後三年合戦絵詞/Wikipediaより引用

源平

後三年の役をわかりやすく! 武士のシンボル・源義家が偉大なる棟梁へ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
後三年の役
をクリックお願いします。

 

今度は源義家が謀反を起こされかねない状況に

弟・源義光という助力を得た義家たちは、金沢柵を攻めました。

しかも、この頃はポピュラーではない兵糧攻めを実行します。日本史上初ともいわれています。

元々、この時代の時間感覚は現代よりもかなり長いものです。

清原清衡&源義家・義光軍も、長い時間をかけて金沢柵を包囲しました。

兵糧攻めをされた方としてはたまりません。

女子供の中からは降伏を願い出てきた者も多かったようですが、義家は迷った後、攻略を優先しました。

降伏してきた者を皆殺しにしたのです。

柵内にもその様子は知られ、降伏する者は出なくなり、柵中では食糧が尽きました。

結果、家衡と武衡は自ら柵に火を放って逃げましたが、どちらも程なくして首を取られています。

こうして後三年の役は清衡・義家軍の勝利!

となったのですが、戦後処理は前九年の役ほどうまくいきませんでした。

というのも、前九年の役は「地元の豪族が税を払わないので、中央から軍が向けられた」という戦いでしたが、後三年の役は朝廷からすると「地元の争いに義家が勝手に介入しただけ」というものだったからです。

しかも、後三年の役の間に中央へ収めるべき金などを送らず、勝手に戦費にしていたため、これもお咎めを受けました。

そりゃ、税金を横領して自分のやりたいことに勝手に使っていたわけですから、マズイですよね。

義家はこのため、10年ほどの間、朝廷から冷遇されました。

また、収めるはずだった税や金を朝廷に「払ってね^^」と言われ続けています。

自業自得ともとれますが、ここで義家にとって頭の痛いことがもう一つ。

部下への恩賞です。

この頃の武士は「恩賞をもらって働く」ことを原則にしています。

命がかかっているのですから、それ相応の領地なり特権なり、金品・米をもらわないと割に合わないわけです。そりゃそうだ。

あまりにも支払いが遅れると、今度は義家が謀反を起こされて殺されかねません。

 

自腹で恩賞を払った義家の支持率が急上昇!

そこで義家は、私財から恩賞を出します。

戦後に懐が寒くなるのも厳しいものですが、命が狙われるよりはマシと思ったのでしょう。

しかし、何が幸いするかわかりません。

これが結果的に武士たちへ好印象を与え「義家様は、働いたことにきちんと報いてくれる」と思われるようになったのです。

かくして前九年の役同様、東国武士たちは源氏に好印象を持ちました。

これがやはり後の源頼朝による幕府創建を助けることになります。

なお、この戦で一番得をしたのは、清原清衡でした。

彼は争う相手がいなくなったことにより、清原氏の所領を全て相続し、実父の姓である藤原を名乗るようになります。

清原清衡から藤原清衡へ/wikipediaより引用

これが奥州藤原氏の始まりです。

つまり、奥州藤原氏は源氏の助けを得て興った家だということになります。

それが選択を誤り、約100年後、源氏の後裔・頼朝に滅ぼされてしまうのですから、皮肉というかなんというか。

その源氏も三代で絶えてしまいますし、ホントに諸行無常な話です。

奥州藤原氏の詳細について、あるいは前九年の役をおさらいしたいという方も、以下の関連記事をどうぞ。

あわせて読みたい関連記事

奥州藤原氏と藤原泰衡の滅亡ストーリー 裏切り裏切られドタバタの末に

続きを見る

前九年の役をわかりやすく! 源頼義が足場を固め、源氏台頭へ繋いだ一戦

続きを見る

保元の乱がわかる!平安時代版「関が原の戦い」と考えればよいのだ

続きを見る

平治の乱ってオモロイじゃん! 清盛vs義朝以外の争いに注目すると見えてくる

続きを見る

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

源義経31年の儚き生涯まとめ! 兄・頼朝とすれ違い続けた悲しき英雄とは

続きを見る

足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍!? 生誕から室町幕府まで波乱の生涯!

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
後三年の役/wikipedia

TOPページへ

 



-源平
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)