明治・大正・昭和

マンガの神様・手塚治虫の凄まじさ! 天才的頭脳と功績、人生を振り返る

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
手塚治虫
をクリックお願いします。

 

・超速読家

手塚は「500ページの本を20分で読む」という離れ業を持っていました。

なぜそれで内容が頭に入るのか知りたいところです。それも描き残して欲しかったなぁ。

速読家として有名な人物としては司馬遼太郎がいますが、どちらが早かったのでしょうかね。比べるものでもありませんけれども。

・アシスタントの始まり

ときにベタ塗りを編集者などに手伝わせていたのが、漫画家のアシスタントのはしりになったとか。

アシスタントから経験を積んで漫画家になった人も多いですから、「マンガの神様」だけでなく「漫画家の祖父」と言ってもいいかもしれません。

・ショートスリーパー

手塚はいつも一日4時間程度しか眠らず、全盛期は月に数日しか眠らなかったそうです。
ナポレオンも驚くでしょうね。

それで当時60歳まで生きられたのだから不思議なものです。

良い子も悪い大人も真似してはいけません。慣れる前に多分死にます。

・頭の回転がおかしい

漫画を描きながら、電話で別の雑誌(当然別の漫画)の話をしていることがあったそうです。

一時期医師と漫画家、二足のわらじを履いていたことからしても、異次元レベルに頭が良かったことは間違いありません。医学界からしても不思議だったと思うんですが、IQ測らなかったんですかね。

こういう人間としておかしい(褒め言葉)生活をしている中でも、手塚は家庭をとても大切にしていました。

誕生日とクリスマスには必ず家族でレストランに行き、ディナーを楽しんでいたそうです。
また、正月と夏休みにも必ず家族旅行をしていたんだとか。

簡単に真似ができることではありませんが、仕事を言い訳に家族との時間を蔑ろにする人は、一つくらい手塚を見習ったほうがいいでしょうね。家族に限らず、「情けは人のためならず」ですし。

 

「ネオ・ファウスト」は自身の胃がんがテーマ!?

異次元レベルの力を持つ手塚にも、悲しいかな限界は訪れます。

昭和六十三年(1988年)、まず胃を壊して手術を受け、その後も激務を続けていたため、中国でのアニメーションフェスティバル終了直後に倒れてしまったのです。

帰国と同時に半蔵門病院に入院し、診察を受けたところ、重病が明らかに。
この時点で胃がんと診断されていたものの、当時は患者本人に病名告知をしないのが普通だったので、手塚は亡くなるまでそのことを知らなかった……ということになっています。

しかし、自分のプロダクションの社長が来たときに「代わりに病状を聞いてきてくれ」と頼み、結果を聞くと
「そうか」
と頷いたそうです。

なんだか本能寺の変織田信長が(相手が明智ならば)「是非もなし」と答えたというシーンを思い出してしまいましたが、医者である手塚ならば少しは見当もついていたでしょう。

その四日後からは、昏睡から回復する度に「鉛筆をくれ」と言っていたそうですし、最期の言葉も「頼むから仕事をさせてくれ」だったとか。
また、それまで病床で描いていた「ネオ・ファウスト」は、「主要人物が胃がんになり、周囲は知らせないが、本人は気づいていた」というストーリーになっています。

やはり手塚は悟っていたのでしょう。

それでも生きる希望を持っていたからこそ、こうした話を描いて、退院後に「皆あの時教えてくれなかったけど、僕は気づいていたんだよ」と笑って話したかったのではないでしょうか。
「100歳まで描き続けたい」と言っていたそうですし。

仮に、手塚が100歳まで生きていた場合、亡くなるのは2028年。
当然、今も漫画やアニメに携わっていたでしょう。

もしかしたら、東京オリンピックのプロモーションにも関わったかもしれませんね。
考えても詮無きことではありますが、いろいろと期待した上で、惜しい人だと改めて思ってしまいます。

火の鳥 4・鳳凰編

長月 七紀・記

【関連記事】

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

【参考】
TEZUKA PRODUCTION
国史大辞典
手塚治虫/wikipedia

 



-明治・大正・昭和
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.