北里柴三郎とペスト

北里柴三郎/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

ペストの日本上陸を食い止めた北里柴三郎! 細菌学の父は義にも篤い人

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
ペストと北里柴三郎
をクリックお願いします。

 

日本で40人が死亡するも大流行は防いだ

1896年、横浜に入港した中国人船客がペストで死亡しました。

これが日本初のペストで、幸か不幸か、この時は単発で終わりました。

そして1899年11月、遂に日本でもペストが流行しはじめます。

余談ですが同年5月、北里の推薦で横浜の海港検疫所に赴任した『野口英世』が入港した船にペスト患者2人がいることを発見し、水際で防ぐナイスプレーをしています。

が、流行の兆しは決して否定しきれず、1899年は45人のペスト患者が発生、40人が死亡。不穏な空気が流れます。

この時すでに北里はペストの防御策を講じていました。

伝染病予防の大切さを大臣や役人に説明してまわり、1897年に「伝染病予防法」を成立。そこには彼の主張通り、患者の隔離、地域の消毒、船舶や列車の検疫など必要な事項が盛り込まれていました。

そして1899年には「海港検疫法」にペストが追加されるのです。

北里は、病人の隔離治療や環境の消毒をする一方、ネズミの駆除を徹底的に指示(ペスト発生地のネズミには、日本に存在しなかった「ケオプスネズミノミ」という種類のノミがみられ、これがペスト菌の運び屋と考えられました)。

もし、このノミがイエネズミから、野生のげっ歯類に広がったら、根絶はほぼ不可能となります。

ネズミの駆除作戦は効を奏し、1930年を最後に日本からペストはなくなりました。

発生から終息まで27年間の死者数は2420人でした。

 

福沢の恩に報いるため無給で慶応医学部を創設

さてその後の北里ですが東大医学部に意地悪をされ、なんやかんやありまして「伝染病研究所」の所長を辞職します。

そして『私立北里研究所』を設立、様々な病気の血清療法を研究しました。

また、諭吉の恩に報いるため慶應義塾大学医学部を創設して、初代医学部長、付属病院長となりました。

ちなみに無給。
カッコ良すぎですよ、北里さん。

北里研究所本館(博物館明治村)/photo by Toby Oxborrow wikipediaより引用

本当にどうでも良い話ですが、中世のペスト禍を本で読んだ馬ちゃん先生(当時小学生)はすっかりビビってしまいました。

そんな折、父が近所にある『ベスト電器』に行こうと誘ってきました。

大泣きしながら「ペストになるから嫌ぁぁぁ。」と拒否したのは黒歴史です。

みんなが読んでる関連記事

エドワード・ジェンナーと天然痘~恐怖の病を根絶できたキッカケは牛だった

続きを見る

実は遊び人だった野口英世と彼を支えた人々――偉業は一人にして成らず

続きを見る

江戸時代以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも数多の子が亡くなった

続きを見る

麻疹をナメたらほんとにヤバい 幕末の江戸では最大40万人が苦しんだ

続きを見る

福沢諭吉
勝や榎本にケンカを売った福沢諭吉~慶応ボーイの先生は誇り高き武士だぞ!

続きを見る

渋沢栄一
史実の渋沢栄一とは? 大河『青天を衝け』主人公~激動の生涯92年まとめ

続きを見る

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
amebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』(→amazon

【参考】
ペスト/wikipedia
MSD
厚生労働省検疫所
栄研化学株式会社
厚生労働省
海外邦人医療基金
ペスト菌/wikipedia
北里大学
北海道立衛生研究所感染症センター
身体・病気・医療の社会史の研究者による研究日誌
TERUMO

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-