那須与一/wikipediaより引用

源平

屋島の戦いは那須与一『扇の的』が熱い!義経のムチャ振りを豪腕で切り抜け

更新日:

”源平の戦い”ってどんなイメージがあります?

「調子に乗った平氏源氏がフルボッコにした」

ともすればそんなイメージを持たれるかもしれませんが、実際は一進一退だった時期も結構あったりします。

そもそも戦いって、どちらが勝つかわからないから戦うものですしね。
有名なエピソードがほとんど源氏優勢な話なので、そういう印象が強くなったんでしょうね。

決定的に体勢が傾いたのは一ノ谷の戦いで、その後の平家もスンナリやられたワケではなく、もう一度挽回しようと頑張ったことがありました。

そうして文治元年(寿永四年・1185年)2月19日に起きたのが屋島の戦いです。
那須与一が『扇の的』で大活躍したアノ一戦ですね。

そは一ノ谷の戦いから約一年後のことでした。

 

日宋貿易で積み重ねた資産や航海技術

屋島は、現在の香川県高松市にあります。

平家はここを本拠として周辺諸国からの年貢を分捕って力を蓄えていました。
さらには内裏(天皇の住まい)にあたるものも作っています。

もちろん大天狗こと後白河法皇がおkを出すわけもなく、
「戦をやめんかい(そしてワシに従え)」
という手紙を送りつけますが、平家が素直に聞くことはありません。そりゃあ、一ノ谷のときにハメられてますからね。

屋島古戦場 遠望 (屋島山上より望む)/photo by
Saigen Jiro wikipediaより引用

ならばなぜ
「物資が集まる前に手を打たなかったんだ?」
という気もしますが、これは平清盛の遺産みたいなものです。

清盛の時代に日宋貿易(当時の中国・宋王朝との貿易)をやっていたので、平家は水軍(今でいう海軍)を持っており、航海技術もありました。
一方、源氏はそもそもまとまったのがつい最近のこと。
対抗できる水軍がなく、新たに組織することもできず、攻めあぐねていたのです。

 

範頼は鎌倉へ戻り、義経は京へ

その間、平家は、ますます物資を得て、一ノ谷ですっからかんになっていた人材を物量で補おうとしていました。

「こりゃ、一筋縄ではいかんわ」
そう判断した源氏側は、いったん進軍を止めて二手に分かれます。

源範頼源義経
範頼は鎌倉へ戻って源頼朝の指示を仰ぎ、義経は京へ残って市街ごと皇居を守ることにしました。

義経というと後に頼朝との仲違いで京から出たとき、静かに出て行ったためありがたがられたという話がありますが、民衆からの人気はこの頃得たものかと思われます。
まぁ木曽義仲源義仲)のアレコレがあった後ですから、余計よく見えたのかもしれませんけどね。

源義経/wikipediaより引用

 

頼朝は、源範頼を総大将として派遣したが

さて、範頼から経過を聞いた頼朝は、改めて平家打倒の作戦を練ります。

そして「義経を総大将とした追討軍を認めてください」という手紙を後白河法皇に送りますが、ここで平家の地元かつ都の近所である伊賀と伊勢で大規模な反乱が起き、すぐに動けた義経がしばらくこの方面を担当せざるを得なくなりました。

頼朝はさぞ歯噛みしたでしょう。
代わりに範頼を総大将として平家を追わせます。

が、九州にまで延々と伸びた戦線と船の不足で追い込みきれず、兵糧も減り続け、逆に源氏がどこからどう見てもヤバイ状態になってしまいました。

こうなると当然士気はガタ落ちしますし、ヘタをすれば範頼の身すら危うくなります。

そこで範頼は頼朝にかくかくしかじかを報告する手紙を書きました。
ホントまめなお人やで。

 

「よく見たら相手の数が少なくね?」

予想外の戦況に鎌倉でも対応しかねますが、ここで義経が端緒を開きます。
上記の反乱を収めた後、同じ地域にいた水軍を味方につけることができたのです。

そして暴風雨の中、摂津(現・大阪府)から阿波(現・徳島県)に渡航を敢行し、平家の背後に回りこんで奇襲をキメました。
牛若さん、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

当然のことながら大混乱する平家。
勢いに乗る源氏。

戦場はそんな様相を呈し、一時は「三十六計逃げるにしかず!」と考えた平家は我先にと船へ乗り込みます。
そこで平家軍が、いったん冷静になります。

「よく見たら相手の数が少なくね?」と気付いたんですね。

冷静さを取り戻して平氏軍は弓で応戦し始め、義経もあわや危ない場面に襲われました。このとき奥州藤原氏から預けられていた家臣・佐藤継信が身代わりになって亡くなっています。

勝敗を決定付ける決め手に欠け、互いに疲弊したこともあり夕方には一時休戦となりました。

ここからが平家物語の名場面「扇の的」です。

屋島の戦い「扇の的」『平家物語絵巻』巻十一/wikipediaより引用

 

南無八幡大菩薩 あの扇の真ん中

平家の船から、とある女性が出てきました。

合戦の最中と考えればそれだけで度胸のほどがうかがえますが、さらに彼女は自らの扇を船の先先端にあった竿につけると、と源氏軍に向かって呼びかけます。

「これを射てみよ!」

海の上ですから当然不規則に揺れ動いていますし、扇ではそもそも的として小さすぎます。
なかなか射落とせるような腕前の人物は出てきませんでした。

しかし、「ここでやらずに下がったとあれば源氏の名折れ!」と意気込む義経は、弓の達人を探させます。

畠山重忠という家臣に言いつけても断られ、さらに重忠が推した那須十郎という武士も「傷がひどいので^^;」と辞退してきました。
さすがに自信がなかったんでしょうね。

そして十郎が「弟ならば」と言い出し、あの那須与一が無茶振りを引き受けることになったのです。

那須与一/wikipediaより引用

 

これぞ源平合戦の華でしょう

個人的に、ここの台詞は武士の発言としては一・二を争うカッコよさだと思います。
ちょっと長いですが全部書き下して載せますね。

「南無八幡大菩薩、我が国の神明、日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神。
願はくば、あの扇の真ん中射させてたばせたまえ。
これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に再び面(おもて)を向かうべからず。
今一度本国へ迎えんと思し召さば、この矢外させたもうな」

意味としては
【武家の神様である八幡神、及び地元と日本の神様にお祈りし、覚悟の程を述べる】
ということになります。

ちなみに“日光の権現”とは徳川家康のことではもちろんなく、もっと前から信仰されていた日光付近の山々の神様です。
現代から見てるとややこしいですが、時代があべこべですしね。

日頃の行いが良かったのか。
与一の放った矢は見事に扇の的を射落とし、さらに出てきた平家の武者も射抜き、この一事でもって歴史に名を残しました。

「そんなもんフィクションに決まってんだろwww」
なんて言わない言わない。
源平の戦はこういうのが華ですのでね。

しかし女性が的を用意したということは、女性の乗っている船に容赦なく射掛けたということになりますから、当時でも「見事!」と褒め称える人と「ひどい奴だ」とドン引きする人がいたようです。そりゃそうだ。

そして再びぶつかり合いになりますが、既に海へ出てしまっている兵士が再上陸するのは至難の業です。
義経は80騎ほどの手勢でこれを防ぎ、さらに源氏の援軍が到着したため、平家は諦めて彦島という別の島へ退かざるを得なくなります。

こうして屋島の戦いは紆余曲折を経ながらも源氏の勝利に終わり、いよいよ最終決戦「壇ノ浦の戦い」へと向かうのでした。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
屋島の戦い/wikipedia

 



-源平
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.