志賀重昂/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代

志賀重昂「和魂洋才」の地理学者が示す柔軟な国粋主義とは

昭和二年(1927年)4月6日は、地理学者の志賀重昂(しげたか)が亡くなった日です。

例によって「誰それ?」という声が聞こえてきそうですので、さっそく生涯を見ていきましょう。

 

大学予備門(東大の前身)や札幌農学校(北大の前身)で学ぶ

志賀は、愛知県岡崎市で儒学者の父の元に生まれました。

5歳で父に死に別れ、しばらくの間母方の実家で育ちます。

長じるに従って攻玉社(現・攻玉社中学校及び高等学校)や大学予備門(東大の前身)を、札幌農学校(北海道大学の前身)などで学んでいたそうですので、幼い頃から頭が良かったのでしょうね。

当時の北海道は屯田兵がいた頃ですから、志賀は農地開拓や北方防備の必要性などを間近に感じながら、学問を修めていったと思われます。

明治時代の北海道開拓はとにかく過酷!敗者、屯田兵、新選組、囚人、ヒグマ

続きを見る

そんな中で周辺の地形や気候にも強く興味を惹かれたのか、在籍中に北海道や青森の各所を巡っていたとか。

やがて札幌農学校を卒業した志賀は、長野県で教鞭をとるようになりました……が、お偉いさんと酒の席で揉めてしまい、教師を辞めて東京へやってきます。

そしてどういう縁があったものか、海軍兵学校の練習艦(士官教育のために使われる船)・筑波に乗って、日本周辺の島を見て回ることになりました。

当時、朝鮮半島の南にある巨文島という島をイギリスが占領しており、日本としても「明日は我が身か」と脅威を感じていたため、周辺の島の調査が必要とされていたのです。

その流れで、地理知識のある志賀に声がかかったものと思われます。

 

「島が危ない!」地政学を世に知らしめる

志賀は対馬などの日本近海から、フィジー・ハワイなど太平洋の島々、果てはオーストラリアやニュージーランドなどを見て回りました。

欧米列強の脅威を文字通り肌で感じた志賀は『南洋時事』という本を著して「日本の周辺の島が欧米に狙われててやべーよ!」(超訳)と広く知らせました。これにより、東京地学協会(地理・地球科学などの学会)の終身名誉会員になっています。

その後はまた地理の先生に戻り、国粋主義を掲げて「日本人」という雑誌を創刊するなど、政治的な活動も始めています。

国粋主義というと戦中の偏狭な印象もありますが、志賀の場合は違いました。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.