縄文・弥生・古墳

縄文人は貝ばかり食べてノロウイルス食中毒にはならなかったのか?

冬場定番の食中毒と言えばノロウイルス。

今年は別のウイルスで世界中がパニック気味ですが、落ち着いて対処していきましょう。

新型肺炎に踊らされるなかれ『人類と感染症の歴史』を読みリンゴを植えるのだ

続きを見る

ただ、そんな状況で編集さんがスットボケたことを言ってくるから考えもの。

「縄文時代の人たちって、貝を食ってて腹を壊したりしなかったんすかね? たとえば”ノロウイルス”とか昔からありましたよね?」

確かに医療の現場ではありふれた症状ですが、さてこれが縄文時代となりますと、実際にかかった可能性はいかほどなのか。

 

どうやら編集さんも、調子に乗って生牡蠣を食べすぎて当たってしまったようです。
早速、調べてみましょう!

 

貝の食中毒は『貝毒』と『ノロウイルス』

まず貝による食中毒を考える時に重要なのが『貝毒』。そして牡蠣の場合にキーワードとなるのが『ノロウイルス』です。

今回はまず、貝毒とは何ぞや?から説明いたしましょう。

貝毒とは、有毒性のプランクトンを貝(主に二枚貝)が餌として食べることによって蓄積し、これを食べた人が食中毒を起こすことを指します。貝そのものが毒を作ってる訳ではありません。そして、貝の食中毒としては全体の10%以下と件数は多くありません。

貝毒の種類としては下痢毒、麻痺毒、神経毒がありまして、日本では神経毒の報告はありません。が、熱で分解されにくいため、しっかり過熱をしても中毒が起きてしまうのが特徴です。

麻痺毒はフグ中毒と似た症状をおこし、最悪の場合は呼吸筋麻痺を起こして死に至ります。1973年にカナダのブリティッシュコロンビアに上陸した一行が麻痺性貝毒にやられた記録が残っておりますが、ここの原住民には発光プランクトンが増える夏は貝を食べることが古来よりのタブーとなっていたそうなので昔からあったのでしょう。

しかし、現代ほど赤潮(洗剤のリン成分などによる富栄養化が原因でプランクトンが異常増殖)が起こらなかったため、私としては『縄文時代の貝食中毒は少なかったのでは?』と考えております。

問題は、ノロウィルスですね。

 

ノロは低温環境に強く、人の小腸内で爆増する

担当編集さんがどんな食あたりをしたか詳細は不明ですが、『冬場に牡蠣の生食をしてノロウイルスを体内に取り込み、ひどい下痢(場合によっては血便)と嘔吐』があったのではと推測します(編集部注:まさにその通りです)。

ノロウイルスは、下痢や嘔吐の原因となります。低温環境で長く生き延びるため、冬場に多く見られ、ヒトが感染すると小腸内で爆発的に増えて諸症状を引き起こすのです。また、ノロウイルスは吐物や糞便中に排出され、ヒトからヒトへ経口感染します。

ここで確認をしておきたいのですが、ノロウイルスは牡蠣単体では作られません。では、一体どこから来るのでしょう?

答えは、ヒトのウ◯コです。はしたなくてゴメンナサイ。でも、そうなんだから仕方ない。

もちろん、人間のし尿は施設で浄化してから河川や海へ流されますが、微量のノロウイルスは処理しきれずに残ります。それを、絶えず海水を飲み込み吐き出している二枚貝が内臓部分に蓄積させ、そして再び人のクチへと運ばれて発症するのです。

ノロウイルスは、しっかり過熱すれば死滅します。よって原因は生食となるわけですが、日本人がその対象とする二枚貝といえば『牡蠣』と『ホタテ』。ただし、ホタテは普通、内蔵を除いた貝柱部分を食すので、ノロウイルスによる食中毒が起こらないのです。

 

縄文時代のウ◯コ処理 それが問題だ

では、縄文時代はどうだったのでしょう。牡蠣によるノロウイルス食中毒は頻発したのでしょうか。

三内丸山遺跡/Wikipediaより引用

三内丸山遺跡/Wikipediaより引用

ここで考えなければならないのは、相反する2つの仮説です。

仮説①人口がわずかだったから海に流れるウ◯コが少なくノロも少ない
仮説②ウ◯コを浄化せずに流すからノロも多かった

さて、どちらでしょう? こればかりは何千年も前にタイムスリップしなければ詳細は確認できませんが、馬ちゃん先生の勘では①の方かなぁと考えます。

あやふやでスイマセン。が、縄文時代は、現代のような過食・人口密集という条件には当てはまらなさそうなので、前者が有力かなぁと思う次第です。

むろん、現在に比べて衛生観念が希薄なことや、冷蔵技術が未発達だったことを考えると、『普通の食中毒は多かった』と思います。残念ながら、食中毒は骨に残らないので、これも推測の域を出ないのですが……。

と、あやふやな回答で終わるのもシャクなため、縄文時代の食生活についても調べてみましたので、続けます!
※続きは次ページへ

次のページへ >



-縄文・弥生・古墳
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.