明治・大正・昭和時代 ゴールデンカムイ特集

日本軍と遊郭、童貞神話 ゴールデンカムイ尾形百之助と花沢勇作の悲劇を考察

投稿日:

※本記事は、ゴールデンカムイ単行本11巻および17巻の重大深刻なネタバレ要素を含んでいますのでご注意ください。

以前、最上義光の悪評について、地元の方からこんな話を聞きました。

「最上義光の白鳥十郎伝説に関わる【血染めの桜】は存在しないのです。それなのに山形歩兵第三十二連隊歌で【霞城に咲き誇る血染めの桜仰ぎ見よ】と使われたせいで広まってしまいました」

そのときは『へぇ、そんなものか……』と思ったものですが、ここで注目したいことがあります。

【関連記事】最上義光の人気が乱高下しすぎ

それは山形城(霞城)に「山形歩兵第三十二連隊」があったということです。

明治時代から昭和にかけて、日本全国の城跡には連隊が置かれることがありました。

このことは、史跡保存という観点から見ると悩ましいことかもしれません。
山形城跡は、その利便性と広大な敷地ゆえに、戦前は軍事施設、戦後はスポーツ施設や公園が広がり、復元を困難としてしまった一面があります。

山形だけの話ではありません。
日本全国に、こうした例があったのです。

 

軍隊を誘致したい! 都市の思惑

戦後、あの戦争の記憶を消し去りたい日本にとって、都市が軍隊を誘致したことは消し去りたい記憶となったのでしょうか。

あまりそのことが振り返られることはありません。
横須賀や呉のような例はあるとはいえ、少数派でしょう。

しかし、戦前は軍隊を誘致することには大きなメリットがありました。

兵士がいるということ。
それはよいことであったのです。

・経済効果

飲食店や軍服のメリヤス(機械式編み物の総称)はじめ、兵士の需要を満たすための業者にとって、商業的メリットがあった

・都市インフラの拡充

軍隊ともなれば、いざ動くとなれば移動させる手段が必要となる。そのため鉄道網や健康管理に重大な役割を果たす水道網建設が優先的に行われる

・災害への備え

災害時ともなれば、兵士による復興が期待できる

こうしたメリットがあるため、各地の政治家は「我が都市にこそ軍隊を誘致したい!」と気を揉んだものなのです。

 

軍都旭川の第七師団

『ゴールデンカムイ』の舞台ともなる旭川。
同都市は、第七師団の本拠地である軍都として登場、作中で重要な役割を果たします。

第七師団は後発の連隊であり、日清戦争時に編成を急がれながら、戦争には間に合いませんでした。
よって日露戦争が初参戦となります。

第七師団の良心こと月島軍曹が、日清戦争で第二師団、日露戦争で第七師団に所属するのは、そうした事情があありました。

この旭川ですが、二転三転して師団の誘致が決定しました。
当初予定していた札幌等は地価が高騰してしまい、比較的安価な旭川に決定したのです。

しかし、これはあくまで和人の都合による話であって。

なぜ旭川の地価は安かったのか?
それは明治以降の開拓が遅れ、アイヌが暮らしていたに他なりません。

旭川は本来、土地を奪われたアイヌに給与するための場所(旧土人給与地)だったのです。

いわば明治政府による約束破りとされても致し方ありません。
この問題は「近文アイヌ給与地問題」として知られています(近代アイヌ/美瑛町360日)。

 

<軍都の必要悪・遊郭

当初からトラブル要素を抱えていた旭川。
しかし、軍都が直面する問題はそれだけではありません。

風紀の乱れです。いったい何なのか?

「遊郭」です。

若い兵士が発散する欲求は当然とされていた見方があり、当時は「軍隊と遊郭がワンセットである」とみなされておりました。

早い話、軍の基地近辺には、当然のこととして遊郭が設置されるのです。

軍都が旧宿場町でしたら、話は簡単だったかもしれません。
宿場町時代からの遊郭が、兵士向きとされたからです。

明治5年(1872年)頃の吉原遊郭/wikipediaより引用

一方で藩政時代に遊郭設置禁止であった場所に基地ができますと、周辺住民たちが移転することになってしまいます。
故郷の地を追われた人々にしてみれば、複雑な思いがあったでしょう。

それだけではありません。
学校が近くにあってのトラブルも、しばしば発生しました。

大人たちは、悪い場所だから避けて通るようにと子供に言いくるめておりましたが、どうしたって治安悪化も招きかねません。
何が気に入らなかったのか。
兵士たちが遊郭を襲撃する事件も起こったほどです。

もっと深刻な悪影響もあります。
梅毒をはじめとする性病です。

旭川では、土日を前にした金曜日には「駆梅院」という施設で遊女の性病検査が実施されていたとか。
軍隊も、性病罹患を警戒して羽目を外さぬよう訓示を繰り返していました。

低級な娼妓ほど感染率が高く危険だとして、この点も指導されていたようです。

もっとも、それが守られたかは別の話。
時代が降りますと、娼妓そのものを廃止する「廃娼運動」も盛んになり、県によっては廃娼が決まる場合もありました。

軍都と遊郭はワンセットである――という反対運動も起こり、風紀の取り締まりが重要な課題となっていったのです。

軍都には、
「白い首の女をうろうろさせるな!」
なんて声がつきまとうのでした。

 

「身を売る女」の明治維新

明治維新とは、ありとあらゆる階層に影響を与えました。

維新前夜ともなると、遊女の境遇は悪化。
天保の改革」以降、奢侈が取り締まられ、高級遊女を買う「大尽遊び」が取り締まり対象とされたからです。

これが遊女を救うことになったかというと、むしろ逆。
生活苦に抗議するための放火が増加してゆくのです。

ただし、明治維新直後はさしたる動きはなく、女たちの肉体は相変わらず売買の対象となるのでした。

これが変わるのが明治5年(1872年)。
マリア・ルス号事件」に伴う「娼妓解放令」です。

【関連記事】マリア・ルス号事件

「どこの国だって、娼婦なんているでしょ!」
という話ではまったくありません。

借金を背負わされ売買契約が結ばれている状態が「奴隷」とみなされたのです。
江戸時代とはいえ、人身売買はおおっぴらにできたわけではありません。それが、遊女という限られた範囲内では、必要悪として見逃されていたのです。なかなか痛いところをついた話と言えるわけですね。

ただし、この事件は、女性解放を目指したわけでもなく、イギリス側の悪あがきとも思えるものでした。

いずれにせよ、以降、遊女の境遇は悪化。
それまでの家を救うために苦界に身を沈めたという捉え方が変化して参ります。

西洋諸国の娼婦のように、
「自発的に身を売っている」
となったわけです。

発言権が出てきて、仕事場所の座敷を選択する娼妓も出てきました。
解放令を現実のものとすべく、東京府に対して果敢に訴えた娼妓もいます。

しかし、大半の場合、実態は何も変わりません。

借金はそのまま、仕事内容も同じ。
それどころか悪化した部分もありました。

かつては歌舞伎の演目のように、苦界に身を落とす遊女は憐れみの目で見られるようになりました。
花魁への憧れもありました。
そうした娼妓への同情と羨望は、明治以降消えてゆくのです。

呼び名にも表れています。

明治初期は「隠売女(かくしばいじょ)」という娼妓の呼び名がありました。
それがだんだんと「淫売女(いんばいじょ)」へと変化してゆくのです。

「隠れてやむなく身を売る」という見方が、「淫らであるがゆえに身を売る」に変化したんですね。
好きで楽をしたくて身を売っている――そんな名目にされてしまったわけです。

富国強兵の一環として、性病への見方も変化しました。
江戸時代までは「花柳病」というやむを得ない見方すらあった梅毒が、深刻な社会悪へと変化してゆきます。

感染予防という名目で、娼妓たちは屈辱的かつ虐待的な性器洗浄や検査を受ける羽目になっていったのです。

こうした女性の苦しみが取り上げられるのは、ずっとあとのこと。
19歳で身を売られ、命がけで逃げ切った森光子の『吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日』や『春駒日記 吉原花魁の日々』からは彼女らの苦闘が読み取れます。

ちなみにこの森光子が駆け込んだのは、朝の連続テレビ小説『花子とアン』にも登場する柳原白蓮のもとでした。
ドラマでは至極あっさりではありますが、森光子をモデルとした雪乃の逃亡が描かれておりました。

明治時代って実は過酷「通俗道徳」という自己責任論が広まり、安易なノスタルジーは危険です

 

「猥褻」の明治維新

明治維新以降、「貞操」についても感心が寄せられるようになります。

それは相撲やお歯黒の歴史とも、関連があると言えなくもない――西洋人から見て、非文明的で恥ずかしいものは辞めましょうというわけです。

裸で大男がぶつかり合う相撲なんて、野蛮ではないか?
という意見が広がり。

「眉剃り」と「お歯黒」は、不気味だから禁止とされました。
アイヌの耳環や刺れ墨禁止も、この流れ汲みます。

外国人は見た、驚いた!幕末ワンダーJAPANの文化・風習・生活とは?

アイヌの歴史、ご存知ですか~漫画ゴールデンカムイで注目される北の大地の悲劇とは

男同士の相撲は明治天皇の愛好もあって免れたものの、女相撲は禁止とされています。

女は土俵に乗ってはいけないという理由は、穢れでも日本の伝統でもなく、明治以降、しかも西洋を意識してのものということです。

つまり、現代に至るまで禁止する理由はありません。
むしろ国際的には恥さらしであり、変更の検討をしてもよいのでは。

大相撲で土俵の女人禁制は歴史的におかしい 相撲協会に求められる改革とは

他にも多くのものが禁止されています。

男女の混浴、そして男女混同の海上水泳。

春画・わいせつなグッズ販売、猥褻な見世物や興行。

外国からの輸入ポルノカード。

人の肝や陰茎の販売。

一体どういうことか?と思うかもしれませんが、漢方薬や精力剤として流通していたのです。
処刑人の山田浅右衛門が、遺体販売を手がけておりました。

明治時代最後の斬首刑「高橋お伝」の切なすぎる一生とは?

ただ、これについては西洋でも解剖用死売買マーケットがありましたので、洋の東西を問わないものとも言えますね。

ジョン・ハンターは狂気の医者?研究のためだ、アイツの遺体を手に入れろ

まだあります。

天皇・皇族のブロマイド販売禁止。

生首写真販売の禁止。

その最後は江藤新平でした。

江藤新平41年の生涯をスッキリ解説!斬首の写真を土産物にされるほどの屈辱をなぜ?

念仏踊り、盆踊り、夜這いを伴うような祭り、祈願用石塔作り、アイヌの伝統狩猟……ともかく何でも、西洋に見られたら不味いと判断されたら禁止されたわけです。

廃刀令」も、この一環と言えなくもありません。
刀を帯びた人は野蛮で危険だと考えられたからです。

廃刀令――明治の庶民は嘆くどころか「まだ帯刀で消耗しているの?」

猥褻なもの、性的なものも槍玉にあがっております。
その中に、貞操観念の緩さもあったわけです。

江戸時代の性的な慣習はルーズであったのか?
と言いますと、これまた日本全体という単位でまとめられない難しさがあります。

幕末に目立った藩に注目してみますと、それぞれまるで違う考え方をしております。

まずは、一番お堅い部類に入る会津藩。

・妻以外の男女との性交渉は原則禁止。破られた場合、妻から夫に離縁を申し出てもよい
山本覚馬(新島八重の兄)、梶原平馬(山川浩・健次郎の姉である二葉の夫)は、京都で妻妾したため離婚。

・男色は厳禁
トラブル多発の影響もあり、治安のためにも藩政改革によって厳禁とされた。

・芸者を宴会に呼ぶ? ならぬことはならぬものです!
→山川健次郎は、兄・浩が宴会に芸者を呼んだ途端「俺にはあわね」と退席。浩も宴会に腹を立て「こっだ宴には出ていられね、税金泥棒だべした」と一句残して立ち去ったことがあるほど。

・京都守護職時代は、あまりに真面目過ぎて嫌われる
→貧乏で遊びも知らない田舎者扱いされた

東北諸藩は全体的にお堅い傾向があるようで、戊辰戦争における仙台藩士による世良修蔵暗殺も、彼のあまりにゆるい遊びっぷりに反発したという背景もあります。
娼妓を侍らしながら、命令を下す姿に侮辱を感じたとか。

お次は薩摩藩ですが。

薩摩藩は、徹底した男尊女卑もあってか、むしろ「薩摩といえば男色、男色といえば薩摩」という状態でした。

薩摩趣味(薩摩の男色)を大河ドラマ『西郷どん』で描くことはできるのか?

幕末期のモテない男ナンバーワンの座も、残念ながら薩摩に輝くでしょう。

逆に、モテモテプレイボーイ枠といえば長州藩ですね。

幕末でモテモテだったのドコの誰?1位が久坂で2位が土方 薩摩隼人はモテどころか……

イケメン久坂玄瑞のような例もありますが、ともかく金離れがよくて気前がよいので、京都中心にモテモテだったのです。

この傾向は新政府になっても続きます。
なんせ日本一男色が盛んな薩摩と、プレイボーイ出身地・長州が政府の中心にいるのです。

あんまりな言い方と言えばそうですが、史実だから仕方ない……江戸っ子たちは「男色なんてしょうもねえモンが流行したのは薩摩の芋どものせいだ」と文句タラタラだったそうで。
幕末期の江戸では衰退していた男色が復活したのは、確かに明治以降です。

そして長州藩……伊藤博文あたりの好色ぶりは明治天皇もたしなめたほどでした。

伊藤博文69年の生涯をスッキリ解説!足軽の子が日本初の総理大臣になるまで

こんな明治政府の状態に、あの男がキレます。

「日本人男性の貞操論はゲスの極みッ!」
あの男とは、他でもありません。
慶應義塾でお馴染みの福沢諭吉です。

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代, ゴールデンカムイ特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.