明治・大正・昭和時代

奈良の橿原神宮には誰が祀られている?初代・神武天皇が日向から旅立ち

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
橿原神宮
をクリックお願いします。

 

江戸時代中も、幕府によって
「神武天皇の陵(みささぎ・お墓のこと)が所在不明? ウチらが見つければ幕府の権威が高められる! 頑張って探そう!」(※イメージです)
という試みはされていたそうです。

が、結局、これだというものが見つからず、伝承や記録から「この辺にこのくらいの大きさの陵があっただろう」ということでそれっぽいものを作っています。

神武天皇の存在を信じるのであれば、橿原の地で暮らして亡くなったことも事実なわけで、どこにお墓があるかということは細かい話でしょうね。

そして明治時代になってから、
「幕府が作った陵、ショッボ! これじゃお上(明治天皇)の名にも傷がついてしまう! もっと立派に作り直そう!」
ということで、改めて神武天皇陵が作られました。

これが現在「神武天皇陵」と呼ばれているものです。

古い絵葉書に映された神武天皇畝傍山東北御陵/wikipediaより引用

それまでの間も周辺地域では神武天皇への信仰が篤く、政権が天皇に移ったというタイミングもあって、「ここに神武天皇をお祀りしたい」という声が上がりました。

これを明治天皇が容れ、橿原神宮が作られて今日に至ります。

ちなみに橿原市の市章も、神武天皇の弓に止まって敵を追い払った鳶を意匠化しており、神話由来のものです。日本の自治体のマークとしてはかなりカッコイイ部類じゃないかと思うのですが、いかがでしょう。

神話や信仰に意味があるか、というのは悪魔の証明に近い話ですが、文化的に良い面があるのなら、残していったほうがいいのではという気がします。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

孝明天皇を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれがちなその御意志

続きを見る

斉明天皇の勇気~みずから新羅との戦に備えて難波を出発、しかも女帝!

続きを見る

石の女帝・斉明天皇が激アツ! 朝鮮半島派兵のために鬼ノ城を建てた!?

続きを見る

桓武天皇のパワフル生涯~どうして遷都のほか様々な改革を実行できたのか

続きを見る

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)って武闘派? 菊の御紋を使い幕府と戦ったが

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
橿原神宮/wikipedia
橿原神宮(公式サイト

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.