源平

源有綱(ありつな)が歴史の狭間に埋もれたのは義経が目立ちすぎたから?

文治二年(1186年)6月16日は、源有綱(ありつな)が亡くなったとされている日です。

この時代の源氏ということで、もちろん源平の戦いにも関わっていますが、どうにもピンとこない名前ですよね。

というのも、有綱は源氏は源氏でも、頼朝義経とはとても遠い親戚だからです。

 

祖は頼朝と同じ清和源氏 有綱は摂津源氏の流れを汲む

遡れば清和源氏であることは同じです。

が、有綱の6代前のご先祖様の時点で、頼朝たちに続く河内源氏の血筋と枝分かれしています。

有綱のほうは「摂津源氏」という系統でした。

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう

続きを見る

同じタイミングで分化していった「大和源氏」という系統もあります。

大和源氏も有綱の時代までは続いていたのですが、その後さらに枝分かれしていき、源姓ではなくなっています。

本来は、摂津源氏の初代・源頼光、大和源氏の初代・源頼親、河内源氏の初代・源頼信という生まれ順なので、摂津源氏を清和源氏の嫡流と呼ぶべきなのかもしれません。

そろそろ「源氏」の二文字がゲシュタルト崩壊しそうですので、有綱の話に進みましょう。

 

義経とは対等のポジションだった

有綱の少年時代のことは、あまりよくわかっていません。

反平家の嚆矢となった以仁王の挙兵の際に、有綱の祖父と父が敗死してしまい、有綱も伊豆に隠遁せざるを得なかったといわれています。

隠遁先は上野国(現・栃木県)だったという説もあるようで、なんだかんだで挙兵した源頼朝の麾下に入り、共通の敵である平家討伐に力を尽くすことになりました。

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

有綱は頼朝の命で、寿永元年(1182年)から土佐方面の攻略を担当しています。このあたりに、頼朝の同母弟・希義(まれよし)の仇である平家方の武士がいたからです。

土佐出身の夜須行宗(やす ゆきむね)を案内役として、有綱は見事目的を果たします。頼朝からすれば、その実力を確かめるという目的もあったかもしれません。

義経の戦果が華々しく伝説的なために目立ちませんが、有綱もいい仕事をしていた、という感じでしょうか。

源義経31年の儚き生涯まとめ! 兄・頼朝とすれ違い続けた悲しき英雄とは

続きを見る

頼朝からの評価も悪くはなく、義経の下で動くよう命じられています。

義経よりは常識的だったでしょうし、もしかしたらお目付け役というか重石というか、そんな類の期待をされたのかもしれません。

この2人は年齢層や官位など共通点が多く、上下関係というよりは対等だったとされているので、目付役としてはあまりアテにならなかったかもしれませんが。

義経は「奥州時代から付き従ってきた忠臣・佐藤兄弟の妹と娘をもうけており、その娘が有綱に嫁いだ」ともいわれています。義経の年齢からして、養女の可能性も高そうですが……。

もしくは、有綱と義経が良い関係を築いていたからこそ、後からそういった理由付けがされた、という可能性もありそうですね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.