明治・大正・昭和時代

『ゴールデンカムイ』主要キャラ9名の出自やルーツ 史実からマトメました

北海道を舞台に金塊争奪戦を繰り広げ、
ギャグあり
変顔あり
アクションあり――。

和風闇鍋ウェスタンと評されているのが『ゴールデンカムイ』です。

 

そしてその和風闇鍋テイストの決め手となっている出汁が「幕末維新の歴史」であることは明白でしょう。

土方歳三永倉新八などの剣士が登場し、数十年ぶりに刀を振り回して熱闘を繰り広げる――そんな新選組だけでなく、彼ら生き残りの隊士から見れば孫世代のような登場人物にも、幕末の歴史と明治時代の闇が背負わされます。

ゴールデンカムイキャラたちの業や出自とは?

本稿では、主要メンバー9名の
・出身地
・幕末期の運命
・その影響
などを史実から考察してみたいと思います。

尾形百之助は別記事でちょっとディープにマトメてます

尾形百之助のルーツと因縁を考察~薩摩と水戸の関係は『ゴールデンカムイ』

続きを見る

 

幕末史に燦然と輝く新選組

土方歳三:関東地方近郊・多摩地方

幕末の関東地方に生まれた天然理心流は、比較的歴史が浅く、実践的な剣術でした。

歴史が浅いながら実践的だった理由。
それは江戸時代後期から、関東地方の治安が劇的に悪化したからです。

新選組の天然理心流はナゼ殺人剣法に?幕末関東は『リアル北斗の拳』だった

続きを見る

単行本14巻収録の135話における犬童との戦いで、土方は掌に貯めた血を目潰しにして、敵を倒しました。

これぞまさに天然理心流!

暴漢鎮圧を目的としたこの流派は、蹴りや集団戦法も取り入れておりました。
史実でも土方は、目潰しを使用したとされます。

このような実践的な剣術は、武士階級では好まれなかったものです。
『ゴールデンカムイ』においても、農民出身の土方は、武士とは異なる剣術で戦っています。

土方歳三35年の生涯をスッキリ解説! 多摩のバラガキが五稜郭に散るまで

続きを見る

杉元佐一:関東地方近郊の村落

杉元の出身地は、土方と同じ関東地方近郊です。
杉元と土方の共通点は繰り返し描写されますが、出身地に関してもおそらくそうなのでしょう。

永倉新八:松前藩江戸屋敷

永倉は江戸藩邸生まれで江戸っ子。
しかし、所属は蝦夷地を治めていた松前藩です。

幕末の動乱ののち、同じ藩出身の女性と結婚し、明治以降も、剣客として鍛錬を欠かしませんでした。

晩年の永倉は、北海道で暮らしております。
そうした背景ゆえに、本作では土方と再会することになります。

前列中央が永倉新八/wikipediaより引用

永倉新八77年の生涯をスッキリ解説!新選組の最強剣士は激動の幕末を駆ける

続きを見る

門倉看守部長:幕臣の子孫

網走監獄にて土方の手引きをする門倉は、言動から察すると幕臣子孫と推測されます。
幕末の因縁はまだまだ終わりませんぞ!

 

第七師団:戊辰戦争負け組の子孫たち

本作でも繰り返し描かれる、北海道開拓の厳しさ。
明治政府の方針は、戊辰戦争の敗者を痛めつけました。

未開地の開拓は、誰にとっても厳しいものです。
明治政府は、流刑と開拓の一石二鳥ができると言わんばかりの開拓政策を取りました。

戊辰戦争で負けた者たちは屯田兵となります。
第七師団は、そうした戊辰戦争負け組の子孫が多く所属していたのでした。

明治時代の北海道開拓はとにかく過酷!敗者、屯田兵、新選組、囚人、ヒグマ

続きを見る

余市のリンゴ「緋の衣」と会津藩士~北海道移住の敗者は赤い実に賭けた

続きを見る

本作の第七師団所属者も、負け組子孫と言える者が多くいます。

鶴見中尉:新潟県

新潟県は、長岡藩領でした。奥羽越列藩同盟に参加した藩です。

この長岡藩相手に、西軍は大苦戦を強いられます。
激戦の中心にいた名家老といえば、河井継之助

幕末のラストサムライ・河井継之助 長岡の傑物が見せた手腕とは?

続きを見る

河井と鶴見には共通点があります。
マシンガンをバリバリと言わせて、敵を倒すところです。

ガトリング砲を駆使して敵を苦しめた河井。
敵をマシンガンで撃つと、脳みそから汁が出るほどテンションがあがる鶴見。

歴史的に見ると、同郷の共通点なのですね。

月島軍曹:新潟県佐渡島

佐渡島は、幕末は徳川天領にあたります。

二階堂浩平・洋平:静岡県

静岡県は、明治維新後、幕臣や旗本が徳川慶喜について移り住んだ場所です。

食い詰めて、飢死にするほど追い詰められる者すらいたとか。
彼らの祖父世代は、そんな食い詰め幕臣や旗本かもしれません。

西郷の倒幕で民は腹いっぱい食えるようになった?明治維新のマイナスあれこれ

続きを見る

ちなみに本来、静岡出身者は、第三師団に編成されます。

幕臣は、政府が示す策にそって農業や商業労働者になった場合もあります。食い詰めた静岡ルーツの幕臣旗本子孫が、食べるためにやむなく北海道に移民し、その子孫が第七師団に入ったのかもしれません。
そう想像すると、切ないものがあります。

本作の第七師団には、戊辰勝ち組側の子孫もおります。

谷垣源次郎:秋田県

秋田藩は、奥羽越列藩同盟に参加しなかった数少ない奥羽の藩です。
そのため、戊辰戦争では周囲から攻め込まれ、苦しい立場に陥りました。

そんな秋田藩で活躍したのが、マタギを組織した狙撃部隊です。
谷垣の祖父あたりが参加していたとしても、おかしくありませんね!

幕末から狙撃兵として、マタギの名は知られていたのです。

マタギが凄ぇ理由がわかる!ゴールデンカムイで大活躍の山を知り抜く猟師たち

続きを見る

鯉登少尉:鹿児島県

薩摩隼人」とそのルーツを強調される彼は、第七師団でも勝ち組御曹司。
本作では例外的存在です。

示顕流ではなく、中級以下の薩摩藩士に採用された「自顕流」遣いということは、祖先はそのあたりのルーツでしょう。

薩摩示現流&薬丸自顕流の怖さ、知ってます? 新選組も警戒した「一の太刀」

続きを見る

鯉登家と、その同郷の親友であるという花沢家は、幕末志士を先祖に持つルーツと想像できます。
彼のモデルは最後の第七師団長である鯉登行一とされています。

しかし、共通点は苗字くらいで、経歴や背景的にはそこまで酷似していません。

むしろ、尾形百之助の父方である花沢家同様、幕末と縁が深い薩摩属性を与えられたとみるほうが興味深いかもしれませんぞ!

尾形百之助については次の別記事で、ちょっとディープに考察してみたいと思います!

文:小檜山青

【参考文献】
『ゴールデンカムイ』(→amazon
『明治維新とは何だったのか: 薩長抗争史から「史実」を読み直す』(→amazon
『もう一つの「幕末史」』(→amazon

 



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.