明治・大正・昭和

朝ドラ『カーネーション』のモデル・小篠綾子~パワフル人生92年!

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
小篠綾子(コシノアヤコ)
をクリックお願いします。

 

夫と父との永訣

当時、日本では急速に洋服が普及していました。

20代以下の9割が洋服を着るようになっていたのです。

綾子の事業が順調なのも、そうした時代の流れがありました。

街角にはモダンなドレス姿の女性も闊歩しました。

その日本から、僅か数年で鮮やかな服装が消えてしまいます。

戦争です。

1942年(昭和17年)、武一にも召集令状が届きました。

このとき弘子は幼稚園、順子は3才、三女が綾子のお腹の中。

「ほな、いってくるわ」

「うん……」

綾子は泣くわけでもなく、そう言うのが精一杯でした。

このあと一度だけ一時帰郷しますが、それが最期の別れとなります。

武一は1945年(昭和20年)、中支方面で戦病死を遂げてしまうのです。

出征前、武一は心斎橋で綾子にショールを買っていたそうです。

仕事一筋の綾子にとっては、数少ない夫との思い出でした。

『何か予感でもあったんやろか……』

綾子はそう思ったようで。

そんな彼女の元へ、父・甚一が武一の上着を持って来ました。

ポケットの中から出てきたのは、見知らぬ女性と映った写真。

「ああ、これな、武一さんのええ人や。女房が仕事ばかりしとったら、男はそういうことするもんやで」

浮気相手だと知らされ、綾子は憮然としました。

本人がいたら問い詰めてやるところですが、怒りをぶつけようにも相手はいないのです。

しかも、【仕事熱心なお前が悪い】とまで言われてしまう始末。

あるとき綾子は順子を海に連れて行き、こう語りかけたそうです、

「お母ちゃんと一緒に死のうか……」

夫を失い、三人娘を抱えて必死で働いているのに、芸者との浮気が発覚。しかも父には「お前のせいだ」と言われる。

気丈な彼女とて、さすがに耐えがたかったのでしょう。

綾子は海に叫びました。

「アホー!!」

それから娘を連れて、家に戻ったのです。

「いなくなって清々したわ」

娘には夫のことをそう語ったこともあるという綾子。その本心は、複雑であったことでしょう。

夫の出征から一ヶ月後、綾子は三女・美智子を自宅出産しました。

このころ、父・武一も死去。

火傷の治療のために逗留していた富山での出来事でした。

戦火の中、小篠家は女性ばかりになってしまいました。

 

ヤミやのうて工夫や

戦時中、奢侈は禁止され、贅沢な衣服は取り締まり対象となりました。

そんな中でも綾子は、工夫をこらします。

刺繍入り生地でワンピースを作り、模様の部分をコサージュで隠したワンピースを売り出したのです。

これが大評判で、飛ぶように売れます。

30円以上の品物が課税されたら、29円99銭にして販売。

赤字になることもありましたが、不足分を物品で補う客もいました。食料難の中でも、小篠家には物が集まって来たのです。

「あのうちはヤミで商売しとるで」

そう陰口をたたかれましたが、綾子はこう言いました。

「うちがしとるのは工夫や。ヤミなんかしとらへん」

綾子は才覚に長けた女性でした。

布地を買い集め、東北出身の縫子(ぬいこ・衣服の縫製に携わる人)さんを通じて米を貰い、生活をしのいだのです。

娘三人を抱えた彼女は、どんな手を使ってでも、生き延びねばなりませんでした。

小篠家からは、金属製のミシンが供出されることすらありませんでした。

綾子の様々な工夫のおかげでしょう。

太平洋戦争中のもんぺ/wikipediaより引用

 

母の背中と、恋と

昭和20年(1945年)、戦争が終わり新たな時代が到来しました。

三姉妹は成長しましたが、綾子は育児よりも仕事命でした。

授業参観にもろくに出ることなく、娘が気を引こうとするとこれみよがしに布地を裁断する、そんな母親であったのです。

綾子は娘たちにお稽古をさせました。花嫁修業でも何でもありません。

要するに、娘をなるべく家に置きたくなかったのです。

娘を追い出して、ともかく仕事をしたかったのでした。

そんな綾子も、仕事以外の趣味が出来ました。

社交ダンスです。

夜にならいに行くと、寝ている娘を起こしてダンスの振付を見せ始めたのです。

それだけではなく、綾子はなんと恋に落ちていたのでした。

思えば仕事一筋、周囲から言われるままに結婚し、その結婚もわずか数年で夫とは死別。

30を過ぎたばかりの綾子が恋の炎を燃やしたとて、誰が責められましょうか。

しかし……世間的には問題がありました。

相手は妻子ある身だったのです。

別宅を借り、堂々と交際する綾子とその男性に周囲は呆れました。

「私は間違ってへん!」

そう宣言する綾子ですが、周囲は許しません。

あるとき、よってたかって、彼女を糾弾したのです。

「あんたなあ、ええ加減にせえや。子供に気の毒やと思わへんの!」

しかし、ここでその娘たちは泣きながらこう言いました。

「私らええねん! これでかまへん」

子供に泣かれては大人も困るわけで、大人は退散しました。

娘としてはそりゃ複雑なのです。

たまに交際相手といる母を見ると、それまで見たことがないほど幸福そうな、花が咲いたような笑顔でいるのです。

おかあちゃんは、幸せなんやな……そう思ったわけですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-,