇妙な語り』工藤隆雄(→amazon

TOPページへ

 



-食・暮らし
-