明治・大正・昭和時代

砕氷船・宗谷は不死身かっ! 戦火をくぐり戦後は南極観測に出かけたタフな船

更新日:

昭和五十三年(1978年)10月2日は、海上保安庁所属の砕氷船・宗谷が退役した日です。

さいひょうせん」と読むのは海軍や海保ファンの方はよくご存じの名前でしょう。

かなり最近の話ですので、当時をご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

%e5%ae%97%e8%b0%b7%e6%93%8d%e8%88%b5%e5%ae%a42

なぜそんなに有名なのか?
というと、船の寿命が「20年程度」だという頃なのに、宗谷は40年もの間、八面六臂の大活躍をしていたからです。

しかも戦時中は、幾度も沈没の危機に遭遇しながら、ついに生き残った奇跡の船とも言えます。

長く活躍していたため、功績も多く、駆け足になりますがご了承ください。

また、途中で何度か名前が変わっているのですが、この記事では最初から最後まで「宗谷」で統一させていただきます。

 

姉妹船が他に二隻 もとはソ連から発注を受けて建造された

宗谷は昭和十三年(1938年)、ソ連からの発注で「耐氷型貨物船」として建造されました。
氷が浮いているような海でも貨物輸送ができる船という設計ですね。

当初は姉妹船が他に二隻いて、宗谷は真ん中。

しかし、この三隻は進水が遅れて、第二次世界大戦が始まる直前になってしまったため、ソ連には引き渡されません。
当然、同国とはモメ事になり、まずは直接日本海軍の所属にはなることを避け、民間の貨物船として使われています。

最初は中国周辺で食料や女工の運搬を行っていたそうです。
そもそもが軍属予定の船だったので、普通の貨物船には積まれていないソナーを搭載しており、北海道周辺の濃霧でも水深を測りながら無傷に航行できたとか。

そしていよいよ戦争が始まると、姉妹船と揃って海軍に売られそうになりました。

しかし上記の通り「北方で活動する船」という前提で作られていたため、これから戦場となる南洋の気候では使いにくいと判断されます。
もちろん、贅沢も言ってられない状況ですから、宗谷だけが海軍に入ります。

実は「宗谷」の名は海軍所属になってからつけられたものです。
由来は宗谷岬……ではなく、宗谷岬と樺太の間にある宗谷海峡からでした。

 

軍属になって最初の仕事は北樺太の調査

宗谷は横須賀鎮守府(海軍の拠点)の所属となり、横須賀を母港として活動することになります。
ちなみに、姉妹船の二隻は後に陸軍所属になりました。

こうして戦争に関わることになった宗谷ですが、そもそも重武装の船ではないため「雑用運送艦」とされます。

あまり印象のよくない名前ですね。
その名の通り物資・石炭・食料・兵士の運送や測量・砕氷など「何でもやれる船」という意味です。

軍属になって最初の仕事は、北樺太の調査でした。

そこから帰ってきて紀元(皇紀)二千六百年特別観艦式に参加し、その後サイパンへ測量・観測任務へ。
しばらくはそんな感じで、南洋での測量等を行っては内地へ帰ってくる、という状態が主でした。

アレ? 意外とラクに使いまわせるのか?
と思ってしまうかもしれませんが、もともと北半球の寒いところで航行することを前提に作られているため、南洋での活動中は船全体が蒸し風呂状態だったとか。ひでぇ。

もちろん他の船でも設計ミス……というか、居住性を無視しすぎてそういうことになってしまったものは多々ありますけども。

宗谷の場合はその代わり(?)に測量のための装備が充実しており、技術者もたくさん乗っていてかなりの大所帯だったそうです。
これは後々生かされることになります。

 

奇跡の「被害ゼロ」が何度も起きる

1941年12月8日――真珠湾攻撃が行われたその日。
横須賀で日米開戦の報を受けた宗谷は、輸送物資を満載にして、トラック島へ向かいました。現在ミクロネシア領・チューク諸島と呼ばれているところです。

ここから宗谷の豪運伝説が始まります。

年が明けて1942年からは、南洋の測量と物資輸送で内地を往復。
つまりやってることはあまり変わりません。

しかし、見知らぬ海で他の船が座礁しないように、安全なルートを調べたり、水質調査をして真水を確保したり、通信機器を設置して離れた島同士でも連絡を取れるようにするなど、大切な役割を果たしました。
縁の下の力持ちといった感じですね。

もっとも、既に開戦した後なので、ときには敵に見つかって攻撃されることもありました。
しかし奇跡の「被害ゼロ」が何度も起きています。

太平洋戦争の中でも悲惨な戦いとして知られる、ミッドウェー作戦やガダルカナル島の戦いでも、最前線にはいなかったとはいえ、宗谷は被害ゼロでした。
魚雷を当てられたのに、不発に終わったことさえあります。

どういうことなの???

また、燃料や補給のためにとある島へ寄ろうとしたとき、現地のお偉いさんに「そこに行っても補給はできないよ」といわれて進路を変えたこともありました。

 

初めての座礁後、自ら浮かび上がっていた

そんな不死身の宗谷も、実は一度だけ沈みかけたことがあります。
1944年2月17日のトラック島空襲です。

このとき宗谷も標的となって座礁し、副艦長を含めた9人が戦死、艦長も重傷という危機的な状況に陥ります。
代わりに指揮を執った人が総員退鑑と機密書類の処分を行うほどでした。

しかし、二日後に様子を見に来た船員は文字通り仰天する光景を目にします。

宗谷が再び浮き上がっていたのです。
満潮になって水位が増したため、いつの間にか座礁から自力で回復していたのでした。

船員は大急ぎで他の人にも知らせ、再び宗谷を動かしたといいます。

しかし、修理や改装・武器の増設を行ったものの、一度相当のダメージを受けたためか、以来、たびたびボイラー故障を起こすようにもなりました。
人間でいえば「大病から回復しながら後遺症に悩まされる」というところでしょうか。

 

魚雷が船の下を潜っていくなんて!

1945年には輸送任務に復帰。
この頃になると輸送船は決死隊とほぼ同義で、ほとんどの船が沈められた海域さえありましたが、それでも宗谷は生き残りました。

この年の6月に魚雷を撃たれときは、魚雷のほうが宗谷の下を通り抜けていったといいます。ちなみに、他の輸送船は魚雷が当たっているので、相手の船や操縦員がポンコツだったわけではありません。

宗谷は他の護衛艦とともに反撃し、魚雷を撃ってきた潜水艦を撃沈することにも成功しています。
回避高い上にカウンターでしとめるとか、海外の方が想像するニンジャのようです。

8月には横須賀に戻り、ドック入りしている最中に戦艦・長門及び、病院船・氷川丸とともに空襲を受けました。
このとき、敵飛行機に落とされた燃料タンクが宗谷の機関室真上の天窓で割れ、ガソリンが機関室内で蒸発するという一触即発の事故が起きています。
しかし、ドック入り=機関停止中なので爆発には至りませんでした。どうなってるんだ一体。
その後は北海道方面に向かい、そこで終戦を迎えます。

 

外地からの日本人引揚船として活躍する

8月末に一度連合軍へ引き渡された宗谷。
そもそもが戦闘目的の船でないせいでしょうか、同年10月には大蔵省へ返還されます。

そして今度は、外地の日本人を載せて帰ってくる、引き揚げ船として働くことになります。

中国・朝鮮半島・樺太・台湾・ベトナムなどから、合計2万人前後を載せ、無事に国内へ。
この間、船内で女の子が産まれ、「宗」の字をとって「宗子(もとこ)」と名付けられるという出来事が二回あったそうです。同名の船がもう一隻あったため、各一人ずつかもしれません。

その後は一時、輸送船任務に戻ったのですが、海上保安庁に「灯台に補給するための船がほしいんだけど、作る余裕ないわ……宗谷をこっちにまわしてくれない?」(※イメージです)と言われ、大蔵省から移籍して新たな仕事に就くことになります。

%e5%ae%97%e8%b0%b72

塗装や内装の変更などを経て、日本各地の灯台への補給を行いました。
灯台守からは「燈台の白姫」「海のサンタクロース」などの愛称をつけられ、親しまれたとか。

お姫様が髭の生えたサンタクロースになるのかと思うと特殊すぎる経歴ですね。
しかもその昔は南洋を駆け回ったニンジャです。

なんだ、この「ぼくのかんがえたさいきょうのひろいん」みたいな話は。

そして、一番有名なのが1956年冬からの南極観測船としての仕事でしょう。

 

ケープタウンで連とクリスマス そして南極へ

宗谷が南極へ駆り出されることになった背景には、世界的な事情がありました。

当時、「各国でそれぞれ船や人を出し合って、北極・南極の調査をしよう!」という話が出てきており、日本も参加しなければならなくなったのです。

このときも当初は別の船が候補に挙がっていたのですが、コストパフォーマンスと能力、運の強さなどを加味した結果、宗谷が使われることに決まります。

とはいえ極地での活動には特別な対策が必要なので、全国の職人と造船関連企業が総力と物資をかけて点検・改造を行ったとか。
現在の宗谷はかなり居心地の良さそうな内装になっていますけれども、それはこのときの改装によるものです。

%e5%ae%97%e8%b0%b7

こうして、宗谷は乗員の他に、あの「タロとジロ」を含めた22頭の樺太犬・猫1匹・カナリア1羽を載せ、第一次南極観測へ。
途中で戦艦大和の沈没地点や、激戦が行われたルソン島などで献花を行っています。

また、台風に見舞われたときに船長が「戦時中に沈まなかったのは、艦内の宗谷神社のおかげだろう」と言われたことを思い出し、もう一度宗谷に艦内神社を作りました。
その後、100年以上ぶりの観測となるブランペイン彗星が見られたそうです。神様の答礼のようですね。

クリスマスの時期にはケープタウンへ入港し、現地の人々とともにクリスマスを祝いました。このときからソ連の南極観測隊と交流を行うようになり、古馴染みのような間柄になります。

 

吹雪の中で船員たちが見た「南極ゴジラ」とは!?

南極への補給の後は天候悪化により二週間近く身動きができなくなりました。

天候回復を待って無事帰還。
南半球は一年の前半が台風シーズンのため、ケープタウン沖で船体が69度(!)まで傾きますが、転覆せずに港へ着いています。

ここでも豪運ぶりは健在ですね。
その後は無事ケープタウンに戻り、日本へ帰還しています。

第一次観測の後、南極での事故などを鑑みて、「宗谷より砕氷能力の高い船を使ったほうがいいだろう」という話もあったものの、良い船が見つからず、宗谷を改装して二度目の南極観測へ向かうことになりました。

しかし、その年の南極は天気が荒れており、宗谷をはじめとした各国の砕氷船が氷で難儀しています。
宗谷も左スクリューのプロペラが一枚折れるという被害を受けました。

それでも現地で研究を勤しんでいた第一次調査隊のうち11人と9匹の樺太犬、雄の三毛猫・たけし、カナリア2羽を連れて帰っています。
このとき残されたのがタロとジロ&他の樺太犬というわけですが、なぜカナリアが増えているんですかねぇ……。他の越冬隊からもらったんでしょうか。

また、この作業中に宗谷のスタッフ複数名が「謎の大型生物」を目撃したそうです。

当時の船長は著書で「南極ゴジラ」と呼んだらしいのですが……ゴジラってことは、二足歩行するデカイ生き物だったん? なにそれこわい。

その後も風速30m(台風と同じくらい)の吹雪で探照灯と電話アンテナがもぎ取られるという、割とシャレにならない被害を受けながらも、無事ケープタウンへ戻り、日本へ帰国しました。

戻った宗谷は、第二次観測と第三次観測の間に東京で一般公開されて大好評を得たり、映画に出演したり、横浜開港百年祭に出席したり、ますます芸達者になっていきます。

 

タロ・ジロと奇跡的な再会 第六次観測まで宗谷は働く

前回の報告を受けた海上保安庁は、雪上車輸送から大型ヘリによる「空輸」に方針を変えることを決めました。

そのため宗谷に“ヘリ発着甲板”を設置。
世界初のことであり、そのせいで「砕氷航空機母船」というややこしい艦種になっています。

空母などの「母」とつく船は、航空機や潜水艦などの基地になる船のことで、乗員の休息や物資の補給をする能力を持っています。
イメージ的に「カーチャンの元でゆっくり元気になっていってね!」ということなんですかね。英語だと「母」に該当する単語はついていませんし。

他にも生物実験室などが新設され、動く研究所のような状態になりました。

以前の宗谷を知る人は、
「このときの改装で、宗谷の8割は別の船になってしまった」
と評していますが……そんなパラドックスもありますよね。

その後、南極へ向かい、タロ・ジロと奇跡的な再会を果たしました。

また、この観測で宗谷から飛んだヘリは不可能に近い悪天候での飛行も成功させ、各国の注目を浴びました。
この成功により、その後の補給船もヘリを使った空輸を基本にしていきます。

空輸がいよいよ重視されてきたこともあり、第四次観測の前に、航空関連に詳しい船長の着任と、ヘリのための施設などを新たに設けられました。

例によって立ち寄ったケープタウンでは、すっかり恒例となったソ連隊との交流が行われ、親善の一環としてバレーボール大会が開かれたとか。
冷戦下のはずですが、南極観測隊は軍隊じゃないから和やかだったんですかね。

第四次観測の年は天候に恵まれ、ソ連隊の協力もあって輸送は好調になり、過去最高の輸送量を記録します。
帰路では本土復帰前の沖縄から要請を受け、那覇に二日ほど寄港し、その後無事東京へ帰りました。

さすがに宗谷も老朽化はさけられません。
観測の仕事は第六次までと決まりました。

第五次観測の出立前に修理と改装が行われ、タロ用に冷房つきの犬小屋も作られています。これは、途中で熱帯地域を通るためです。

この観測では航行中に隊員の一人が虫垂炎になって船内で手術が行われたり、行き交った日本のマグロ漁船からインドマグロをもらったり、南極に着いたら浸水が見つかったり、いろいろとイレギュラーな出来事がありました。
マグロのお返しはちゃんとしたそうです。

浸水については航行に問題がない程度のものだったため、皆気づかなかったのでしょう。
タロも無事帰還しました。

%e5%ae%97%e8%b0%b7%e6%93%8d%e8%88%b5%e5%ae%a4

第六次観測では、昭和基地の閉鎖と越冬隊の帰還、まだ地図のなかった地域の航空測量が南極での最後の仕事となりました。
観測の往路・帰路で毎回立ち寄っていたケープタウンでも、宗谷の引退は惜しまれたそうです。

また、宗谷の機材がほとんど国産であることから、日本の技術力の高さを証明することにもなりました。

その後南アフリカ共和国から日本の藤永田造船所(戦時中に駆逐艦をよく作っていた造船所)に「宗谷と似たような南極観測船作ってほしいな」と発注が入るほどです。
お姫様でサンタでニンジャで営業マンとか、もうこれわかんねえな。

 

南極の次は海上保安庁の巡視船

無事南極での仕事を勤め上げた宗谷は、海上保安庁の巡視船として漁業監視などを行うようになりました。

かつての船長の指揮で、宗谷のために同じ管区所属の巡視船を集めた観艦式が行われたことがあります。ばーちゃんのために孫を集めたみたいな感じですかね。
が、その観艦式の日に三宅島噴火の知らせを受け、救助に参加していたりもします。

ばーちゃん、まだまだ現役。

他にも

・マグロ漁船で虫垂炎や硬膜下血腫を起こした人を救うために医師を乗せて急行
・慰霊・遺骨収集などの助っ人として参加
・後輩の巡視船や漁船を流氷から救出する

などなど、人間だったら確実に「アンタいつまで現役なんだ」とツッコミが入る活躍ぶりを見せています。

しかし、宗谷にもできないことはありました。

1970年の択捉島・単冠湾沖における漁船18隻の遭難事故では、状況が悪すぎて全員を助けることができなかったのです。
択捉島に避難していた生存者を釧路へ送り届けた後、再び捜索をしたのですが……。

この事故をきっかけに流氷情報センターが設置されました。

そして宗谷も「福音の使者」「北洋の守り神」と呼ばれるようになります。二つ名増えすぎ。

この失敗を繰り返すまいと、二年後には漁船や貨物船計21隻を流氷から救出しました。
もう全部あいつ一人(隻)でいいんじゃないかな。

お偉いさんのほうでもこれらの事故は重く見ており、海上保安学校で流氷対策や訓練の充実を図るため、教育期間を半年から一年に変更することが決まります。日常的に船で生活することで、緊急時にも迅速に行動できるようにしようというわけです。
発想自体は以前からあったのですが、訓練ができてなおかつ充分な居住区を持つ船を作れず、実現に至っていなかったのです。

ここで宗谷に白羽の矢が立ちます。
もともと船員以外の居住区が多く確保されており、改装もしてあってので、まさにピッタリの船だったのです。

%e5%ae%97%e8%b0%b7%e6%a9%9f%e9%96%a2%e5%ae%a4

 

「稚内の方々もお元気で」 (´;ω;`)ブワッ

1972年からの宗谷は海上保安官の教育船として働くことになりました。
その後も漁船や後輩の船の救出に行っていますけども……だから、いつまで現役なのよ。

さすがにお偉いさんも「そろそろ改装しても限界じゃね?」と思い始め、1978年5月に海上保安庁創立三十周年の観閲式に観閲船として参加したのをきっかけに、ようやくお役御免が決まります。

「最後にもう一度宗谷を見たい」

そんな声が寄せられ、全国各地の港を巡る「サヨナラ航海」を行います。
舞鶴海上保安学校学生の実習も兼ねており、花も実もある航海でした。

各地で一般人はもちろん、海上自衛隊や陸上自衛隊にも歓迎され、最後には「稚内へもう一度来てくれませんか」と海上保安庁に要望が出るほどの人気ぶり。
これは実現し、再び稚内を離れるときには「蛍の光」などで見送られたとか。

それに対して宗谷は「UW1」の国際信号旗を掲げて去ったといいます。

UW1とは、船同士で使う場合「協力に感謝する」とか「貴船の安航を祈る」といった意味になるそうですので、この場合は「稚内の方々もお元気で」というところでしょうか。
泣ける(´;ω;`)ブワッ

こうして東京に帰還し、現役を含む歴代の海上保安庁長官や船長、観測隊員その他宗谷ゆかりの人々が集まって解役式が行われました。

海難救助の実績は15年間で350件・125隻。人数にして千人以上となります。
「海の守り神」と呼ばれるのも当然といった結果ですね。退役してあだ名が増えるとかわけわからん(ほめ言葉)

退役の翌年からは、東京お台場エリアにある「船の科学館前」で保存展示されています。

見学をご希望の方は公式サイトをご参照ください。
※「船の科学館」が工事中で見れなかったりします

長月 七紀・記

【参考】
宗谷/Wikipedia
砕氷船/Wikipedia
宗谷/船の科学館
南極観測宗谷/船の科学館

 



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.