神戸の米騒動で焼き払われた鈴木商店本社/Wikipediaより引用

明治・大正・昭和

「米騒動」富山の母ちゃんから始まり内閣解散になるほど拡大した理由

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
1918年米騒動
をクリックお願いします。

 

徐々にエスカレートして、もはや内戦

具体的に庶民の運動が始まったのは、富山県だったといわれています。

まず米屋や市役所へ嘆願する人々が現れ、徐々に全国へ広がると同時にエスカレートしていきました。

江戸時代からお馴染みの打ちこわしが始まり、取り締まりにやってきた軍に対し放火やダイナマイトで応戦する者が現れるなど、現代人の感覚からすると「内戦では……」とツッコみたくなるような場所もあったといいます。

場所によっては、小さな子供を連れた母親や、杖なしでは歩けないようなおばあさんまで参加したそうですから、本当に切羽詰った状況であったことは想像に難くありません。

一部では海軍の兵が加担したり、警察が市民に同情してわざと止めなかった……なんてこともあったとか。

食べてるものが同じなんですから、そういう人がいてもおかしくはありません。

故郷の家族を思い出した人もいたでしょう。

 

平民宰相の登場!

もちろん政府も、米の値段を下げるべく色々やっています。

しかし、すぐには効果が出ず、当時の内閣が解散。

代わって組閣したのが「平民宰相」とあだ名された原敬です。この時代からイメージ戦略ってあったんですね。

近年の米騒動というと1993年の冷夏によるものがありますが、このときは1918年のような暴動は起きませんでしたね。

他に色々と食べ物はあって、米の必要性も薄れているので当然といえば当然ですね。

嬉しいことではありますが、飽食という問題から目を背けてはいけませんね。

あわせて読みたい関連記事

明治時代って実は過酷「通俗道徳=自己責任論」が広まりノスタルジーは危険

続きを見る

ポーツマス条約はなぜ国民に大不評? ゴールデンカムイでも帰還兵が翳背負う

続きを見る

北海道開拓はとにかく過酷! 明治維新の敗者、屯田兵、新選組、囚人、ヒグマ

続きを見る

B29が来襲してもどこかノホホン~漫画『風太郎不戦日記』には何が描かれてる?

続きを見る

衝撃!誰もが平等とは言ってない「天は人の上に人を造らず」学問のすゝめ

続きを見る

日本のエンゲル係数がヤバかった 明治時代は超高水準で健全化は2005年頃?

続きを見る

明治時代の「衣食住」 江戸時代から何が変わって何が流行った?

続きを見る

鉄道・ガス灯・電気は日本でどう始まった? 文明開化で残ったモノ消えたモノ

続きを見る

廃刀令――明治の人々は嘆くどころか「まだ帯刀で消耗しているの?」

続きを見る

殖産興業――明治政府の目的は? なぜ富岡製糸場と八幡製鉄所が作られた?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
1918年米騒動/Wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.