筑紫駅列車空襲事件で襲われた西鉄200形(同型車)/Wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代

終戦直前の「湯の花トンネル列車銃撃事件」無防備な列車を襲ったアメリカ戦闘機

更新日:

昭和二十年(1945年)8月5日、湯の花トンネル列車銃撃事件がありました。

字面から何やら嫌な雰囲気が感じられますかね。
詳細もまた恐怖と共に吐き気や嫌悪感に襲われる方が多いかと思います。

例によって残虐な表現は控えますけれども、苦手な方は各自退避していただけますよう、よろしくお願いいたします。

まずはこの頃の状況を簡単にお話するところから始めましょう。

 

当初は軍需工場や大都市を対象とした米軍の空襲ですが……

1945年この年の夏、7月26日にポツダム宣言が出されました。

日本政府や新聞各社はこれを無視しておりましたが、戦局に目を向ければ、サイパンや硫黄島などの拠点は既に米軍の手に陥落。
そこから日本本土に向けて空襲が度々行われるようになります。

一方、旧日本軍は本土防衛のための飛行機やパイロットは不足しており、本土決戦のために取っておく……という本末転倒な状態でした。

現代目線から考えれば、こうした状況でなお戦争を継続させた判断を理解し難いことでしょう。

日本の本土に空襲が行われた当初、狙われたのは軍需工場が多い町や軍の拠点がある町、あるいは大都市でした。
そして時の経過に従って、ほとんど一般人しか乗っていない電車も襲われ始めます。

むろん、鉄道の線路を破壊するということは、物資輸送の遮断にもなりますので軍事戦略的な意味がないとは言いません。
しかし、後述のように米軍は、明らかに襲撃する戦略的意義もなく人道的にマズイ列車まで襲っているので、そもそもそんな視点があったかどうかは疑わしいところ。

湯の花トンネル列車銃撃事件は、その手の事件の中でも最も被害者が多かったものでした。

湯の花トンネル/photo by 多摩に暇人 Wikipediaより引用

 

進行方向の左側から突如米軍機が! P-51戦闘機だった

1945年8月5日、午前10時10分。
長野行きの下り列車が新宿駅を出発しました。

列車には、軍関係者が乗車する二等車と荷物車も連結されておりました。
が、この日乗っていたのは富士演習場に向かう19名だけで、他はほとんどが一般人。

3日前に襲われた八王子空襲で、八王子駅が焼失しており、更には途中の列車交換に時間がかかったことなどもあり、列車は浅川駅(現在は高尾駅)に到着すると、予定より1時間遅れで出発しました。

この時点で既に空襲警報は発令されておりました。
もしも停車中の列車がそのまま駅に留まっていれば、後の悲劇も起きなかったでしょう。
しかし歴史にIFはありません。

ただでさえ遅れがちだったところに加えて、乗客の一部が「早く出せ!」と怒鳴り散らしたこともあり、列車は出発します。
空襲警報を聞いていた乗員たちにしても「湯の花トンネルや小仏トンネルに入った方が安全である……」と考え合わせていたようです。

しかし……。

列車が、南多摩郡浅川町(現・八王子市裏高尾町)、湯の花トンネルの手前に来ると、目の前、進行方向の左側から、突如、米軍機が飛んできました。

太平洋側から飛来した、複数のP-51戦闘機です。

P-51/Wikipediaより引用

 

トンネル外に停まったままの車両が執拗に攻撃される

無防備な列車は、無残にも機銃掃射とロケット弾の攻撃対象となりました。

運良くロケット弾の直撃は外れます。

しかし、機銃掃射による被害は避けられず、機関車と1両目が特に激しく損傷、トンネルに2両目の半分程が入ったところで列車が停止してしまうのです。

このため、トンネルの外で停まった車両が複数回銃撃されることになり、犠牲者が増えてしまいました。
こんな状況では、列車の中にいても、外に出てもどのみち危険ですよね……。

犠牲者の数については、戦時中のため正確な数字がわからないようです。

国鉄の資料では死者49名。
後日、建てられた慰霊碑では52名以上。
慰霊会では65名以上とされています。
※負傷者は130名以上

負傷者のうち後日亡くなった人を死者として数えるか。
数えるとしたらどのくらい後まで入れるのか。
そこら辺の事情をどう酌むかで多少のズレが生じてくるでしょう。

いずれにせよ武器も積んでいない列車が執拗に攻撃され、薄い装甲の中で多くの市民が犠牲になったワケです。
想像するだけで身震いする凄惨な場面ですね。

事件の後、被害車両は回送され、中央本線自体は当日夕方までに全面復旧したそうです。
人身事故といえばそうですけれども、そこまでして復旧を求める乗客や応じる駅員もどうなのという気が……。

しかし、何よりも恐ろしいのは、同様の事件が全国でいくつか起きていることです。

「まさに外道」と申しましょうか。
今回は3つの類似事件を見てましょう。

 

大山口列車空襲事件~日本赤十字の看護婦も乗っていた

湯の花トンネル列車銃撃事件の前、7月28日午前8時ごろ、鳥取県西伯郡所子村の山陰本線大山口駅東方で発生した事件です。

山陰地方でも、7月23日から米軍の爆撃にさらされており、このころ海軍の飛行場やいくつかの駅、そして工場が被災しておりました。

この日被害に遭ったのは、鳥取発・出雲今市(現・出雲市)行きの下り列車11両。

前2両は病客車で、赤十字が大きく描かれていたそうです。
ここに乗っていたのは、呉海軍病院三朝分院から転退院する軍・工廠関係者と、その付添いの衛生兵、日本赤十字の看護婦だったのです。

赤十字章が上空から見えたかどうかはわかりません。
が、傷病兵や衛生兵は1929年のジュネーヴ条約でも基本的に「攻撃してはならない」とされていました。

ですから、もしも赤十字が見えていて攻撃したのなら、確実に戦争犯罪です。

そうでなくても、他の一般客車は動員された国民義勇隊・勤労学徒・軍需工場徴用者と一般乗客でした。
本来、一般人=非戦闘員なので、国際法上で攻撃してはいけないことになっています。

こうした非戦闘員が、11両全体で約1,200人乗っていたそうです。
現在の山手線・11両編成が(一応)定員1,700人程度らしいので、当時の車両の作りや荷物などを考えれば、車内はすし詰め状態だったでしょうね。

大山口駅に到着した際、駅長がアメリカ軍の戦闘機を発見していたため、列車は駅の東側に待避し、約400人を降車させていました。しかし……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.