明治時代の富岡製糸場/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代

殖産興業をわかりやすく! 明治政府の目的は? なぜ富岡製糸場と八幡製鉄所が作られた?

更新日:

モノを作って売るのは、最も基本的な商売です。
個人間はもちろん、国家間でコレが行われれば「貿易」となり、大きなお金が動くことになります。

お金がない状態でスタートした明治政府も、近代国家と認められるため、そして軍備のため、貿易に向けてのモノづくりに取り組んでいきました。

いわゆる【殖産興業】です。

これまで手作業だった産業を機械にして「ガンガン作ってガンガン売ろうぜ!」というポリシーのことで、資本主義の根幹でもありますが、では実際に何をどう進めたのか?と問われたら、なかなかお答えすることは難しいかもしれません。

欧米に追いつき追い越せ!で始まった日本の産業化とはいかなるものだったのでしょうか。

 

植民地と密接に関係していた産業革命

工業には必要なのは、何と言っても原材料。
ヨーロッパ各国が植民地獲得に走ったのも、「金儲けのために必要なモノを採れるところを確保する」のが目的でした。

この発想自体がイギリス産業革命から生まれた考えなので、ヨーロッパでは浸透が早く、一方、そういった概念のないアジア・アフリカは植民地にされる一方になったわけです。
まあ、ヨーロッパの大部分は寒冷地ですから、国を富ませるには、工業で金を稼いで食料を買うか、他国からぶんどらないとなりません。

日本もさんざん「資源がない」といわれていますが、それは石油の話であって、石炭や金銀は出ましたし、欧州諸国よりは作物も育ちやすい気候なぶん恵まれている……と見ることもできます。
となると、近代以前に植民地獲得に動かなかったのも自然の流れかもしれませんね。

中国も、日本と同じような状況でした。
国内で小麦も米も家畜も量産でき、領土拡張に動いたことはあっても、中国の歴代王朝のほとんどは食料や資源目的で外征したことはほぼない……はずです。

例外は元(げん)でしょうか。
発祥の地がモンゴル=牧畜民族=農耕に向かない土地柄のため栽培技術に乏しい彼ら。
毎年安定して収穫&貯蔵できる穀物が欲しい、ということであんだけ広範囲に攻め込んだのですね。

その点で見ると、ヨーロッパに攻め込んだのは効率が悪いんですけどね。
まあ、モンゴルから中国や南アジアへ行くには山や砂漠があって進みにくいですし、東欧やフランスあたりなら農耕が盛んですから、完全な無駄足というわけでもありませんが。

 

工部省→内務省→農商務省へと変遷する

だいぶ話がそれました。閑話休題。

そんなこんなで、「早く」「大量に」できるモノ作りを模索していた明治政府。
大久保利通らによって、各種工場の設置や産業の西洋化が押し進められていきました。

とはいえ、全ての工場を一から作るのは大変なので、江戸幕府や藩が運営していた施設を転用したものもあります。
横須賀海軍工廠などがその一例です。

製鉄所から始まった横須賀海軍工廠の歴史「呉・舞鶴・佐世保」との違いや特徴

「 ...

続きを見る

明治以降に新しくできた工場については、1870年代~1880年代にかけて、工部省→内務省→農商務省と担当機関を変えながら、三段階に渡って進められます。

最初に担当した工部省は、鉱山や鉄道、土木工事、造船などを扱うお役所です。
現代の国土交通省や経済産業省が担当している仕事の一部をやっていた、と考えるとわかりやすいでしょうか。

工部省の音頭取りで、イギリスやフランスから【お雇い外国人】として先生を招き、国費を注いでいろいろな建設や鉱山運営を行いました。
特に鉄道敷設には巨額の国費が投じられています。
この時点では都市部と港を結ぶ程度のものが多く、日本最初の鉄道である新橋~横浜間もそうした性格を持っていました。

国内にセメントやガラスの工場が作られたのも、工部省時代のことです。
しかし、日本古来の産業を重視せずに欧米の技術を入れようとしたため、大きく成功したとはいえませんでした。
ぶっちゃけた言い方をすれば、「土台があるのに、それを無視して新しい物だけやろうとしたのでポシャった」という感じですかね。

 

イギリスから岩倉使節団が帰国 明治政府は生糸に着目する

明治六年(1873年)からは、内務省が殖産興業の中心となりました。

この年に岩倉使節団岩倉具視や大久保利通などが参加)が帰国しており、イギリスにおける産業革命成功の秘訣などをみっちり学んできたところです。
彼らは「国を富ませるには、鉄&石炭の供給と紡績工業、そして貿易がカギだ!」とし、これらを中心に発展させていく方針になりました。

イギリスは産業革命によって綿製品を大量生産し、それを輸出することで莫大な利益を上げていたからです。
当然ながら、その陰で犠牲になった職人や労働者もいたわけですが……その辺は学ばなかったのか、あえて無視されたのか、後で問題になってきます。

ともかくイギリスと同じく、日本も領土は狭く、人口もさほど多くはありません。
逆に言えば、日本と同じような条件のイギリスでも大国になれるわけです。

となると成功への最短ルートは自ずから決まったようなもの。
紡績などの繊維業であれば古来から女性が多くやってきた仕事でもあり、人手不足の懸念も少なくなります。
また、機械化によってさらに力仕事が減らせますから、「これからは女性も働いてお金を稼ごう!」というアピールができるわけで、目につけたのが養蚕業でした。

ヨーロッパの大部分では気候的に養蚕業が難しかったこと。
ちょうど日本の幕末の頃に数少ない養蚕を続けていたイタリアやフランスで微粒子病という蚕の病気が流行り、生産が激減してしまっていたこと。
これらの環境も、日本にとっては幸運でした。絶好の市場ができたわけですからね。

そこで政府は生糸(絹の糸)によって外貨を多く稼げると踏んだのです。

 

「先生という名目で来た西洋人に生き血をすすられる」

こうして作られたのが、近年、世界遺産にもなった【富岡製糸場】などの紡績工場です。

富岡製糸場の最初期に働いていた武家の娘の日記である『富岡日記』(→amazon)には、当時の日本人女性の多くが意欲的に働こうとしていたことが見て取れます。

おそらくは、「お国のために」といった愛国心よりも、「外国みたいに豊かになって、家族が食べていくのに困らない生活がしたい」という気持ちが大きかったのでしょうね。
富岡日記の著者は元々武家の出身だからか、愛国心が強そうな記述もありますが、一般の女性でしたら、より生活を重視した見方になっていておかしくありません。

最初のうちは
「先生という名目で来た西洋人に生き血をすすられる」
などのおどろおどろしい噂も立っていたようですが、そのうち“給料が良い”というようなオイシイ噂のほうが優勢になったとか。いつの時代も似たような話がありますよね。
富岡日記は文庫版が出ていますので、ご興味のある方はお手にとってみるのも良いかと。

『富岡日記』(→amazon

また、富岡製糸場にある程度の期間勤めた後、故郷に帰って紡績機などの扱いを教える先生になり、各地の紡績業発展に貢献した人も多くいました。
理想的な∪ターンといえるかもしれませんね。現代でもこういうやり方ができればいいのですが。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.